OCN -Open Computer Network-

マイアドレスプラス

 

JPドメインのメールアドレス 概要

ご利用中のOCNメールアドレス1つに付きJPドメインのメールアドレスを1つ作成することができ、
到着したメールはOCNメールアドレスと同じメールボックスに届きます。

マイアドレスプラス - JPドメインのメールアドレス概要 -

ご利用中のOCNメールアドレス1つに付きJPドメインのメールアドレスを1つ作成することができ、到着したメールはOCNメールアドレスと同じメールボックスに届きます。

覚えやすい個性的なメールアドレスが使えます!

また、作成したJPドメインのメールアドレスには便利に使える以下の機能があります。

指定受信機能

一時返信機能

キーワードアドレス機能

条件付きアドレス作成機能

指定受信機能とは

メール設定ページから事前に受信を許可するメールアドレスやドメインを受信許可リストに登録しておくことで、特定の人からのメールだけを届けます。

※ 機能はメール設定ページよりON/OFFの切替が可能です

s_domain1

一時返信機能とは

知らない相手から届いたメールに対して、送信元のメールアドレス専用の一時的なメールアドレスを発行して、自動的に返信します。同じ送信元のメールアドレスから一時発行したメールアドレスに再度メールが到着した場合にはOCNメールアドレスに届けます。

機械的な迷惑メール送信者は再送を行わないため、迷惑メールが届きにくい仕組みになっています。 また、システムが一時返信した履歴はメール設定ページで過去2週間分もしくは過去1000件分が閲覧可能です。

※機能はメール設定ページよりON/OFFの切替が可能です

※一時メールアドレスには3日、10日、30日でアドレスの有効期限を設定することが可能です

s_domain2

キーワードアドレス機能とは

メールアドレスのアカウント部分(@の左側)に”-”ハイフンに加えて任意の文字列(キーワード)をつけることでキーワード付きメールアドレスを最大100個まで作ることができます。 キーワード付きメールアドレスはメール設定ページより作成が可能で、それぞれの利用用途をメモする欄があります。

なお、キーワード付きメールアドレスには指定受信機能や一時返信機能は適用されません。

s_domain3

条件付きアドレス作成機能とは

「有効期限(必須)」「相手メールアドレスまたはドメイン(任意)」「件名キーワード(任意)」を条件に設定したメールアドレスを作成し、有効期限内に設定した条件に一致したメールだけを受信することができます。

s_domain5

指定受信機能と一時返信機能を組み合わせた動作

指定受信機能と一時返信機能はそれぞれ機能のON/OFFが可能で以下のような動作となります。

  指定受信機能 一時返信機能 動作
1 OFF OFF すべてのメールを転送する(デフォルト設定)
2 ON OFF 受信許可リストに一致したメールは転送し、それ以外はエラーメールを返信する
3 OFF ON すべてのメールに一時返信をする
4 ON ON 受信許可リストに一致したメールは転送し、それ以外は一時返信をする

このページのトップへ