News Release
平成17年10月18日



中堅・中小企業向けICカードセキュリティソリューション
「セーフティパス SmartOn Solo」の提供について



 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、ICカードを用いた中堅・中小企業向けPCセキュリティとして、ログオンとPCロックなどの基本機能からなる低価格パッケージ「セーフティパス SmartOn Solo」を平成17年10月より提供します。
 提供するICカードは基本機能に加えてリモートアクセス機能、アクセス権管理機能、入退室機能などの拡張性を有しており、セーフティパス SmartOn Solo導入後、同一カードでより高度なセキュリティ対応が可能となります。
 本パッケージにより、これまでコスト面からセキュリティ対策に踏み切れなかった中堅・中小企業でも、段階的にPCのセキュリティを強化し、企業情報の漏洩・流出対策を実行することができるようになります。
 

1.サービス概要と特徴

(1)ICカードを利用して高いPCセキュリティの基本機能を実現 別紙12参照)
 ICカードとパスワードを組み合わせたユーザ認証により、Windows アカウントへログオン。またICカードの挿入・排出と連動してWindowsをロック&解除し、挿入時のみPCの利用を許可します。万一のPCの紛失や盗難時もICカードがないと起動できないロック状態になるため、情報流出のリスクが低減できます。なお、PCに複数カードを登録することで複数ユーザでの利用にも対応できます。
 
(a)対象OS
Windows2000、XP
(b) ICカード、ICカードリーダ
ICカード、ICカードリーダは利用用途及び将来の拡張を考慮し以下から選択可能です。
・ICカード
[1]定型カード(接触型または接触・非接触共用型)
[2]社員証用カード(標準デザインカードまたはオリジナルデザインカード)
 (接触・非接触共用型のみ)
・ICカードリーダ
[1]接触型(USBタイプまたはPCカードタイプ)
[2]接触・非接触共用型(USBタイプのみ)
 
(2)経済性に優れ、導入・操作も簡単
 ICカードとICカードリーダ、専用ソフトウェアというシンプルなパッケージ構成としており、20セット(税込138,600円〜)から購入できます。 ソフトウェア保守(マイナーバージョンアップ、ヘルプデスク)については1年間無償で提供します。
 今お使いのPCにICカードリーダを接続し、専用ソフトウェアをインストールするだけで準備完了。ICカードの抜き差しだけの簡単操作で、その日から手軽にPCセキュリティを強化することができます。サーバ構築が不要でクライアント単体で利用できることから、導入・運用管理稼動がほとんどかかりません。
 
(3)高い拡張性で段階的にPCセキュリティの強化が可能
 提供するICカードにはセキュリティ拡張に必要な機能が予め搭載されており、基本機能であるセーフティパス SmartOn Solo導入後、同一カードで以下のより高度なセキュリティへの拡張が可能となります。
 
(a) リモートアクセス 【セーフティパスビジネス】
  • 社外から企業内LANへのアクセスを実現し、社員の機動力を大幅に向上させます。
  • ICカード認証+VPNで、なりすましや盗聴、改ざんを防ぎ、社外においても社内と同等のセキュリティ環境を実現します。
 
(b) アクセス権管理 【セーフティパスSmartOn NEO】
  • セーフティパスSmartOn Soloの基本機能に加え、FD/CD/プリンタ等の利用制限、情報アクセス権管理機能、ファイル・フォルダの暗号化機能、シングルサインオン機能等をパッケージ化して提供します。
 
(c) ICカード入退室管理システム(非接触インタフェース)
  • 入退室システムにより部外者の侵入を防止。管理サーバでは入退室履歴の保持、参照はもちろん、セキュリティレベルに応じた入退室権限の設定・変更も容易に可能です。
  • 厳重なセキュリティが要求される場所には、生体認証やアンチパスバック(入退室論理矛盾検知)*1などと連動する事が可能です。
 

2.提供開始日

平成17年10月18日(火)
 

3.今後の展開

 従来、中堅中小企業向けセキュリティ製品が少なかったことから、多くの需要が見込まれます。代理店経由も含め、本年度約3万セットの販売を予定しています。また、多様なユーザニーズに対応し、同業他者との各種セキュリティ製品とのパッケージングを進め、ラインアップの拡充を図っていきます。
 

*1:アンチパスバック(入退室論理矛盾検知):入室履歴がない場合、退室を不可とし、不正入室や共連れなどの同時侵入を防止する機能

※:SmartOnは(株)ソリトンシステムズの登録商標です



<本件に関するお問い合わせ先>
報道機関からのお問合せ
お問い合わせはこちらまで
 
URL: http://www.safety-pass.com/business/