News Release
平成18年7月20日


高品質・高信頼の企業向けネットワーク「専用線」誕生100周年



高品質・高信頼の企業向けネットワーク「専用線」*1は、明治39年(1906年)7月20日のサービス提供開始から、本日平成18年7月20日で100周年を迎えました。

日本で初めての専用線は、東京-横浜の拠点間を直接結ぶ市外電話ホットラインとして当時の逓信大臣より認可されたことに始まります。100年経た現在でも、企業経営においてCSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)やBCM(Business Continuity Management:事業継続管理)が問われる状況の中で専用線の優位性が再認識され、新たに導入する企業も増えるなど、企業にとっての重要な役割を担い続けています。

NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)では100年前の専用線の流れを汲むサービス*2の中でも特に好評なEthernetタイプの新世代専用線「ギガストリーム」において、企業のお客さまに手軽に利用いただけるよう、メニューの多様化、低廉な料金、提供エリアの拡大を今後も図っていきます。

1. 100周年を迎える専用線の歴史

日本初の専用線は、明治39年(1906年)7月20日、日露戦争後の活況を呈す金融状況を一刻も早く金融業者相互に連絡する目的で、東京と横浜の銀行間を直接結ぶ市外電話ホットラインとして、当時の逓信大臣より認可されました。

当時は急激な電話の普及により交換機などの故障が増加していた時期でもあり*3、どのような時でも確実につなげたいという需要が顕在化してきた中で専用線は誕生しました。その後、データ通信の企業における導入が進むとともに、1978年(昭和53年)に伝送速度を保証した符号品目がサービス開始され、1984年(昭和59年)には加入者光ファイバーを使用した高速ディジタル伝送サービスが提供開始されました。専用線サービスは、加入者を物理的に1対1で直接つなぐ単純な仕組みのため、故障が少なく、高いセキュリティを誇ることから、警察、国防、航空管制、金融、新聞、放送などのミッションクリティカルな領域を中心に日本の重要な社会インフラを支え続けてきました。

専用線100周年を記念して、専用線の歴史を紐解くWebサイトを作りましたので、ご参照下さい。

http://www.ntt.com/gigast/column/100s/index.html

2. NTT Com新世代専用線利用状況など

技術革新により誕生した低廉なネットワークへの移行ニーズが高まる一方で、企業の生命線ともいえるミッションクリティカルな部分には、新たに新世代専用線を検討・導入するお客さまが急激に増えています。個人情報の保護や事業継続への要請など、企業を取り巻く環境が厳しさを増す中で、専用線が持つ強固な信頼性やセキュリティなどが再び見直されてきたためです*4。また、新世代専用線は0.1Mb/s~10Gb/sと幅広いニーズに対応し、汎用機器で対応できるEthernetのインターフェースを設け、コスト的にも使い方次第ではVPNよりも安価になることが認識されはじめ、多くの一般企業でご利用いただいています。

[1]NTT Comの新世代専用線回線数推移 (別紙1参照
[2]最近の専用線利用事例 (別紙2参照

勘定系システムなどの重要なデータ通信を中心とし、特に金融、自治体などの業界において多数ご利用いただいています。

専用線の災害に強いという特性はディザスタリカバリにも活かされています。ルート指定が可能なので、災害が起こりそうな特定の地域(災害想定地域)を回避した経路の実現や、一瞬でも止められないシステムのために事前に複数の回線を用意しておき、万一回線にトラブルが発生した場合でもバックアップの回線に無瞬断で切り替えることができるような仕組みを実現するなど、セキュリティや災害対策の面で優位なネットワークとして選ばれています。

[3]専用線の新たな展開

INTEROP TOKYO 2006において、イベント用回線として国内初の40Gb/s回線を提供し、主催者側から高評価をいただき、"Best of Show Award"を受賞しました。今後も大企業から中小企業まで多くのお客さまが「ビジネスの生命線」を専用線に託していただけるよう、引き続き揺るぎない信頼性や安定性の向上に努めます。

*1専用線とは、交換機などを通じて加入者同士を相互に接続する現在の公衆網電話やインターネット(共用ネットワーク)と異なり、加入者を物理的に1対1で直接繋ぐ専用の通信回線です。専用線の特長としては、[1]公衆網の輻輳に影響されない、[2]公衆網と比較して、情報漏洩・盗聴・改竄の可能性が低い、[3]データ伝送の遅延が少ない、などが挙げられます。専用線と共用ネットワークの違いのイメージ図は、参考1を参照ください。

*2 NTTコミュニケーションズの専用線メニューは、新世代専用線「ギガストリーム」のほか、多彩なメニューを用意しています。詳細は、参考2を参照ください。

*3 当時の障害件数の推移詳細は、参考3を参照ください。

*4 財団法人 金融情報システムセンター(FISC)『金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書』には、金融分野における個人情報取扱事業者は、個人データの保護策として伝送データの漏洩防止策などを講じることが掲げられ、その有効な対策として光ファイバーを利用した専用線が挙げられています。

 

<本件に関するお問い合わせ先>
新世代専用線「ギガストリーム」Webサイト:http://www.ntt.com/gigast/
お問い合わせはこちらまで