(別紙2)参加各社の実験内容
NTTコミュニケーションズ株式会社、株式会社ディアイティ、株式会社東芝、富士通アクセス株式会社
  (実験名)パーソナルVPN(Virtual Private Network)
(概要)外出先のパソコンから家庭内のブロードバンドルータなどにインターネットを介してVPN接続することにより、外出先のパソコンとホームネット内サーバとのファイルの送受信、DVDレコーダの録画予約、家庭内のネットワークカメラの閲覧などを行います。「m2m-x」を用いているため、パソコンやブロードバンドルータの特別な設定は不要です。また、ホームネットのEthernet環境をそのまま外出先のパソコンに提供するため、既存のネット家電の機能追加や設定変更も不要で、そのまま外出先から利用できます。

三洋電機株式会社
  (実験名)IPv6家電を用いたマルチメディアコミュニケーション
(概要)IPv6対応ハードディスクレコーダ、VoIPアダプタ、デジタルテレビ、デジタルカメラなどを「m2m-x」で連携させることで、IP電話で通話中に、茶の間のテレビを利用したテレビ電話に切り替える、通話しながら同じデジタルカメラの画像を見るなどのマルチメディアコミュニケーションを手軽に実現します。

ソニーブロードバンドソリューション株式会社
  (実験名)"PlayStation 2"を利用したビジュアルコミュニケーション
(概要)"PlayStation 2"とUSBカメラを使ったビジュアルコミュニケーションにおいて、個人情報や接続情報の交換を「m2m-x」を用いて簡単・安全に行います。"PlayStation 2"をIPv6ネットワークに繋いて専用ソフトCD-ROMを入れれば、難しい設定なしに使えるお手軽さを実現しました。
“PlayStation”は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。

株式会社タカラ
  (実験名)TOYポート付き「IP糸テレフォン」によるコミュニケーション
(概要)ネットワークに繋ぎ受話器を取れば特定の相手だけに繋がる1対1専用の簡単お手軽な「IP糸電話」です。親密な相手とだけの秘密のコミュニケーションを広げたい・・・、そんなご要望にお応えします。遠隔地の親密な相手と料金を気にせず長電話できる定額料金で、従来の電話とは一味違った楽しみを味わえるシステムとなっています。さらに、付属のTOYポートに接続した玩具やツールを使うことで楽しく新しいコミュニケーションが広がります。

株式会社ディアイティ
  (実験名)パーソナルVPN(Windows XP対応VPNクライアント/サーバソフト)
(概要)「パーソナルVPN」実験において、外出先のパソコン用のクライアントソフト、および家庭や事務所のパソコンをVPNサーバとして利用するためのサーバソフトを提供します。

株式会社東芝
  (実験名)情報家電・ホームセキュリティ複合サービス
(概要)情報家電とホームセキュリティの複合サービスを、「m2m-x」によりIPv6インターネット上で簡単・安全に実現します。利用者は外出先からのセキュリティカメラの映像の確認、ドア・窓の電子錠の施錠/開錠などを、第三者による覗き込みや不正操作などの心配なく、リアルタイムに実現できます。
 また、東芝は「パーソナルVPN実験」にも参加し、VPNサーバ機能を備えたホームサーバを提供します。

パイオニア株式会社
  (実験名)ビジュアルデータ会議ソリューション=「サイバーカンファレンスシステムEV」
(概要)相手の映像・音声とさまざまなコンピュータデータを高精細プラズマディスプレイに画面共有させることで、遠隔グループワークの質を高めた先進のコミュニケーツール「サイバーカンファレンスシステムEV」。このシステムの通信に「m2m-x」の認証機能とIPv6の暗号処理を施すことで、より簡単・安全なビジネスコミュニケーションが可能となります。更に遠隔からのメンテナンス、アプリケーションの自動更新を統合させることにより、サービスレベルと可用性の向上をはかります。

パナソニック コミュニケーションズ株式会社
  (実験名)ホームセキュリティーゲートウェイ
(概要)「m2m-x」に対応したホームセキュリティーゲートウェイを介して、外出先の携帯端末やパソコンから家庭内へのネットワークカメラ等へのリアルタイムな接続を簡単・安全に行えることを実証します。ホームセキュリティーゲートウェイはIPv6/IPv4トランスレータ機能やIPsec機能を備えており、既存のIPv4対応ネット家電やIPsecに対応していないネットワーク機器を接続して「親機」として機能することにより、これらの機器に対しても外出先から「m2m-x」を用いた簡単・安全な接続を実現することが可能となります。

富士通アクセス株式会社
  (実験名)IPv6 Firewall制御と「パーソナルVPN」サーバに対応したADSLモデム
(概要)IPv6 ADSLサービスおよびIPv6 Firewall対応のADSLモデム(プロトタイプ)の実証を行います。外部からのアクセスに対し、ホームネット内のADSLモデムのFirewall機能を「m2m-x」と連動してリアルタイムに制御することにより、インターネットを介したネット家電間のコミュニケーションを簡単・安全に実現します。また、「パーソナルVPN」サーバ機能にも対応しており、外出先のパソコンからホームネット内と同じEthernet通信を行うことが出来ます。

松下電工株式会社
  (実験名)「エミットホームシステム」による家庭用コミュニケーション
(概要)「エミットホームシステム」は家庭の中と外のセキュリティ、コミュニケーション、コントロールが行えるシステムです。「m2m-x」により、サーバを経由することなくリアルタイムの通知や制御を外出先から行うことができます。

ヤマハ株式会社
  (実験名)IPv6 Firewall制御対応企業向けブロードバンドルータ
(概要)ヤマハのIPv6対応企業向けブロードバンドルータ「RTX1000」に、「m2m-x」と連携したFirewall制御を実装します。「m2m-x」に対応した端末の要求にしたがって、パケットフィルタのルールをリアルタイムに制御します。これによって、不正なアクセスを遮断しながら、外出先の端末から企業内のサーバや事務機器などと安全に通信できるようになります。

株式会社リコー
  (実験名)携帯電話とデジタル複写機を使ったユビキタス環境でのプリンティング
(概要)「m2m-x」のセキュリティ技術とリコーのモバイルプリント技術を使って、Firewallで守られたオフィスや家庭内に置かれたパソコンの中にある電子文書を、外出先などで携帯電話などから指定し、その場にあるデジタルカラー複写機に簡単・安全にプリントアウトできます。これによって、携帯電話の小さな液晶画面だけでは内容が確認できないような資料を、パソコンを持ち歩くことなく手軽に取り出すことができるようになります。

戻る