[ PRESS RELEASE ]
平成14年7月15日
MOフォーラム
NTTコミュニケーションズ株式会社


3.5型MOの「メディアID」機能対応
ブロードバンドコンテンツ配信サービスの推進について


 MOフォーラム(幹事会社:オリンパス光学工業株式会社)とNTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は共同で、著作権保護機能を備えた3.5型MOの「メディアID」に対応したブロードバンドコンテンツ配信サービスを推進していくこととしました。

 この「メディアID」機能の普及を目指し、MOフォーラムとNTT Comが共同で様々なコンテンツへの展開を図るべく各コンテンツホルダ様への呼びかけを行ってきましたが、9月より株式会社小学館様のdigi-KISHIN(http://www.digi-kishin.com)、株式会社ポニーキャニオン様のRaceQueenVision(http://www.racequeenvision.com/) において、「メディアID」機能に対応したコンテンツ配信プラットフォームを新たに提供することとなりました。


●digi-KISHIN
「digi-KISHIN」は写真家、篠山紀信氏のクリエーターネームであり、サイトネームでもあります。今最も輝いている女性たちの「動く写真集」です。

●RaceQueenVision
爆発的な人気を誇るレースクイーンの全てを網羅したサイトです。


 なお、すでに配信を開始しております株式会社モーションプロ様および日商岩井マシナリーシステム株式会社様と合わせて、さらなるコンテンツの増加を図っていきます。


 今後もMOフォーラムとNTT Comは様々なコンテンツホルダ様と協力して、MOディスク装置の最新技術と、NTT Comの国内最大の音楽・映像のコンテンツ配信プラットフォームおよび様々なジャンルのコンテンツホルダ様の所有するコンテンツを融合させることにより、ディジタルコンテンツ配信産業の発展と市場の拡大を推進していきます。

●MOフォーラムとMO業界の現状
 MOフォーラムとは、3.5インチMOを中心としたMOファミリ-のドライブ、 ディスクの普及とユーザの啓蒙を目的に、メーカー8社で構成されている団体です。
(オリンパス光学工業株式会社、コニカ株式会社、ソニー株式会社、帝人株式会社、日立マクセル株式会社、富士通株式会社、三菱化学メディア株式会社、RITEK CORPORATION)
(50音順)

 メディアID対応のMOドライブは、2002年6月現在、すでに100万台以上が市場に提供されており、2002年末には200万台以上の対応ドライブが市場に提供されると推定されます。(年末のブロードバンド推定加入者数、約600万人の1/3相当)
 また、メディアID対応メディアもメディアメーカー各社より発売され、全国各地で入手可能となっています。

 MOドライブは、10代の学生から60代の方まで幅広く支持されております。ユーザ層としては、男性では会社員を中心にPC経験者、女性では会社員や主婦でPC経験のあるユーザであり、ともにADSLなどのブロードバンド接続可能ユーザが多いと推察されます。


●メディアID対応MOへの配信サービスについて
(1)エンドユーザ様のメリット
 これまでコンテンツ資産はハードディスクに保存されることが多く、コンテンツを再生する環境が固定されるとともに、ダウンロードを重ねるとハードディスク容量が圧迫されていました。また、コンピュータウイルスの感染やPCの故障などの予期せぬ不具合で、大事なコンテンツ資産を消失してしまうことも少なくありません。しかし、メディアID対応MOに保存することでこのような問題を回避でき、MOライブラリとして収集・保存する楽しみが可能になります。

(2)コンテンツプロバイダ様のメリット
 現在、ストリーミングサービスを楽しむためには十分な通信速度が必要です。このためサービスを楽しめるユーザが制限されると同時に、ネット接続環境下での利用が前提となるためコンテンツを楽しむ場所が制約されます。人気のコンテンツでは、アクセスが集中してユーザの満足できるクオリティを保てない可能性もあります。これに対してメディアID対応MOへのダウンロードサービスは、上記の問題が大幅に解消され、なおかつ利便性が高まります。一例としてe-Learningなどのサービスで利用した場合、いつでもどこでも学習することができ、学習効率を大幅に高めることができます。

 話題の高いホットなコンテンツ提供やパッケージ販売に踏み切る前のテストマーケッティングに最適です。他にもコンテンツに予告や宣伝広告などを付加することで新たな宣伝媒体として利用することもできます。

 メディアID自体は、メディアメーカーで出荷時に記録がなされ、ユーザが書き換えをすることができませんので、不正コピーなどの心配がない信頼性の高い著作権保護機能を備えています。

 簡単操作と長期保存に最適なMOメディアの信頼性で、有料コンテンツを長期に安全に保存できるという安心感が、ユーザの購買意欲を高めます。


【用語説明】
*1 「メディアID」機能
ネットワーク時代におけるディジタルコンテンツなどの流通において課題とされている著作権保護への対応を、3.5型MOディスク装置とメディアに固有の番号を付加することにより、実現させるための機能です。
【商標】
* 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の登録商標または商標です。
以 上


 MOフォーラムに関するお問い合わせなどは下記ホームページをご参照ください。
ホームページアドレス:http://www.mo-forum.gr.jp/


<本件に関するお問い合わせ先>