その他

6月、11月「ウィンドウマンス」について

毎年6月と11月は、ウィンドウマンス(window-month)と呼ばれ、南半球と北半球の国代表が交流を行う月間とされています。
そのため、トップリーグは11月の約一か月間お休みとなります。
その代り各チームは、ミニ合宿を行ったり週末に練習試合を組んだりします。この期間の練習試合も、リーグ後半戦を占う上で見どころがたくさんありますので、試合情報をお見逃しなく!

ラグビー観戦における旅の楽しみ

日本のラグビーではホーム&アウェーという概念からでは無く、ラグビー普及のために両チームにゆかりの無い地方で試合が行われることもあります。見知らぬ土地へ試合観戦のために旅することも、ラグビーの楽しみの一つだと感じます。

もしラグビーが無ければ一生行く機会が無いような土地に行ってみたら、思いのほか気にいってしまったなんていうこともあるかもしれません。

また、その土地ならではの食べ物に舌鼓を打ったり、人との触れ合いに心を動かされることも、ラグビー観戦旅の楽しみです。

ラグビー場写真

選手との交流風景

公式戦観戦マナー

キック時はお静かに!

ペナルティやトライ後のキック時に、スタンドが緊張と静寂に包まれる30秒ほどのシーンは、試合中における最も美しい情景の一つです。
くれぐれもキッカーの名前などを大声で叫ばないでくださいね。

選手やレフリーへの野次は止めましょう!

こちらに関しては、今でもあちこちの会場で行われているのが実情です。
シャイニングアークスファンとしては、どうか謹んでいただきたいと願います。

キック時はお静かに

ひとりで大勢の場所取りは止めましょう!

基本的にはラグビーは個人で自由に観る競技です。混雑時におひとりで多数の席に荷物を置いての場所取り等は、他のお客様への迷惑になりますので御遠慮ください。

三脚を付けての写真撮影やビデオ撮影は禁止です!

スマホでの撮影や、手持ちカメラでの撮影はOKです。ただしストロボ発光はお止めください。

★参考:日本ラグビー協会「観戦ルールとマナーについて」

公式戦観戦マナーを守って楽しみましょう

観戦マナーもごいっしょに!