Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
SIMフリーとは?

OCN モバイル ONE SIMフリーとは?

SIMフリーとは?

SIMフリーとは、スマホに掛かっているロック(キャリアや機種ごとの制限)が解除されている端末のこと。ロックが解除されているので、端末を購入した会社のSIMカードだけでなく、自分の利用シーンに合わせて自由に会社を変更できる、魅力的な仕組みなんです。
SIMフリー端末のメリットや魅力などについて、わかりやすく説明します。

そもそもSIMとは?

SIMカードは、Subscriber Identity Module Cardの略。電話番号など固有の識別情報が記録されたICカードのことを指します。SIMカードをスマホやケータイ、タブレットなどのモバイル端末のSIMカードスロットにさし込むことで、音声通話やデータ通信などの通信機能が使えるようになります。

海外の動向から日本でも要望が高まり、正規のSIMフリー端末が登場

以前、国内で携帯電話キャリアが販売するスマートフォンやタブレット、モバイルルーターでは、一部の機種を除いてSIMロックの制限がかかっており、キャリアとの契約時に渡されるSIMカードは、その端末か、同じキャリアの一部の端末でしか使うことができなかったんです。国内のキャリアの場合、採用する通信規格や周波数帯が少しずつ違っていて、キャリア各社がそれぞれSIMカードの提供を推し進めていたという事情からそうなっていたんです。

一方、通信規格や周波数帯がキャリア間でほとんど違いのない海外ではSIMフリー端末が一般的で、私たちは一度入手したSIMカードを複数の端末で使い回すことができます。そのため、モバイルに詳しい一部のユーザーの間では海外製のSIMフリー端末を入手するブームも起きました。でも、そうした海外製端末には、「技適マーク」(正式名称:特定無線設備の技術基準適合証明等のマーク)が付いておらず、日本の電波法に抵触するという問題がありました。

こうして、「国内でも正規のSIMフリー端末を使いたい」という要望がしだいに高まっていき、それを受けて、2012年から2013年にかけて国内で利用可能なSIMフリー端末が登場するようになったんです。2013年11月には、発売以来高いシェアを誇るアップルのスマートフォンの最新機種「iPhone 5s」のSIMフリー版が国内販売されて話題になるなど、ついに国内でも便利なSIMフリー端末が普及しようとしています。

SIMフリー端末で割安な料金プランを利用する

こうした流れから、2014年は“SIMフリー元年”とも呼ばれるほど、SIMフリー端末とモバイル通信SIMカードのマーケットが活気づいています。では、この2つの組み合わせは、私たちにどんなメリットがあるのでしょうか。

割安なMVNO事業者のSIMカードで通信コストを大幅に節約

私たちにとってSIMフリー端末を使う最大のメリットと言えば、やはり低価格なモバイル通信SIMカードを利用できること。上で説明したような、日本製のSIMフリー端末が増えてきたことから、キャリアやMVNO事業者が、SIMカード型のモバイル通信サービスが次々と販売するようになりました。

価格面でのメリットがトクに大きいのは、MVNO事業者が提供する割安なモバイル通信SIMカードです。携帯キャリアが提供するものに比べて総じて安く、各社がホットな販売競争を繰り広げています。

なかでも激戦となっているのが、3Gのデータ通信のみが利用できる“格安”のSIMカードで、なんと月額1000円を切るところが増えているんです。こうした競争は、月々の通信コストを節約したい私たちにとってはまさに朗報で、幅広い選択肢から自分の用途にマッチした機種やサービスが選べるようになっているわけなんです。

低価格以外にもたくさんあるSIMフリーの魅力

SIMフリー端末やモバイル通信SIMカードの魅力は何も、価格面だけにかぎりません。海外に出かけたとき、現地でプリペイド/レンタルのSIMカードを入手することで自分のモバイル端末をそのまま使えることや、ふだんでもSIMカードを差し替えることで利用シーンに合わせて複数のモバイル端末を使い分けできることなどにも注目が集まっています。

利用シーンに合わせて複数のモバイル端末で使え、海外でも便利

海外旅行や海外出張は、SIMフリー端末の便利さを強く実感するシーンの1つ。現地のキャリアが提供する、音声通話やデータ通信ができるSIMカードをプリペイドで購入、もしくはレンタルで入手して、普段使っているモバイル端末に差し込むだけで、滞在中は日本のキャリアの海外ローミングプランよりも割安にスマートフォンやタブレット、モバイルルーターを利用できてしまいます。

「スマートフォンを主に電話として使い、普段、データ通信はあまりしないなあ」という方であれば、SIMフリーのタブレットに格安なデータ通信プラン専用のSIMカードをさして両端末を使いわける方法があります。スマートフォンのほうはパケット定額プランを外し、データ通信を専らタブレットで行うことで、月々かかるトータルの通信コストをグンと節約することができます。

今後さらにSIMフリーの端末が増えていけば、機種変更や買い増しで使わなくなったモバイル端末に、安価なSIMカードをさして有効に再利用、そんなこともよりしやすくなって、私たちのモバイルライフがいっそう便利に楽しくなりそうですね!

※:携帯電話キャリア各社の料金プランによっては、必ずしもSIMフリー端末/モバイル通信SIMカードの料金プランのほうが割安にならない場合があります

このページのトップへ