平成16年8月17日


公衆無線LANサービス「HOTSPOT」のサービスエリア拡大について
~駅や空港など公共エリアへの展開を強化~


 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、ユビキタス社会の到来に向け、公衆無線LANサービス「ホットスポット」のサービスエリアを大幅に拡大します。特に駅や空港など公共エリアにおけるサービス展開を強化し、今年度中に全国47都道府県への展開を行い、全国で3,000ヶ所以上へのエリア拡大を実施します。
 NTT Comは、無線LANを利用したさまざまなサービスの登場*1に向けて、「ホットスポット」を充実させ、その新たな利用シーンを提案していきます。


1.全国主要駅への展開
(1)JR西日本「のぞみ」停車駅
 以下の全9駅(8/1現在)でホットスポットが利用可能となりました。
 (利用可能な駅)
新大阪駅
新神戸駅
姫路駅
岡山駅
広島駅
福山駅
新山口駅
小倉駅
博多駅

(2)都営地下鉄・その他
 都営地下鉄の構内などに、お客さまに快適にホットスポットをご利用いただけるスペース「ネットワンボックス」を順次設置します。「ネットワンボックス」ではホットスポット環境はもちろん、ノートパソコン用の電源やいす・机などをご用意しております。(別紙1参照
 (「ネットワンボックス」設置場所)
都営三田線日比谷駅B改札外コンコース
ゆりかもめ国際展示場正門前改札階内コンコース(9月開設予定)
都営新宿線新宿三丁目(年内開設予定)

 また、その他の駅施設に関しても、今後積極的にホットスポットを展開していきます。



2.全国主要空港への展開
(1)大阪国際(伊丹)空港
 出発ゲートラウンジや到着ロビーなど、15ヶ所(8/1現在)でご利用いただけるようになりました。

(2)羽田空港
 日本空港ビルデング株式会社と連携し、羽田空港旅客ターミナルビル公共エリア(出発・到着ロビー)全域でホットスポットが利用できる環境を整備する予定です。

(3)成田国際空港
 成田国際空港の無線LAN設備を利用し、ターミナル内の公共エリア、ラウンジエリア各所において、12月末までにホットスポットを提供予定です。

 以上の各空港に加え、新千歳空港・福岡空港でもホットスポットをご利用いただけます。


*1 無線LANを利用する新サービス
 アクセスする位置に応じたコンテンツ配信、IP電話、構内型無線LANと公衆無線LANの共用など、さまざまなサービスが実用化されつつあります。(別紙3参照

*「ホットスポット」利用可能エリアについての詳細は以下のURLをご参照下さい。
 HOTSPOTホームページ:http://www.hotspot.ne.jp/


別紙2:ホットスポットの発展


<本件に関するお問い合わせ先>
お問い合わせはこちらまで