平成15年4月9日


企業向けIP電話サービス「.Phone IP Centrex」の提供開始について
~最新VoIP技術を採用し、通信コスト削減、Voice/Data統合が可能~


 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、昨年11月より企業向けIP電話サービス「シェアードIP-PBX」を試験提供してきましたが、このたび「.Phone IP Centrex(ドットフォン・アイピーセントレックス)」と名称を変更し、本格的な企業向けIPセントレックスサービスとして4月10日より提供を開始します。
 「.Phone IP Centrex」は、従来PBXで実現してきた機能をネットワークサービスとして提供し(IPセントレックス)、音声とデータ通信の統合によりお客さまのトータルコストの削減と新たなビジネススタイルを実現します。
 今後、アクセスラインをOCNインターネット接続サービスと共用して利用するタイプのほか、広域イーササービス「e-VLAN」やIP-VPNサービス「Arcstar IP-VPN」など各種データサービスを利用しているお客さま向けのラインナップを拡充するとともに、NTT ComのVoIP基盤網を採用するIP電話事業者との050番号による相互通話の実現などを順次実施する予定です。


1.「.Phone IP Centrex」のサービス内容
(1) サービスの概要
 企業向けのIP電話サービスとして、IP網内に配備したPBX機能により、内線通話および公衆網に接続された固定電話(一般加入電話)への発信サービスを提供します。(別紙1参照
 従来、PBXで実現してきた機能をIP網側にアウトソースすることで、利用形態によりPBXの導入・運用・保守コストを削減することが可能となります。さらに定額で内線通話を利用できるほか、国内の固定電話へも全国一律の低廉な料金で通話ができるため、音声通信コストの削減が可能となります。
 また、中継網には、インターネットの影響を受けにくい専用のIP網(クローズドIPネットワーク、*1)を適用し、高品質な音声通信を実現しています。

(2) 対象となるユーザとその導入効果
[1] 多数の拠点をもつ企業
拠点間の内線通話利用など企業内通信コストの削減が可能
[2] 音声とデータそれぞれ個別の専用網を構築されているお客さま
データネットワークに音声を統合することで、ネットワークの有効利用が可能
[3] マンションディベロッパー、ホテル事業を展開されているお客さま
マンション入居者やホテル宿泊者への安価なダイヤルアウト実現による不動産価値の向上

(3) サービスの特徴
[1] 豊富なサービスメニュー
 試験サービスで提供していた「内線+ダイヤルアウトサービス」、「ダイヤルアウトサービス」メニューに加え、新たに「内線サービス」を追加し、内線のみでもサービスを利用できるメニュー体系としました。また、「内線+ダイヤルアウトサービス」では、これまで4通話チャネル単位での契約となっていましたが、1通話チャネル単位での契約および増減設を可能とし、お客さまの要望に応じた通話チャネル数を用意します。
[2] 全国一律3分8円の通話料金
 お客さま各拠点の電話端末相互間において、内線番号による音声通話が、低廉な定額料金で時間の制限なく利用することができます。さらに、一般固定電話への接続(ダイヤルアウト)は、全国一律3分8円の低廉な通話料金で利用できますので、音声通信コストの大幅な削減が可能となります。
[3] 企業ニーズの高いPBX機能の提供
 内線通話をはじめ、ビジネス用途では欠かせない「代表」や「保留転送」などの標準的なPBX機能をネットワークサービスとして提供することにより、PBX設備のない拠点においても、内線グループに組み入れ、さらに拠点をまたがった代表を設定するなどのPBX機能が利用可能です。
[4] 一つのアクセスラインで音声とデータの統合が可能
 アクセスラインをOCNインターネット接続サービスと共用するため、お客さま側に設置するTA(*2)に、インターネットとの接続が可能なパソコンなどを接続することで、音声通信とデータ通信が統合でき、通信コストの削減につながります。


2.工事料金および月額利用料金
別紙2参照


3.提供条件
(1) アクセス回線およびOCNインターネット接続サービス
 「.Phone IP Centrex」の利用にはNTT Comが指定するOCNインターネット接続サービスを契約していることが必要です。(別紙3参照
(2) 利用の際にお客さまに用意いただく機器
・NTT Com推奨TA(ホームページにて別途案内)
・電話機端末(RJ11ケーブルを用いてTAに接続可能なアナログ電話機)


4.サービス提供開始日
平成15年4月10日


5.申し込み方法
 NTT Comの営業担当者、弊社販売代理店、もしくはOCNインフォメーションデスクにて申し込みを受け付けています。
<OCNインフォメーションデスク:0120-047-816受付時間 9:00-19:00、土日祝を除く>


6.今後のサービス拡充予定
 現在予定している拡充内容は、以下のとおりです。
(1) PBX機能のさらなる拡充(ダイヤルイン利用)
(2) お客さま側に設置されたPBXを収容するTA機器など、多彩なインターフェースの提供
(3) OCNビジネスパックVPN対応(IPsecを利用したインターネットVPNとの音声とデータの統合)
(4) アクセスライン事業者の追加(アッカ・ネットワークス社ADSLの追加)
(5) 広域イーササービス「e-VLAN」およびIP-VPNサービス「Arcstar IP-VPN」利用ユーザ向けラインナップの追加
(6) コールセンターなどの各種ソリューションやアプリケーションの追加
(7) 番号ポータビリティの実現
(8) 国際電話・携帯電話およびNTT ComのVoIP基盤網利用の他社IP電話サービスへの通話
 国際通話、携帯電話への通話、050番号による一般固定電話からの着信などは、準備が整い次第提供していきます。また、NTT ComのVoIP基盤網を利用することで、本サービスと通話が可能な他社IP電話サービスなどの接続先拡大を積極的に図っていきます。


*1 クローズドIPネットワーク:中継部分がインターネットとは独立しているため、インターネットの影響を受けにくく、安定した通信が可能なネットワーク
*2 TA:Telephony Adapterの略で、お客さま宅内に設置する電話端末をIP網に接続して音声通信を行うためのアダプタ。TAは、NTT Com推奨機種をお客さま自身で用意




<本件に関するお問い合わせ先>

お問い合わせはこちらまで