平成14年10月15日

(報道発表資料)
日本放送協会(NHK)
NTTコミュニケーションズ株式会社

NHKとNTT Comがハガキ大のハイビジョンコーデックを共同開発


NHKとNTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、ハイビジョン信号をデジタル圧縮・伸張するためのハガキ大ハイビジョンコーデック(符号化・復号化器)を共同開発し、大幅な小型化と低価格化を実現しました。両者は、平成12年8月に共同開発実行委員会を発足させ、ユーザーとして互いに協力して開発を進めてきました。

開発したコーデックは、デジタルハイビジョン信号の無線伝送や光ファイバー伝送設備に組み込まれるもので、デジタル映像・音声信号を圧縮し、効率よく伝送するために用いるものです。符号・復号化部を高集積LSI化(*1)することでハイビジョンコーデックをハガキ大の基板1枚に小型化するとともに、大幅な省電力化を実現しました。これにより、圧縮器を内蔵した可搬型無線伝送装置が実現し、機動性を大幅に改善します。

圧縮方式は、国際規格であるMPEG2方式(*2)を採用するため、ビデオカメラや大容量映像ファイル、デジタル映画館などへの応用も期待されます。

NHKでは、番組制作設備のハイビジョン化を強力に推進しています。この開発で、ハイビジョン無線伝送装置の全国配備が可能となり、今後はニュースやスポーツ番組など生番組についても全面的なハイビジョン化が進み、番組のさらなる充実をはかることができます。

NTT Comでは、この開発成果を開発中のデジタルテレビジョン中継サービスに反映し、デジタル放送時代における放送中継サービスの高度化・経済化をはかるとともに、今後のデジタル放送技術の推進に貢献していきます。


(*1) LSI:大規模集積回路
(*2) MPEG2方式:効率よくデジタル映像信号を伝送するために考えられたもので、Motion Picture Expert Groupが定めた国際規格の動画像圧縮方式



開発したハガキ大ハイビジョンコーデック

特長
基板サイズ: 180mm×120mm
重量: 200g
消費電力: 約13W
電源: DC12V
映像符号化: MPEG2 422P@HLおよびMP@HL
音声符号化: MPEG2 AACおよびBC 5.1ch符号化に対応
非圧縮音声伝送も可能
映像入出力: HD-SDI信号、1080I映像
音声入出力: AES-3信号×4系統、およびHD-SDI重畳音声8ch
HD-SDIに重畳される機器監視・補助信号伝送機能
符号化入出力: DVB-ASI信号
TSレート: 最大160Mbps


ハガキ大コーデックを内蔵する無線伝送装置


<本件に関するお問い合わせ先>