OCN -Open Computer Network-

OCN IPv6インターネット接続

OCN IPv6インターネット接続

OCNのIPv6対応について

従来のPPPoE方式*1によるインターネット接続機能に加えて、ネットワーク設備の大容量化およびIPv6対応を可能にするIPoE方式*2のインターネット接続機能を導入します。これにより、IPv4通信とIPv6通信の分散化を行うことで、利用の集中による混雑の緩和を図り、通信品質の向上に努めます。

IPv6とは

IPv6とは、「Internet Protocol Version 6」の略で、IPv4の後継となる次世代のインターネット・プロトコルです。IPv4と比較してアドレスが128ビットに拡張されていることから、膨大な数のアドレス付与が可能となり、IPv6では数的に地球上のあらゆる物をインターネットへ接続できるようになります。 現在、世界中で「IPv6」への移行の取り組みが進められています。OCNでも、お客さまに将来にわたって安定的にインターネットをご利用いただけるよう、移行を進めています。

*1 PPP over Ethernetの略。インターネットの利用者とISP事業者間の接続で多く利用されている従来型の接続方式のこと。

*2 IP over Ethernetの略。Ethernetを使ってIPパケットを伝送する方式のこと。NTT東日本・西日本が提供するフレッツ網におけるIPv6アドレスにも対応している。

概要

IPv6インターネット接続は、「IPoE方式」と「PPPoE方式」の2種類があります。

OCN IPv6インターネット接続機能

このページのトップへ