Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
MVNO(仮想移動体通信事業者)とは?

MVNO(仮想移動体通信事業者)とは?

MVNO?

MVNO(エムブイエヌオー)って、ちょっと耳慣れない言葉ですね。携帯電話などの無線通信インフラを自社で持たずに、他社のインフラを借りて音声通信やデータ通信のサービスを提供する事業者のことをそう呼ぶんです。

そもそもMVNOとは?

MVNOは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略。何やら難しそうですが、携帯電話などの無線通信インフラ(ケータイやスマホに電波を送るための基盤のこと)を他社から借り受けてサービスを提供する事業者のことなんです。2001年秋に日本で初めてのMVNOが登場して以来、今ではたくさんの事業者がMVNOとして、いろんなサービスを提供しているんです。

設備を持たずにモバイルインターネット接続サービスを提供

スマートフォンやタブレット、ノートパソコンを外出先で快適に使うために、今や欠かせないものとなったモバイル通信(インターネット接続)サービス。今では、「OCN モバイル ONE」をはじめ、たくさんの事業者・企業から提供されているさまざまなサービスを選べるようになっています。

かつて、モバイル通信サービスは、自社で移動体通信網設備を持ち、電気通信事業法や電波法に則って総務省から電波利用免許の交付を受けた移動体通信事業者(携帯電話キャリア)しか提供できませんでした。そのため、サービスの内容や利用料金は携帯電話キャリア数社が決めた画一的なものになりがちで、ユーザーにとって十分な選択肢が用意されているとは言いがたい状況だったんです。

そんな状況を一変させたのがMVNOです。いろんな事業者・企業がキャリアの無線通信インフラだけを借りて、「映像コンテンツに強い」「人気キャラクターブランドのケータイ」といった独自の付加価値をつけて参入したことで、私たちユーザーは、各社のサービス内容・特色や料金プランから判断して、自分にいちばんピッタリくるサービスを選べるようになってます。

現在、国内のMVNO事業者が提供するのは、NTTドコモの3G通信「FOMA」と、LTE通信「Xi」(クロッシィ)の両通信網を利用したモバイルインターネット接続サービスです。ユーザーは、これらの通信規格に対応したNTTドコモのモバイル端末(スマートフォン、タブレット、モバイルルーターなど)と、W-CDMA通信規格対応のSIMフリー端末として国内販売されているすべてのモバイル端末でMVNOによるサービスを利用できます。

携帯電話キャリア:無線インフラ(ケータイやスマホに電波を送るための基盤のこと)→MVNO事業者:インフラだけ借りる。映像コンテンツやキャラクターブランドなど、MVNOの強みをいかしたモバイル通信サービスが可能に!→ユーザー

MVNOは何がすごい?

MVNO事業者のモバイル通信サービスを利用するメリットとしては、魅力的な料金プラン、いろんなサービスを選べること、携帯電話キャリア各社の電話番号からMNP(携帯電話番号ポータビリティー)ができることなどがあります。

たくさんのMVNOサービスから、自身の使い方にピッタリ合ったものを選べる

私たちユーザーにとってやっぱり気になるのは、モバイル通信サービスの利用にかかる月々の通信料ですよね。MVNO事業者のサービスは、おトクな料金を打ち出しているものが多く、携帯電話キャリアによるサービスと比べて、たいていの場合、よりリーズナブルな料金でモバイルでのインターネット接続が楽しめます。

サービスの内容についても、MVNO事業者それぞれの特徴や個性がアピールされていて、私たち自身の使い方にもっともマッチしたサービスを選ぶことができます。例えば、「タブレットでストリーミング動画をよく観るので、月々のパケット使用量の上限や通信速度に余裕があるサービスがいい」「SNSとメールの送受信がメインなので、低速でもいいからとにかく通信料が安いサービスにしたい」といったニーズに対して、ベストマッチなサービスを見つけることができるんです。

スマホの料金を安くできる?

MVNOによるモバイル通信サービスは、タブレットやモバイルルーターの割安なデータ通信手段として利用されることが多いですが、それ専用というわけではないんです。そこで、一般的なキャリアのスマートフォンと同じような音声通話をリーズナブルに利用できるプランや方法をご紹介しますね。

IP電話アプリで、スマホでの音声通話を割安に使える

「スマホの月々の料金、もっと安くできないだろうか?」――そのようなユーザーのニーズにこたえるべく、いくつかのMVNOサービスでは、データ通信プランに音声通話プランを追加できるようにしています。音声通話プランを加えたトータルの料金で見ても、たいていの場合キャリアとの契約よりも安くなるので、データ通信メインで使う2台目の端末での利用をはじめ、人気を集めています。

また、データ通信のみのプランでも、音声通話を使えるようにする方法が実はあるんです。それは、「IP電話」のアプリを活用するやりかたです。

例として、スマホで使えるNTTコミュニケーションズのIP電話アプリ「050plus」での利用のイメージを説明しましょう。050plusでは、その名前のとおり050で始まる個別の電話番号を持つことができ、IP電話アプリ同士のみならず、普通の電話として携帯電話やスマホ、固定電話との通話が可能です。ということは、そうです! これをMVNOサービスと組み合わせれば、音声/データ通信ができる“普通のスマホ”を普通のキャリア契約よりも割安に利用できるというわけです。

※:携帯電話キャリア各社の料金プランによっては、必ずしもMVNO事業者の料金プランのほうが割安にならない場合があります

IP電話アプリ(050plus)

IP電話アプリ(050plus)

インターネットを経由して音声データをやりとりすることで、低額な通話料を実現した電話アプリです。(iPad/iPhone/iPod touch/Android™端末、Windowsパソコン対応)

月額基本料300円(324円)

このページのトップへ