Trans TeleComNTT Communications


平成19年2月27日
 (報道発表資料)
NTTコミュニケーションズ株式会社
Closed Joint Stock Company TransTeleCom

日本−ロシア間光海底ケーブルの建設計画の合意について

 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)とロシア大手通信事業者のトランステレコム社(Closed Joint Stock Company TransTeleCom、略称:TransTeleCom)は、本日、日本〜ロシア間光海底ケーブル(「北海道−サハリン・ケーブル・システム:Hokkaido-Sakhalin Cable System」略称:HSCS) を共同で建設する計画に合意し、両社間で覚書(MoU)を締結しました。

 HSCSは、NTT ComとTransTeleComが共同で新たに敷設するもので、北海道石狩市とサハリン州(樺太)ネベルスク市間約500kmを結ぶ、最大640ギガビット/秒の大容量光海底ケーブルです。完成時期は、2007年末を目途としています。

 HSCSは、TransTeleComが保有するシベリア鉄道沿いの約50,000kmにわたる光ファイバーバックボーンと接続し、日本とロシア・欧州を結ぶ最短ルートとして提供します。これにより、日本・アジアからロシア・欧州向けインターネットバックボーントラヒックを最短ルートで疎通させるとともに、データ通信サービスを利用する多国籍企業のニーズに応えます。さらに、既存インド洋経由ルートに加え、通信ルートの多様化を図ることで、地震などの災害時でもグローバルに迂回するネットワークの構築を目指します。

別紙:ケーブルルート図

TransTeleComについて
 TransTeleCom(本社:モスクワ、社長:Sergey Lipatov)はロシア国有鉄道100%出資の子会社で、ロシアに総延長50,000kmにわたるバックボーンケーブルを保有し、高品質な国際通信サービスを提供する、ロシア新規通信事業者の中で最大手の会社です。同社の光ファイバー網を利用して、ロシアでの音声通信、IP、データ通信を提供しています。TransTeleComのより詳しい内容については、http://www.transtk.ru/www/nsf/esite.nsf/ をご覧ください。
 なおNTT ComとTransTeleComの間では、平成18年10月に国際データ通信に関する包括的協業について合意しています。http://www.ntt.com/release/2006NEWS/0010/1023_2.html


<本件に関するお問い合わせ先>
お問い合わせはこちらまで

Closed Joint Stock Company TransTeleCom
Ilia S. Fabrichnikov
Tel. +7 (495) 784-6670 ext. 7371
(※TransTeleComのお問い合わせ対応は英語/ロシア語のみとなります)