Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
[特集] ネットワーク環境の最適化

進化するサイバー攻撃への対処、
できていますか?

 多くの企業がサイバー攻撃のターゲットとなり、個人情報の漏えいなど大きな被害を受けている現状において、進化する巧妙な手口に対する防止策や新種のウイルス対策までを社内担当者だけで対応するには、リソースが足りないと感じているお客さまが多いのではないでしょうか。

課題ニーズ
ゲートウェイでセキュリティ対策を実施したいが、
何をどうしていいかわからない

押えておきたいポイント

  • 幅広い攻撃に対応

    Point

    外部からの攻撃だけでなく、内部からの不正な通信もシャットアウトし、安全性を向上!

  • 24時間365日
    企業の情報セキュリティを
    運用監視 Point

    専門知識や専属スタッフは不要。高度なセキュリティ対策をアウトソーシングで解決!

巧妙化するサイバー攻撃

 業務でパソコンやインターネットを使うのであれば、セキュリティ対策を欠かすことはできません。もしサイバー攻撃のターゲットとなり、機密情報の漏えいといった事件が発生すれば大きな損失が発生する可能性もあるためです。

 サイバー攻撃は日々巧妙化していることにも目を向けなければなりません。インターネットが普及した当初、セキュリティ対策のために使われていたのはファイアウォールやウイルス対策ソフトですが、現在のサイバー攻撃はこれらだけでは十分に防げないのが実情です。たとえば特定の企業を狙って行われる標的型攻撃の一般的なケースでは、顧客や取引先を装ってメールを送り、受信者が添付したファイルを開くように仕向けます。そのファイルが実はマルウェアであり、ダブルクリックすると感染するという仕掛けです。

 こうして送られてくるサイバー攻撃を意図したメールは、ファイアウォールから見ると通常の通信と見分けがつかないため、遮断することができません。さらに最近では、新種のマルウェアが続々と登場していることなどから、ウイルス対策ソフトにおけるマルウェアの検出率は低下し続けています。このため、パソコンにウイルス対策ソフトをインストールしていても、メールに添付されたファイルがマルウェアであると検知できない可能性も十分に考えられます。

 そこで最近では、複数のセキュリティ機能を統合したUTM(Unified Threat Management)など、高度なセキュリティ機器が登場しています。ただ、これらも導入しただけでは十分な効果を発揮しません。出力されたログをチェックして必要に応じて設定をアップデートするなど、セキュリティ対策への日々の運用が必要なためです。

人材不足を補うセキュリティサービスとは?

 企業によっては、社内にセキュリティに詳しい人材がいないなどといった理由でセキュリティ対策が進んでいない、あるいは運用のためのリソースを確保できないといったケースも多いでしょう。そこで検討したいのが、ユーザーに代わって外部からセキュリティ機器を監視し、必要に応じてアップデートを行ったり、あるいはサイバー攻撃を検知した際にユーザーに通知したりする、運用監視サービスの活用です。

 具体的なサービスとしては、NTTPCコミュニケーションズの「Security BOSS ゲートウェイ・セキュリティ 運用監視サービス」があります。これはUTMをユーザー企業のネットワークに設置し、NTTPCコミュニケーションズのSOC(セキュリティ・オペレーション・センター)が24時間365日体制で監視するマネジメントサービスです。

 このサービスにはレポートの提供も含まれており、月次で各対策項目に基づく検出結果やリスクなどを確認することができます。自社に対してどのような攻撃が行われているのかを把握できるのはもちろん、将来的なセキュリティ対策の強化を検討する際の判断材料としても有効です。

 対応する攻撃の種類も幅広く、外部からの不正アクセスやマルウェアの侵入に対応するのはもちろん、内部からの不正な通信にも対応しています。仮にマルウェアに感染したとしても、そのマルウェアによる外部のサーバーへの通信を検知すれば被害の拡散を避けられる可能性が高まることを考えると、外部だけでなく内部からの脅威にも対応できることの意味は極めて大きいのではないでしょうか。

 「セキュリティ対策の必要性を感じながらも、具体的な対応がわからない」「人的リソースが足りない」「さらにセキュリティ対策を強化したい」といった課題をお持ちのお客さまには、このようなアウトソーシングサービスを活用して安心安全なネットワーク環境を構築されてみてはいかがでしょうか。

※「Security BOSS ゲートウェイ・セキュリティ 運用監視サービス」は、株式会社NTTPCコミュニケーションズのサービスです。

この記事が注目されています

カテゴリーピックアップ

このページのトップへ