Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
OCN

OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

最新セキュリティ情報

幅広いIT機器が影響を受ける脆弱性
[ 2016/02/01 ]

トレンドマイクロは1月28日、公式ブログで「スマホやIoT機器、社内サーバーでも脆弱性の修正が必要?:Linuxカーネルの脆弱性『CVE-2016-0728』から考える別ウィンドウで開きます」と題する記事を公開しました。

それによると、スマートフォン、IoTデバイス、公開されていない社内サーバーなど、広範なIT機器が影響を受ける脆弱性が新たに発見されたとのことです。この脆弱性は、イスラエルのセキュリティ企業「Perception Point」のリサーチチームが発見したもので、Linuxのカーネルに存在する脆弱性「CVE-2016-0728」でした。

Linuxは、公開サーバー/社内サーバーをはじめ、Android端末、多くのIoT機器で使用されているため、影響は広範囲におよび、影響範囲の特定にも時間がかかる見込みです。

この脆弱性は、「権限昇格」の脆弱性のため、組織ネットワークに侵入された場合、権限奪取に使用され深刻な被害を引き起こす可能性があります。また、Perception Pointのリサーチチームは「全Android端末のおよそ66%が影響を受ける」と指摘しており、スマートフォンへの影響も大きなものになりそうです。

Copyright c 2015 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

あなたのPCは大丈夫?
インターネットの脅威

セキュリティ対策
はじめの一歩

  • 安全対策のキホン
  • セキュリティ対策のポイント
  • 安全なメール環境はこうして実現!
  • Webブラウザの安全対策
  • 常時接続の安全対策

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

キャンペーン

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition

ウイルスバスター for Home Network

【無料】ノートンセキュリティスキャン


OCNセキュリティトップ

OCNの総合セキュリティサービス

高い防御力と動作の軽さを両立

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

キャンペーン

OCNの総合セキュリティサービス

製品ピックアップ

キャンペーン

 

このページのトップへ