Topics
平成19年2月5日

国際IPバックボーンの日米間100Gbps突破について

 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、グローバル規模で拡大するインターネット市場において、インターネット上のデータを世界中に高速かつ安定的に配信するためのネットワーク(IPバックボーン)の容量拡大に努めてまいりました。おかげさまで多くのお客さまからサービスを評価していただいた結果、NTT Comの国際IPバックボーンで最大の通信量が配信される日米間において、2007年2月には、業界最大のサービス容量である100Gbpsを突破しました。
 NTT Comの国際IPバックボーンの日米間におけるサービス提供容量は、1997年開始当初では45Mbps、2002年でも5Gbpsでしたが、ここ数年のアクセス回線ブロードバンド化の浸透、映像配信など利用形態の多様化により、爆発的にインターネット需要が伸び、昨年には、開始以来7年間かけて拡大してきたサービス提供容量と1年でほぼ同量の追加を行っています。(回線容量拡大の経緯については、別紙参照)
 NTT Comは、今後もお客さまに世界最高水準の品質保証、24時間365日ノンストップの世界規模なカスタマーサポートなど、「グローバルTier1キャリア」として、高品質な通信環境を提供できるよう努めてまいります。

 

参考1:NTT Com国際IPバックボーンの歴史
 NTTは、1997年7月に国際通信会社「エヌ・ティ・ティ国際通信」を設立し、その秋「国際インターネットゲートウェイサービス」(現在のグローバルIPネットワークサービス)を開始しました。当時、日本では、OCNを初めとするさまざまなインターネットサービスが始まり、ISPにとって費用の面からも難問であった海外接続という問題を解決するサービスとして大いに歓迎されました。日米間のサービス提供容量は当初45Mbpsでしたが、3年後の2000年には大阪POPも設立し、サービス向上のため、米国Tier1 ISPのVerio(ヴェリオ)社を買収し、日米間の容量も1Gbpsを超えました。
 2001年には、アジア5カ国(韓国、香港、台湾、シンガポール、オーストラリア)にPOPを拡大し、業界最高水準のSLA(品質保証制度)を導入しました。2002年には、国内初の商用IPv6サービスやWEBサーバの負荷を軽減するサービスを開始し、日米間は当初回線容量の100倍、5Gbpsとなりました。また、2005年には、VoIP(Voice over IP)やビデオ会議などのリアルタイム型アプリケーション増加に伴い注目されていたジッタ*を新たなSLA基準として採用し、日本で初めて標準的に提供しました。昨年の台湾沖地震においても代替ルートによる速やかな迂回救済を行い、一部輻輳(ふくそう)による遅延などが発生しましたが、早期にサービスを通常の状態に戻すことができました。
 このようにサービス内容・品質を向上させながら、国内のブロードバンド変化に比例して増大するインターネットトラヒックを支える回線需要が飛躍的に伸びたことで、このたび、日米間のインターネット回線が100Gbpsを突破しました。

(*) ジッタ: ネットワーク上におけるパケット到達間隔のばらつき(ゆらぎ)のこと。

参考2:国際IPバックボーンを利用した企業向けサービスについて
 NTT Comは大容量の国際IPバックボーンを活用し、2002年からWEBサーバの負荷を軽減するインターネットコンテンツ配信サービス「スマートコンテンツデリバリ(SCD)」を、2005年より広域イーサネットサービスを実現する国際専用線サービス「グローバルスーパーリンク(GSL)」を提供しています。今後もIPバックボーンをベースに、大容量の企業通信を低廉な料金で提供していけるよう順次サービスや提供地域を拡大していきます。

<本件に関するお問い合わせ先>
お問い合わせはこちらまで