Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
logo_ocn

OCN迷惑メール対策

送信ドメイン認証(SPF)の対応

OCNからメールを送信する場合(OCNドメインを送信元としたメールを送信する場合)

迷惑メール業者は一般的に送信元を偽り迷惑メールを送信します。OCNではOCNからメールを送信する場合に、どのメールサーバー(IPアドレス)からメールを送信するかを一般に公開しています。それにより、受信したメールが正常にOCNから送信されたメールか、送信元を偽って送られたメールの可能性があるかを判別する事が可能(受信側のメールサーバーで送信ドメイン認証(SPF)に対応している必要があります。)です。また情報を公開している事がOCNドメインを詐称した迷惑メール送信の抑止になります。

OCNからメールを送信する場合
OCNからメールを送信する場合

OCNへメールが来た場合

OCNのメールサーバーでは他ドメインからOCNが受信したメールについて、送信元の認証を行っています。確認後、認証結果をメールのヘッダに追加しているので、送信元アドレスの正当性を確認※する事が出来ます。

※他ISPからOCNにメール転送を行っている場合や、あえて送信元を変更してメールを送信している場合は、正しく判定されない場合があります。

OCNへメールが来た場合
OCNへメールが来た場合

ヘッダ例と認証結果

お客さまのメールヘッダに「Received-SPF:認証結果」と記載されます。

認証結果 意味 解説
pass 成功 送信ドメインの正当性が認証された正しい送信元から
送信されたメールである。
fail 失敗 送信ドメインは詐称されている。
softfail 失敗 送信ドメインは詐称されている可能性がある。
failに比べると正当性が高い。
neutral 不可能 送信ドメインの正当性を判断できない。
temperror 不可能 認証処理に一時的な障害が発生している。
permerror 不可能 公表されたSPFレコードの解釈が出来ない。
none 存在しない 送信ドメインの認証情報が公開されていないため、認証が出来ない。

このページのトップへ