平成14年9月25日
報道発表資料

NTTコミュニケーションズ株式会社
NTTブロードバンドプラットフォーム株式会社

無線LANサービス「ホットスポット」と「無線LAN倶楽部トライアル」の
アクセスポイント相互乗り入れについて


 NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 正誠、略称:NTT Com)、NTTブロードバンドプラットフォーム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 忠男、略称:NTT-BP)、は、無線LANインターネット接続サービス(NTT Com:「ホットスポット」、NTT-BP:「無線LAN倶楽部トライアル」)について平成14年10月7日(月)よりアクセスポイント相互乗り入れの共同実験を行います。


1.実験の主旨

 公衆エリアでの無線LANインターネット接続サービスである「ホットスポット」、「無線LAN倶楽部トライアル」について、それぞれのアクセスポイントをそれぞれのサービスのご契約者が利用できるようにすることは、ご契約者の利便性を向上するのみならず、新たな無線LANインターネット接続市場の発展にも繋がることも想定されることから、技術実証および利用実態調査のためのアクセスポイント相互乗り入れの実験を実施することに合意しました。


2.実験の内容

(1)提供時期

 10月7日から約1ヶ月の予定です。


(2)実験の対象者

 「ホットスポット」もしくは「無線LAN倶楽部トライアル」に加入しているお客さまを対象に、それぞれ20名程度のモニタを募集する予定です。


(3)アクセスポイント

 以下のアクセスポイントにて、実証実験を行う予定です。
ホットスポット  CAFE364JOURS 銀座7丁目店
無線LAN倶楽部トライアル  実験提供している全てのアクセスポイント


なお、実験に関する詳細な情報は以下のURL(※)などに順次掲載します。

※各社ホームページのURL
・ホットスポット http://www.hotspot.ne.jp/
・無線LAN倶楽部トライアル  http://www.ntt-bp.net/



3.今後の展開

 NTT Com、NTT-BPは実験結果を踏まえ速やかにアクセスポイントの相互乗り入れ(ローミング)の重要性を実態調査の観点から検証します。また、他の無線LANインターネット接続サービスとのローミングについても積極的に取り組み、技術やネットワーク構成における課題の確認及び解決に向けた検討を行うなどお客さまの利便性向上に努めていきます。


<本件に関するお問い合わせ先>