News Release
平成17年2月21日


日比谷公園および東京大学本郷キャンパスにおける
モバイルIPv6対応の屋外無線LAN実証実験の開始について


 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、次世代インターネット技術であるIPv6の移動通信版に当たるモバイルIPv6技術と無線LANを活用した無線フィールド実験を、日比谷公園と東京大学本郷キャンパスにおいて本日より開始します。本実験は、移動中でもモバイル端末からインターネットなど各種データ通信を、モバイルIPv6技術によって安全かつ安定的に利用できる無線LAN環境の実現を目指し、その技術検証や商用化検討を目的に実施されるものです。

 本実験では、日比谷公園(東京都千代田区)および東京大学本郷キャンパス(東京都文京区)にIPv6対応の無線LAN環境を構築し、モバイルIPv6技術を応用したP2P(ピアツーピア)ファイル共有システムや、IPv6対応の無線LAN拠点へのコンテンツ配信など、さまざまなサービスを提供するための技術を検証します。

 なお本実験は、情報通信研究機構(NiCT)の「情報家電IPv6化関連研究開発事業」と連携して行われ、実験実施にあたっては、千代田区、東京大学江崎研究室、株式会社日立製作所(以下日立)、NTTネットワークサービスシステム研究所、NTT未来ねっと研究所の協力を得ています。


1.実証実験の詳細 (別紙参照
(1)実験場所
 本実験では、IPv6および現行のインターネット技術であるIPv4の両方に対応した、NTT Com開発のモバイルIPv6プラットフォームと、日比谷公園内、東京大学本郷キャンパス内に設置されたIPv4/IPv6デュアル対応の無線LANを用いて、公園内や大学内を移動しながら各種サービスを安全かつ簡単に利用するためのシステム実験と検証を行います。
 なお、実験エリアは以下のとおりです。
日比谷公園:南側一帯
東京大学本郷キャンパス:工学部3号館および情報基盤センター

(2)実験期間
平成17年2月21日〜平成17年3月31日

(3)無線LAN設備
 本実験の無線LANアクセスポイントには、IPv4/IPv6デュアル対応の無線LANを使用しますが、NTT Comが提供している公衆無線LANサービス「ホットスポット」と同様のネットワーク設備を実験用に別途構築します。
無線LANアンテナ設置台数
 日比谷公園3台、東京大学本郷キャンパス8台
無線LAN規格
 日比谷公園では、2.4GHz帯上で11Mbpsの伝送速度を実現する「IEEE 802.11b」規格を使用し、東京大学本郷キャンパスでは、「IEEE 802.11b」および5.2GHz帯を使った「IEEE 802.11a」の両規格に対応します

(4)モバイルIPv6 プラットフォームの特徴
IPv4/IPv6の両方に対応した通信と認証を行うことができる
モバイルIPv6に対応しており、モバイル通信中でも認証を行うことができ、無線LAN利用においてセキュリティと移動通信の両方を同時に実現
IPv4/IPv6の両方に対応したマルチキャスト配信を行うことができ、認証の有無、エリアに応じたコンテンツ同時配信の制御が可能

(5)各社の技術協力内容
NTT Com
 モバイルIPv6とマルチキャスト配信に対応したモバイルIPv6プラットフォームを開発提供します。また、無線LANにおけるIPv6を用いた移動・可動性、セキュリティ、マルチキャスト配信などの機能を実現します。
日立
 ファイル交換のためのアプリケーションとしてP2Pファイル交換システム「NRBS*」を提供。移動によって無線LANアンテナが切り替わっても、IPv6のIPアドレスを使用することで中断なくファイル交換を実現します。
* NRBS(Network Resource Browsing System):仮想ディレクトリを持つハイブリッド型P2Pシステム。ファイル情報のみが管理サーバに登録され、ファイル自体は各端末上に保存されるため、ファイル交換は端末同士が直接P2Pで行うことが可能
NTTネットワークサービスシステム研究所
 ネットワーク側から端末に固有のIPv6のIPアドレスを割り当てるホームエージェント、およびWindows XP端末のモバイルIPv6用クライアントソフトを開発・提供します。
NTT未来ねっと研究所
 NTT Comが提供するマルチキャスト配信システムにおいて、配信サーバを特定するとともに、マルチキャストデータをユニキャスト変換し中継する機能を開発・提供します。



2. 主な実証実験項目
(1)ハンドオーバー実験
 歩きながら無線LANを使用することで、接続する無線LANアンテナが切り替わりネットワークアドレスが変更しても、アプリケーションを切断することなく利用し続けられることを確認し、その利便性について検討します。

(2)モバイルIPv6対応アプリケーション利用実験
 PCやPDAなどさまざまなモバイル端末が個々に所有しているファイルを、サーバを介することなくP2Pでファイル共有し、その検証を行います。

(3)モバイルIPv6対応マルチキャスト配信実験
 千代田区の紹介ビデオなどのコンテンツを、日比谷公園および東京大学校内の複数の端末に同時配信(マルチキャスト配信)し、認証を受けた人だけがコンテンツを見ることができるシステムについて検証します。また、移動端末から他の端末に向けた映像マルチキャスト発信についても検証します。


<本件に関するお問い合わせ先>
お問い合わせはこちらまで