平成14年9月12日
報道関係者各位
NTTコミュニケーションズ株式会社
ブロケード コミュニケーションズ システムズ 株式会社


広域ストレージ・ネットワーク検証設備を共同構築、今月より稼動
ストレージ関連ビジネスを担う主要11社が利用開始

~広域ストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)を
超広帯域ネットワーク上で実現する顧客向け問題解決の場~



 NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 正誠、 略称:NTT Com)とブロケード コミュニケーションズ システムズ 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:松島 努、略称:ブロケード)は、ギガビット・クラスの超広帯域ネットワークに接続された広域ストレージ・ネットワーク検証設備を、NTT Comの「DeCafé®」*1 内にある「ストレージ・マネジメント・ラボ」*2 (設置場所:東京都千代田区竹橋)に共同で構築し、ストレージ関連企業各社の協力の下、ビジネス・コンティニュイティの実現を目指すお客さま向けソリューションの事前検証を行う施設として、今月より提供していきます。

 本件施設を利用して、広域ストレージ・ネットワーク共同検証を予定している企業は、以下の11社です。
兼松エレクトロニクス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:木下 昇)
コンピュータ・アソシエイツ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三ッ森 隆司)
住商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:阿部 康行)
東京エレクトロン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:東 哲郎)
株式会社東芝(本社:東京都港区、取締役社長:岡村 正)
日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大歳 卓麻)
日本ストレージ・テクノロジー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ジョン・S. スクロッポ)
日本電気株式会社 NECソリューションズ(本社:東京都港区、取締役専務 カンパニー社長:金杉 明信)
株式会社 日立製作所(本社:東京都千代田区、取締役社長:庄山 悦彦)
ベリタスソフトウェア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:上村 美喜男)
レガート システムズ株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:濱田 裕司)
(以上50音順)


 増大し続けるデータをいかに効率的にかつ安全に管理するかは、今日の情報管理責任者の大きな課題となっています。データを効率的に管理できるSANの手法は現在ストレージ・マネジメントの潮流のひとつになっていますが、このSANアイランドをギガビット・クラスの広域ネットワークにより遠距離接続することで、災害時の復旧(ディザスタリカバリ)ソリューションのインフラとして利用できるようになります。
 両社によるこのたびの取り組みは、域内で高品質なデータ管理能力を持つファイバーチャネルSAN*3と、距離という制限のない長距離・広帯域ネットワークの特性を、有機的に組み合わせたソリューション構築という観点から進められてきました。

 本年4月17日の報道発表の通り、NTT Comではギガビット・クラスの広域ネットワークの技術による東京・大阪iDC(インターネット・データセンター)間での遠隔SAN間通信実験を行い、ファイバーチャネルSANとギガビット・クラスのネットワークを基盤とした広域ストレージネットワーク・ソリューションの技術蓄積に力を入れてきました。その結果を踏まえ、すでに広域ストレージ・ネットワーキングは実用段階に達したと判断、ブロケードがこれまで蓄積してきたSANの技術とともにストレージ企業関連各社のノウハウを結集し、新たに回線サービスを含む本格的な検証環境をストレージ・マネジメント・ラボに構築しました。
 これにより、ストレージ・ネットワークの広域化・拡張に積極的なエンドユーザ企業が抱えるさま々な技術上の課題を解決することが可能となります。


 このたび共同構築した検証設備は、NTT Com竹橋ビル内からNTT Com大手町ビル間に、NTT Comが提供するギガビット・クラスの広帯域ネットワーク回線サービス「ブロードバンドアクセス」を使用し、実回線付き技術検証・デモ環境となっています。(別紙参照

 両社では今後、ストレージ機器の製造・販売・構築といったサービスを提供する各社と個別の検証を順次進めていく予定であり、その検証内容は、ヘテロジニアス(異機種混在)環境での相互接続/相互運用、製品固有の機能の検証などさま々なものが予定されています。

「広域・広帯域ネットワーク回線サービス」について
NTT Comでは、現在「ギガウェイ」、「e-VLAN」、「ギガイーサプラットフォーム」、「ブロードバンドアクセス」など、ギガビット・クラスの広域・広帯域なネットワーク回線サービスを提供しています。これらのネットワーク回線は、NTT研究所によるレイヤ接続技術とNTT ComのIPネットワーク技術による高い信頼性、かつ高セキュアでコスト・パフォーマンスに優れたギガビット・クラスの長距離・超広帯域ネットワークサービスです。


*1 DeCafé®: デカフェ(Developers’Café®/ディベロッパーズカフェ®)。 NTT Comが提供するシステムの実証・検証環境。各種サーバー、ネットワーク機器、ストレージ・システムが、実際のインターネット接続も併せて実証・検証できる。さらに、同施設はセミナー専用設備を持ち、各種セミナーの会場としても広く利用されている。
*2ストレージ・マネジメント・ラボ: 本年4月にNTT Com Eプラットフォームサービス部がDeCafé®内に設置したSAN、NAS (Network Attached Storage)、IPネットワークとその周辺技術を研究するために開設した施設。同施設は、NTT Comの回線サービスをもとに各種サーバーをはじめとするネットワーク機器を取り揃え、ファイバーチャネルSAN、IP-SAN、バックアップソリューション、ディザスタリカバリなどの実証・検証を実施、ストレージ・ネットワークの広域・拡張化に関するエンド企業ユーザの技術的な問題解決を図ることを目的としている。
*3 ファイバーチャネルSAN: 1980年代に提案され1994年にANSIで標準として認定されたファイバーチャネル(Fibre Channel)というサーバー間、サーバー・ストレージ間を結合するための高速インターコネクトのプロトコルをベースとしたストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)。トポロジーとしてポイント・ツー・ポイント、ループ、スイッチを使用するファブリックの三種類があるが、現在はもっとも高機能でデザインの自由度の高いファブリックが一般的に使用されている。


エンドースメント
●兼松エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長 木下 昇)
兼松エレクトロニクスは、超広帯域IPネットワークを有効に活用できるソリューションとして、FCIP接続によるCNT社UltraNet Edge Storage Routerをご提供いたします。Edgeの活用によりSANファブリックに接続された各種ストレージデバイスを遠隔地間で利用することを可能にします。
さらに、KELが提供するストレージ管理アプライアンスサーバー「KEL Storage Station 9000」を導入することにより、仮想技術を用いたヘテロジーニアス(異機種混在)なSAN環境を提供し、超広帯域IPネットワークを有効活用するツールとして災害対策システムを構築可能です。今回のストレージ・マネジメント・ラボは現実的な環境として、当社としても大いに期待しております。
兼松エレクトロニクス株式会社 取締役 ストレージ営業本部長 藤倉 博美

●コンピュータ・アソシエイツ株式会社(代表取締役社長 三ッ森 隆司)
NTT Comのストレージ・マネジメント・ラボでは、CAの境界なきストレージ管理を実現するトータル・ストレージ・マネジメント・ソリューション「BrightStor Enterprise Backup」と統合運用管理システム「Unicenter TNG」を組み合わせた総合的な提案、構築にあたっての検証が行われています。CAとBrocadeは、SANマネージメントの課題でもある相互運用性の包括的な検証とテクニカルソリューションガイドの開示によりSANマネジメントのより一層の簡素化を実現しています。今回稼動開始された広域ストレージネットワーク検証設備は、現在市場で唯一の実回線付検証設備として、多岐に渡る課題のなかで最善のデータ保護とストレージ管理、ビジネス・コンティニュイティの実現を目指すお客さまに、ストレージ技術・製品を十分なテストおよび検証済みの広帯域ストレージネットワーキング・ソリューションとしてご提供するうえで多大な貢献をするものであり、当社は今後も両社との協業体制を強化して参ります。
コンピュータ・アソシエイツ株式会社 代表取締役社長 三ッ森 隆司

●住商エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長 阿部 康行)
IT導入の急激な進展・拡大に伴って、データ量が大幅に増大し、企業におけるストレージマネージメントの重要性は年々高まっています。また、企業における情報システムの 戦略的な役割が増すにつれ、自然災害、事故、犯罪、人為的ミスなどによるシステム停止に対して、充分に備える必要も出て参りました。
『広域ストレージネットワーク検証設備』は、まさに時代が必要とする最新のソリューション検証の場として広く社会に貢献するものと確信いたしております。
住商エレクトロニクス株式会社 代表取締役社長 阿部 康行

●東京エレクトロン株式会社(代表取締役社長 東 哲郎)
東京エレクトロン株式会社は、ヘテロジニアスなSAN環境構築を中心に最先端のSANソリューションを提供してきました。さらに広域ストレージネットワーク環境構築においてNTTコミュニケーションズ株式会社さまやストレージベンダー各社さまと協調して、DR(ディザスターリカバリー)などの最新ソリューションを提供してまいります。
今回の広域ストレージ・ネットワーク検証設備の開設は、更なるSAN市場の発展拡大とビジネスチャンスの拡大を予感させる画期的な試みであり、ストレージ・マネジメント・サービスを日本から世界にグローバル展開が可能として当社も大いに期待しております。
東京エレクトロン株式会社 コンピュータ・ネットワークB.U. ジェネラルマネージャー 天野 勝之

●株式会社東芝(取締役社長 岡村 正)
東芝は、ミッドレンジクラスでは先進のハードウェア制御によるミラーリング機能を持つディスクアレイ装置『ArrayFortシリーズ』を核に、お客さまのシステムの高可用性を第一に考えたオープンで柔軟なストレージ・ソリューションを提供しています。ストレージ・ネットワーキングのオープン化や広域化が進む中で、当社は、今回の検証環境の開設を歓迎するとともに、参加ベンダーと協力してお客さまの迅速で確実なストレージ・ソリューションの実現に貢献して参ります。
株式会社東芝 e-ソリューション社 コンピュータ・ネットワークプラットフォーム事業部
事業部長 名倉 邦博

●日本アイ・ビー・エム株式会社(代表取締役社長 大歳 卓麻)
日本IBMは、NTTコミュニケーションズとブロケード コミュニケーションズ システムズによるIPネットワークを基盤にした「広域ストレージネットワーク検証設備」の開設を歓迎します。当社では、SAN対応の大型ストレージ「ESS」を中心にファイバーチャネルSANやIP SANを組み合わせたストレージ・ネットワークを推進しています。今後も3社の協業を進め、業界最高水準のストレージ・ネットワークをお客さまに提供していきます。
日本アイ・ビー・エム株式会社 理事・ストレージ・システム製品事業部長 和田 昌佳

●日本ストレージ・テクノロジー株式会社(代表取締役社長 ジョン・S.スクロッポ)
日本ストレージ・テクノロジー社は、NTTコミュニケーションズさまとブロケードさまが発表された「広域ストレージネットワーク」検証設備にご協力できることを大変光栄に存じます。各企業にとって情報は、人的資産を別にすると最も大切な財産です。よって、データの保護は、企業のビジネスの継続だけでなく、その企業自体の存続にもかかわる重要課題となっております。この度ご提供する予定の弊社のLシリーズ・テープ・ライブラリーは、高信頼性のバックアップ装置です。ファイバ・チャネル接続によりSAN環境に対応し、これからビジネス・コンティニュイティ(ビジネスの継続性の維持)の実現をめざすお客さまにとって、最適なソリューションを提供いたします。この検証設備が、今後、業界の標準化を推し進めることとなることを深く願っております。
日本ストレージ・テクノロジー株式会社 代表取締役社長 ジョン・S.スクロッポ

●日本電気株式会社 NECソリューションズ(取締役専務 カンパニー社長 金杉 明信)
NECソリューションズは、世界最高速のストレージ製品である「iStorageシリーズ」を用いてストレージビジネスを展開しており、お客さまと共にオープンミッションクリティカルシステムの構築を行っております。今回ストレージ・マネジメント・ラボにて実証される環境は、弊社のビジネスソリューション体系「iBestSolutionsV2」と親和性が高く、ミッションクリティカルなユーザニーズに的確に合致し、先進のストレージソリューションを提供できると期待しております。
NECソリューションズ システムファイル事業部 事業部長 大森祐三

●株式会社 日立製作所(取締役社長 庄山 悦彦)
さま々な情報を支えるストレージ市場は、お客さまの需要が増え、益々拡大化している状況です。日立製作所は、これら、情報のライフラインを支えるストレージビジネスにおいて世界最高峰のストレージ製品であるSANRISEシリーズとストレージをより有効に効率的に活用すべく、さま々なストレージソリューションを中心にグローバルなビジネスを展開しており、かつ、ベストソリューションパートナとなることをお客さまにお約束しております。
今後、次なる進化を遂げるネットワークストレージ時代の先駆けとして広域ストレージ・ネットワーク検証設備は、絶大なる役割を果たすことと当社も大いなる期待をしております。
株式会社 日立製作所 RAIDシステム事業部 事業企画本部 本部長 尾形幹人

● ベリタスソフトウェア株式会社(代表取締役社長 上村 美喜男)
ベリタスソフトウェアはこのたびの共同検証に参加できることを大変光栄に思います。弊社が提供しているマルチベンダー、マルチプラットフォームに対応したさま々なストレージソフトウェアソリューションが今後の高速な広域ストレージネットワークの構築においてお役に立てることを願っております。
今後も、この検証作業とベンダー各社の協業を通じてお客さまの立場に立った 、より良いストレージソリューションを提供できることを期待しております。
ベリタスソフトウェア株式会社 代表取締役社長 上村 美喜男

●レガートシステムズ株式会社(代表取締役社長 濱田 裕司)
企業がかかえるデータ量が日増しに増大し続ける中、それを管理する環境も複雑化しています。ビジネスの継続、たとえ災害が発生した場合でも、迅速なリカバリが求められます。
今回の「広域ストレージネットワーク検証設備」において、ヘテロジニアスな環境で、各種データベースオンラインバックアップおよびディザスタリカバリソリューション、それに伴うヘテロジニアスなデバイス系のマネージメントなどのソリューションを提供し、皆さま方に貢献するものと確信いたします。
レガートシステムズ株式会社 代表取締役社長 濱田 裕司

NTTコミュニケーションズ株式会社について
名称 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社 (略称:NTT Com)
所在地 〒100-8019 東京都千代田区内幸町1-1-6
営業開始日 1999年7月1日
資本金 211,650百万円(2002年3月31日現在)
従業員数 約7,500名(2002年3月31日現在)
事業内容 電気通信事業など
Webサイト http://www.ntt.com

Eプラットフォームサービス部に関する詳しい情報については、http://www.ntt.com/eps をご覧ください。

ブロケード コミュニケーションズ システムズ 株式会社について
ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社は、米国Brocade Communications Systems, Inc.(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:BRCD、以下Brocade)の100%出資日本法人です。Brocadeは、業界をリードするインテリジェントなストレージ ネットワーキング プラットフォームを提供しています。BrocadeはSAN(Storage Area Network)向けファイバーチャネル ファブリック ソリューション市場のリーディングサプライヤであり、ファイバーチャネル ファブリック スイッチ市場において90パーセントを超えるシェアを獲得しています。
BrocadeのSilkWorm®ファブリック スイッチ ファミリーとソフトウェアは、企業におけるデータの可用性とストレージ、サーバー資源を最適化するように設計されています。企業では、Brocadeのソリューションを使用することによって、SANを簡単に実現し、データストレージ環境のTCO(Total Cost of Ownership)を低減し、ネットワークとアプリケーションの効率を高めることができます。ブロケードの詳細については、Webサイトhttp://www.brocadejapan.comをご覧いただくか、電子メールjapan-info@brocade.comにお問い合わせください。

*本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。



<本件に関するお問い合わせ先>