OCN -Open Computer Network-

送信ウイルスチェックサービス

よくあるご質問

こちらは送信ウイルスチェックサービスのよくあるご質問のページです。

送信ウイルスチェックサービスの概要について

Q1.「送信ウイルスチェックサービス」とはなんですか?

A1.本サービスは、OCNが提供するウイルス検知機能が付加された送信専用電子メールサーバをOCNのご契約者が利用することで、電子メールによるウイルス拡散を防御することが可能となるサービスです。
なお、検知が可能となるのは既知のウイルスのみとなり、一部が検知できないものもあります。

Q2.送信ウイルスチェック機能は、どのように実現するのですか?

A2. 弊社の採用するソフトウェアを利用することにより実現しています。ウイルスの検知は自動的に行われます。メールソフトのSMTPサーバ(送信サーバ)の設定を、ウイルス検知機能が付加された送信専用メールサーバにする必要があります。

サービスの仕様について

Q1.すべてのウイルスを発見できるのですか?

A1.パターンファイルは常に更新されておりますが、全てのウイルスに対して駆除を保証するものでは

   ございません。

Q2.ウイルスの検知が可能なウイルスの範囲は?

A2.その時点で、弊社のメールサーバ上にインストールされているウイルス対策ソフトウェアが提供する
ウイルスパターンファイルによって検知が可能なウイルスについてのみ対応します。

Q3.ウイルスが検知された場合は、どうなるのですか?

A3.ウイルスを検知した場合には、メールの送信がブロックされ、メールソフトにエラーメッセージが
表示されます。

Q4.ウイルスが検知された際、警告メールは送信されるのか?

A4.メール送信中(メール送信セッション中)にウイルスチェックを行うため、警告メールは送信されません。

Q5.なぜ警告メールを送信しないのか?

A5.最近のウイルスの多くはFromアドレスを詐称するため、ウイルスの送信元に警告メールを送信することが
できません。メール送信中(メール送信セッション中)にウイルスチェックを行うことにより、ウイルスを送信していないメールアドレスに警告メールが送信されることを防ぎます。

Q6.「送信ウイルスチェックサービス」は有料ですか?

A6.無料です。

Q7.「送信ウイルスチェックサービス」のどのように設定するのですか?

A7.メールソフトのSMTPサーバ(送信サーバ)の設定を、ウイルス検知機能が付加された送信専用メール
サーバにする必要があります。

Q8.使用しているメーラ(メールソフト)には依存しますか?

A8.インターネットメールの標準規格であるSMTPに準拠しており、SMTPサーバ(送信サーバ)の設定が
可能なメールソフトであれば利用可能です。

Q9.Macintosh、UNIXでも利用できますか?

A9.「送信ウイルスチェックサービス」では、メールのウイルス検知はすべてメールサーバ側で行われます
ので、お客さまがお使いのOSには依存しません。(メールソフトが対応している必要はあります。)

このページのトップへ