平成17年11月22日
報道関係各位
サン・マイクロシステムズ株式会社
伊藤忠テクノサイエンス株式会社
コクヨ株式会社
NTTコミュニケーションズ株式会社



次世代セキュアオフィス環境の提供で連携

「Sun Ray」を中心に、システム構築から運用管理までのトータルサービスを提供



 サン・マイクロシステムズ株式会社(東京都世田谷区、代表取締役社長 ダン・ミラー、以下サン)、伊藤忠テクノサイエンス株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 奥田 陽一、以下CTC)、コクヨ株式会社(大阪市東成区、代表取締役社長 黒田章裕、以下コクヨ)、NTTコミュニケーションズ株式会社 (東京都千代田区、代表取締役社長 和才博美、以下NTT Com)の4社は、次世代セキュアオフィス環境の提案・構築およびサービス提供で連携します。

 4社が提供するサービスは、サンのシンクライアント「Sun Ray(TM)」を中心にテレワーク(※)環境のシステム設計、開発から運用までを一貫して提供するサービスです。サンおよびサンの戦略的パートナーであるCTCが企画/開発を担当しました。このサービスでは、NTT Comが、「AGILIT(アジリット)」により、SunRayのネットワークサービスおよび、インフラ基盤を提供します。これにより、異なるオフィス環境に設置された端末からでもセキュアな環境で自社のネットワークへアクセスし、メールや社内情報を確認することが可能になります。端末にはハードディスクやCPUを持たないSun Rayを採用、端末側にはデータが一切残らないため、情報漏えいの防止に効果的です。また、Javaカードによる個人認証により、なりすましによる不正アクセスを防ぎます。さらに、コクヨが提供するレンタルオフィス「DESK@(デスカット)」とも連携、「DESK@」に設置されたSun Ray端末から自社ネットワークにもアクセスが可能となり、高い利便性も実現します。

 個人情報保護法全面施行やe文書法などの法制度が整備され、情報の漏洩は企業の信頼を揺るがす事件となり、情報セキュリティを抜本的に見直したオフィス環境が求められています。しかし、現在のPC環境等、既存環境の利用を継続したままでセキュリティの強化を図っても、PCの持ち出し制限や個別のPCに対するセキュリティ対策など、コスト増と業務効率の悪化を招き、IT投資のROIを大幅に引き下げる結果となります。企業/社員は、情報漏洩に関する責任を問われることなく安心して業務に集中出来るIT環境を求めています。

 また、少子・高齢化や地球環境問題、災害時の危機管理等の社会問題の解決を推進するため、新たな就業スタイルとして日本政府はテレワークを推進しています。次世代セキュアオフィス環境は、サーバーベースコンピューティング技術を中核に、PCを持ち歩くのではなくICカード一枚でテレワーク環境(フリーアドレスオフィス、在宅勤務等)をも実現します。

 4社はそれぞれのサービス連携の実証実験を年内に終了させ、サンとCTCは既に両社に導入済みのSun Rayの一部を2006年1月よりAGILITサービスに移行します。その結果、サンとCTCの社員は両社のSun Rayで自社システムを利用することが可能となります。さらに、今後はコクヨのDESK@に設置されたSun Rayでも同様のサービスが受けられるようになり、新たな不動産投資を伴わずに利用可能なワークプレイスを増やすことができます 4社は本サービスの利用企業を増やすことにより新たなワークスタイルを創出し、セキュアなネットワーク社会の形成に貢献してまいります。第一ステップとして、本サービスの利用社員数3万人程度への拡大を目指します。

※テレワークについて
 インターネットを活用することにより、自宅や他のオフィスなど、本来の職場に出勤することなく、他の場所で働くことが可能な勤務形態。労働者にとっては、通勤時間や労働時間の制約がなく、また企業にとっては設備コストや通勤費が削減できるというメリットがある。

■本サービスにおける各社の役割
サン ・本サービスの企画/開発
・Sun Ray端末の提供
CTC ・本サービスの企画/開発
・Sun Ray端末およびサーバ、ネットワークの販売/構築サービス
コクヨ ・レンタルオフィス「DESK@」でのサービス提供
NTT Com ・「AGLIT」による本サービスのインフラ提供

■サンのSun Rayウルトラシンクライアント
 Sun Rayウルトラシンクライアントは、ネットワークを前提とした汎用OSや記憶装置を一切持たない端末で、利用者の認証はIDパスワードの他にICカードを使用します。次世代セキュアオフィス環境構築サービスによってSun Rayウルトラシンクライアントを導入している企業のSun Rayサーバを連携させると、どのオフィスからでもセキュアに各社のデスクトップ環境を呼び出すことができます。

■CTCのシステムインテグレーションサービス
 CTCは、2004年11月に行った、都内主要オフィスの統合に伴い、強固なセキュリティと高い利便性を同時に実現する「eWork@CTC」というコンセプトのもと、自社システムおよびネットワークシステムを刷新しました。このプロジェクトの一環として、Sun Rayウルトラシンクライアントを400台以上導入しており、現在も順次拡張しています。CTCでは、こうしたSun Rayの導入/運用の実績をもとに、Sunの戦略的パートナーとしてSun Rayおよびサーバ、ネットワークの構築サービスを提供します。

■コクヨのDESK@
 DESK@(デスカット)はモバイルワークをサポートする環境やサービスを提供するビジネスレンタルスペースです。自社へのリモートアクセス環境をお持ちの企業であれば、DESK@の法人会員となることにより、DESK@にあるSun Rayウルトラシンクライアントから、自社のデスクトップ環境を呼び出しセキュアに自社へのリモートアクセスが可能です。

■NTT ComのAGILIT
 NTT ComのAGILITは、ネットワークからサーバ、アプリケーション、セキュリティまで、最先端の自動化技術を駆使して実現したオンデマンド型のICTホスティングサービスです。次世代セキュアオフィス環境サービスにおいてSun Rayネットワークを中継し、Sun Rayサーバのような定型的プラットフォームを利用顧客の増減に応じ、オンデマンドで、構築・運用します。

 このサービスのデモンストレーション・コーナーを、サンの山王オフィスおよびCTC霞が関オフィスのオープンスペースに常設予定です。また、11月24日から12月1日まで東京、大阪、名古屋で開催する『NTT Communications Forum 2005』でも本サービスの概要をご覧いただけます。
 詳細は、以下 URL をご参照ください。
 http://www.ntt.com/forum2005/



●「Sun Rayウルトラシンクライアント」について
 Sun Rayウルトラシンクライアントは、ネットワークを前提とした記憶装置を一切持たない端末です。データ、アプリケーション、ユーザ設定などの全ての情報をサー バで集中管理し、利用者の認証は ID パスワードの他にICカードでも可能です。また、端末側にハードディスクや OS 、汎用 CPU を一切持たないため端末のウィルス感染を完全防止できる、高性能なシンクライアント端末です。情報漏えいを防ぐシンプルで極めて有効な手段の一つとして、情報セキュリティを重視する一般企業に導入が進んでいます。

●「DESK@(デスカット)」について
 コクヨが提供するビジネスレンタルスペース。企業向けのサテライトオフィスサービスを提供しています。家具や通信設備などオフィスに必要な設備が全て整い、ビジネスを支えるサービスサポートが簡単に利用できます。現在、直営店のデスカット東京日本ビル店(東京都千代田区)、デスカット新宿西口店(東京都新宿区)をはじめとして、提携拠点であるストリングスホテル東京C.H.A.T.S、オフィスコンビニネットスクウェア内に展開するデスカットポイントなど、都内5拠点に展開中です。
 http://www.kokuyo.co.jp/service/deskat/

以上


<本件に関するお問い合わせ先>
サン・マイクロシステムズ株式会社 広報
Tel:03-5717-5717

伊藤忠テクノサイエンス株式会社
コーポレートコミュニケーション部 担当:佐藤
Tel:03-6203-4100
Fax:03-5512-3013

コクヨ株式会社
コクヨビジネスサービス グループ広報部:平岩
Tel:03-3474-6324
Fax:03-3474-6325


NTTコミュニケーションズ株式会社
お問い合わせはこちらまで