News Release
平成17年8月1日



不正アクセス防御機能を標準装備した
ホスティングサービスの提供について


 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、専用型ホスティングサービス※1「パワープラットフォームホスティングサービス」において、最近被害が急増している「SQLインジェクション」など不正アクセスに対する防御機能を標準装備し、月額10万円以下の価格を実現した「セキュリティパックEntry」と、共有型ファイアーウォール(以下FW)を使い月額5万円台を実現した「エントリーパック」を平成17年8月1日より提供します。
 本サービスを利用いただくことにより、企業の公式サイトやECサイトなど、企業活動に直結するWebサイトにおいて、システム管理者の負担を減らしつつ、セキュリティを強化することができます。

1.概要(別紙1参照
 国内100サーバ以上の提供実績を持つ企業向けホスティングサービス「パワープラットフォームホスティングサービス」では、新たに専用サーバ「Standard1.5」※2を導入し、2種類のパッケージサービスを提供します。

2.サービスの特長
【セキュリティパックEntry】
 「Standard1.5」を中心に、インターネット セキュリティ システムズ社※3製のIPS(不正侵入検知・防御機能)※4付き統合アプライアンス、Proventia®M10を専用ファイヤーウォールとして使用、 100Mbpインターネット接続(帯域確保型)、24時間365日の監視・サポート、SLA(サービス品質保証)をパッケージ化しました。
 従来、IPS機能を利用したいユーザーはIPS付のハードウェアなどを購入し、設計・設置・運用管理を自分で行うしかなく、初年度1,000万円近い投資や高度な技術スキルが必要でした。
 「セキュリティパックEntry」では業界で初めてIPS(不正侵入検知・防御機能)をホスティングサービスに標準装備することで手軽にサービスを利用できるようになり、さらに月額10万円以下という価格を実現しました。
 「セキュリティパックEntry」は主に以下の4つの機能により、企業のオフィシャルサイトやECサイトのセキュリティを大幅に向上させると同時に、システム管理者の負担を軽減します。

1) FW機能:トラフィック制御およびアクセス制御を行います。また、他のセキュリティ機能と連携し、様々な脅威に対して最適化された防御を自動的に行います。

2) IPS機能:プロトコル分析モジュール(PAM)により、110種類以上のプロトコルを解析し、未知の攻撃、ワームの伝播活動などを自動的に検知・防御します。最近被害が急増している不正アタック「SQLインジェクション」にも対応しています。

3) バーチャルパッチ(ISS Virtual Patch™)機能:新しいセキュリティホール(脆弱性)が見つかると同時に仮想的にセキュリティパッチが適用されている状態を作り出し、無防備な重要サーバを攻撃から防御します。

4) パッチインフォメーション:OSに関する重要なパッチ情報をリリースと同時にお客さまへ通知します。


 さらにオプションでアンチウイルス、アンチスパム機能を追加することも可能です。

【エントリーパック】
 セキュリティパックEntryのファイヤーウォールを安価な共用型に変更したパッケージ。必要最小限のスペックからスタートし、お客様のビジネスの成長に合わせ、540種類の豊富なオプションサービスから必要な機能を追加・変更することが可能です。

3.提供料金(税込)
 【セキュリティパックEntry】
 初期費87,885円 月額99,960円
 【エントリーパック】
 初期費41,475円 月額 59,430円

4.受付開始日
 平成17年8月1日(月)

5.キャンペーンについて
 各メニューに関して、平成17年8月1日〜平成17年8月31日の間、期間限定の割引キャンペーンを行います。
 【セキュリティパックEntry】
 初期費用無料
 【エントリーパック】
 初期費用無料・月額料金4,000円引き

6.販売目標
 年内 50セット

7. NTT Comのホスティングサービスラインナップについて(別紙2参照
 NTT Comでは、中小中堅向けの高機能・低価格な専用ホスティング「パワープラットフォームホスティングサービス」、比較的大規模システム向けに、オンデマンドでお客さまのシステム環境を増減できるホスティングサービス「AGILIT」(http://www.ntt.com/agilit/)などの幅広いラインアップでお客さまの多様なニーズに対応していきます。。


※1:専用型ホスティングサービス:データセンター内に設置されたコンピュータ(サーバ)を利用者に1台専用で貸し出しするサービス。利用者が自分でサーバを購入・設置・保守する必要がなく、コンテンツをアップロードするだけでWebサイトを運用できる。

※2:Standard1.5:主要スペック CPU:Intel Pentium4 3.0GHz,RAM:512BM,HDD:160GB

※3:インターネット セキュリティ システムズ(ISS)社:不正侵入検知、防御ソフトウェア・及びアプライアンス市場における世界No.1 ベンダ(出典:米IDC, 2004年調べ)。2004年12月期の売上は米2億8,989万3千米ドル(約301.5億円)、日本(アジア・太平洋含む)44億7300万円。

※4:IPS(Intrusion Protection System/不正侵入検知・防御機能):サーバやネットワークへの不正侵入をあらかじめ決められたルールによりブロックするシステム。従来のIDS(Intrusion Detection System/不正侵入検知機能)が不正侵入を検知に重点を置いているのに対し、IPSは攻撃を防御する特徴を備えており、より高いセキュリティ対策として近年脚光を浴びている。



<本件に関するお問い合わせ先>
URL: http://www.powerplatform.jp/
お問い合わせはこちらまで