平成18年12月28日
(報道発表資料)
NTTコミュニケーションズ


台湾沖地震に伴う障害の発生について(第二報/11時00分現在)

 平成18年12月26日(火)21時30分(現地時間・同20時30分)頃に台湾南西沖の海底を震源として発生した地震の影響により、台湾南西部の広いエリアで多数の国際通信用海底ケーブル群が損傷し、お客さまの通信サービスがご利用できなくなる事象が発生しています。
 ご利用のお客さまには多大なご迷惑をおかけしておりますことを心より深くお詫び申し上げます。

1.発生日時
 平成18年12月26日(火) 21時30分

2.影響範囲(平成18年12月28日 11時00分現在)
 台湾南西沖海底を震源とした地震の影響により、台湾南西部の広いエリアで多数の国際通信用海底ケーブル群が損傷し甚大な被害が発生しました(被災地状況については別紙参照)。この損傷により、これらケーブル群を利用していたNTT Comの以下の企業向けデータ通信サービス、インターネット接続サービスおよび国際電話付加サービス等の一部において通信ができない状態となっていますが、当面の措置として速やかな他ルートによる迂回救済、及び各国通信事業者と緊密に連携した救済回線の新設並びに収容替え等の実施により、順次回復を図っています。

<企業向けデータ通信サービス>
・専用線サービス : 146回線のうち120回線回復
・フレームリレー :  18回線のうち16回線回復
・IP-VPN : 70回線のうち69回線回復
・ATM   :  9回線のうち 7回線回復

<インターネット接続サービス>
・グローバルIPネットワークサービス
 アジア域内のIPバックボーン回線は一部を除き回復しましたが、一部遅延が継続しております。

<国際電話付加サービス>
 国際電話の付加サービス機能(国際フリーダイヤルおよび国際プリペイドカード)について、以下の国・地域から日本国内へのご利用ができない状態となっています。(9国・地域から1地域回復)

 インドネシア、オーストラリア、シンガポール、スリランカ、タイ、ベトナム、香港、マレーシア

 なお、通常の国際電話については迂回措置を実施しておりますが、輻輳により一部つながりにくい状況が発生しています。

3.完全回復の見込み
 当面の措置により順次回復を図っていますが、一部サービスの完全復旧については、ケーブル張替えなど長期間を要する見込みです。