News Release
平成17年3月9日


マルチホップ方式を利用した無線インターネットアクセス
ソリューションの本格提供について

 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、ADSL設備の設置や光ファイバの敷設が困難な場所でも、マルチホップ型の無線LAN装置を用いてインターネットへのアクセスを提供するソリューションを提供開始します。
 本ソリューションの提供第一弾として、米海兵隊岩国航空基地(山口県岩国市)に駐留する住民に対するワイヤレスインターネットサービスについて、10年間(最長)のサービス提供契約を海兵隊コミュニティサービス部門(MCCS)から受注いたしました。今年度内に設備構築を始め、平成17年度第2四半期でのサービス開始を予定しています。

1.ソリューション概要
 岩国基地では、ADSLサービス用ノード装置の設置や光ファイバの敷設が困難であったため、有線による配線が不要なマルチホップ型の無線LAN装置を用いてワイヤレスインターネットの商用サービスを提供します。岩国基地内の居住エリアを中心に、約3km2の範囲を無線LANのみでカバーします。これにより、現在、ダイヤルアップでのインターネット接続しか利用できない住民も、快適にブロードバンドサービスの利用が可能となります。

2.技術詳細(別紙:システム構成
 今回、岩国基地向けに採用するマルチホップ型の無線LAN装置は、米国カリフォルニア州に拠点を置く、トロポス・ネットワーク社の製品で、IEEE802.11g仕様に準拠しています。同社の製品は、無線LAN基地局同士がメッシュ状に電波で接続され、データがバケツリレー式に中継されていくため、従来のようにすべての無線LAN基地局に対してバックボーンに抜ける回線を接続する必要がなく、配線工事が大幅に緩和されます。また、メッシュ型であるため無線LAN基地局間に複数の伝送経路が確保されるため、万が一、局所的な障害が発生したとしても、迂回経路が自動的に形成され、通信の途絶が起こり難いなど高い信頼性と拡張性を有しています。一方、ユーザインターフェースは、普及が進むIEEE802.11b/gを採用しており、利用者は特殊な端末を準備することなく、住居内だけでなく、基地内の主要な地域で、Mbpsクラスの通信速度によるモバイルコンピューティングが可能となります。

3.今後の展開
 NTT Comは、いち早くマルチホップ型の無線技術に着目し、東京都内でも検証を重ねてきました。また、利用が拡大する無線LANサービス「ホットスポット」のネットワークを活用するだけでなく、培ってきた運用ノウハウを活かし高品質のサービスを提供します。その経験と実績が評価され、今回の受注となりました。高速ワイヤレスアクセスのニーズが高まる中、マルチホップ型の無線LAN方式は、経済性と信頼性に優れた方式であり、在日米軍のみならず、多方面から関心が寄せられており、地域向けソリューションはもとより、需要の高いエリアにおける広域WiFi環境の整備なども検討していきます。


<本件に関するお問い合わせ先>
お問い合わせはこちらまで