News Release
平成17年8月8日



「OCN暗号メールサービス」の提供開始について



 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、使用しているメールソフト(*1)にプラグインするだけで電子メールやファイルを暗号化・署名できる「OCN暗号メールサービス」を平成17年8月11日より申し込み受付開始します。これにより、第三者による「盗聴」や「なりすまし」、誤送信による情報漏洩といったリスクを回避できます。
 
1.サービス概要(別紙1参照
 電子メールの本文と添付ファイルの暗号化を行い、電子署名(*2)を付与するサービスです。またPC端末上のファイルを暗号化することもできます。
 暗号方式は、IBE方式(*3)により送信相手のメールアドレスを元に暗号化を行い、受信した側はOCNサーバから鍵を自動的に取得して復号化するため、利用者は鍵を意識することなく、メールの送受信ができます。また、鍵やパスワードの相互通知が不要であるため、情報漏洩リスクの軽減が図れます。
 さらに電子証明書(*4)の取得や電子証明書の有効期限管理が不要であるため、管理者の手間を軽減できます。
 
2.利用方法
 メールアプリケーションのプラグインとしてクライアントソフトをインストールして利用します。送信者が受信者のメールアドレスを事前に登録することにより、受信者側でサービス契約を意識することなく暗号メールの送受信が可能です。
 送信側は、「送信」ボタンの代わりに「暗号送信」ボタンを押すだけで暗号化でき、受信側は受信メールをクリックするだけで復号化されるので、通常のメールと変わらない操作性を実現します。
 また、受信側にクライアントソフトをインストールせずに暗号メールを復号化しブラウザで閲覧することも可能です。
 
3.提供条件
 利用するプロバイダに関わらず、誰でも利用可能です。
 OCN常時接続サービスとOCNホスティングサービスの契約がある場合はオプションとして提供します。
 
4.利用料金(別紙2参照
 5メールアドレスまで 1,575円(税込み)〜
 なお、30日間無料で利用できる「お試しメニュー」にて操作性を確認できます。
 
5.申込受付開始日
 「お試しメニュー」の申し込み受付を平成17年8月11日より開始します。
  ※本契約の申し込み受付は平成17年8月22日からとなります。
 
6.申込方法
 オンラインで「お試しメニュー」の申し込みができます。
 詳しくは、OCNホームページ(http://www.ocn.ne.jp/business/security/encryption/)を参照ください。
 
 

*1 プラグイン対応メールソフト:MicrosoftOutlook 2002(SP3推奨)/2003(SP1推奨)、OutlookExpress5.5以降(6.0推奨)

*2 電子署名:デジタル文書の正当性を保障するためにつけられる署名情報。送信側の身元を証明し、なりすましを防止する役割があります。

*3 IBE(IdentityBasedEncription)方式:公開鍵方式の一種で、公開鍵をユーザーのIDやメールアドレスなど一意なものに関連付けることができる方式。VoltageSecurity社のセキュリティプラットフォームにより実現しています。
<参考>
公開鍵:公開鍵暗号方式で使用される一対の鍵の組のうち、他人に広く公開される鍵。暗号化や署名の正当性の確認の際に使用します。
秘密鍵:公開鍵暗号方式で使用される一対の鍵の組のうち、本人だけがわかるように管理された鍵。復号や署名を付与する際に使用します。

*4 電子証明書:インターネット上で個人を保証するための電子的な身分証明書、公開鍵が持ち主のものだということを証明します。認証局から発行され有効期限は1年間。

 
 
(参考)「OCN暗号メールサービス」画面イメージ


<本件に関するお問い合わせ先>
お問い合わせはこちらまで

お客さまからのお問合せ
OCNインフォメーションデスク:0120-047-816
(9:00-19:00土・日・祝日を除く)
http://www.ocn.ne.jp/business/support/info-desk.html
OCNホームページ http://www.ocn.ne.jp/business/