平成18年6月14日
(報道発表資料)
NTTコミュニケーションズ株式会社
ユーシーカード株式会社


クレジットカード加盟店における決済処理のブロードバンド化に関する
共同テストマーケティングの実施



 NTTコミュニケーションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才博美、略称:NTT Com)とユーシーカード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山城興英、略称:UCカード)は、クレジットカード加盟店(以下、「加盟店」)におけるクレジットカード決済処理に関わる通信のブロードバンド化と、それに伴う業務の効率化などを趣旨として、6月より共同でテストマーケティングを実施します。

1.テストマーケティング企画の概要(別紙参照)
 一般的に行われているクレジットカード取引処理用端末(以下、「CCT端末」)を用いたオンライン決済処理に関して、ADSLを用いたブロードバンドIP通信による高速化を実現し、業務の効率を高めるような仕組みをUCカードの加盟店に対して提供し、検証を行います。
 参加加盟店には、近年普及の進むICカード型クレジットカードの利用が可能なCCT端末を設置し、既存の電話回線を重畳利用したADSLによるブロードバンド接続サービスを提供します。

 これにより、各加盟店では以下のようなメリットが期待できます。

  決済処理の高速化による店舗の業務効率の向上
  決済処理用とインターネット接続用の回線を共用することによるオンライン処理を含む通信コストの削減
  IP電話の利用による通話コストの削減

 

 本サービスでは、平常時にはクレジットカード決済の情報処理センタと閉域網を介してセキュアなIP接続通信を行い、IP通信不能時には自動的に電話網へ迂回接続して決済処理を行います。また、提供に向けた参加加盟店への対応支援や提供開始後のオンサイト保守対応も行います。

2.実施期間
 2006年6月下旬~9月30日を予定

3.検証内容
 主要な検証内容は下記の通りです。

  加盟店が得られる効果・影響度の検証(利便性、業務生産性、コスト削減、その他)
  ビジネスモデル構築上の改善点の抽出
  システム運用面における課題の抽出

 

4.協力参加企業

  本実験では、クレジットカード決済の情報処理センタとして、株式会社ジー・ピー・ネットが協力参加します。
  ADSLサービスおよび電話網に迂回するダイヤルアップ自動接続機能などに関して、株式会社アッカ・ネットワークスが技術協力を行います。
 

本実験で提供するCCT端末に関して、アイエヌエス・ソリューション株式会社が技術協力などを行います。


5.今後の展開
 NTT Comは、本実験の検証結果から加盟店の詳細なニーズを把握するとともに、関連業界・事業者との協業ビジネスモデルの構築、および機能拡充や認証の新たな仕組みなどセキュリティ強化も視野に置いた商用化検討を行います。
 また、UCカードは、検証結果から加盟店のニーズや得られた効果などを精査することで、加盟店サービスのより一層の向上を実現できる協業ビジネスモデルの検討などを行います。
 なお、本サービスは、開催された「INTEROP TOKYO 2006」のNTT Comブースにおいて、6月7日~9日の間、「クレジットカード加盟店向けブロードバンド・パッケージ(仮称)」として参考出展したものです。

 

 

<本件に関する報道機関からのお問い合わせ先>
NTTコミュニケーションズ
お問い合わせはこちらまで

ユーシーカード
経営企画部
永井・網代
Tel. 03-5531-6325

<お客さまなどからのお問い合わせ先>
お問い合わせはこちらまで