新型コロナウイルス(COVID-19)に関するサービスへの影響について 別ウィンドウで開きます

OCN -Open Computer Network-

OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

ここでは、最新のセキュリティ情報やセキュリティコラムをご覧いただけます

インターネット上の脅威

E-Mailにご注意を

迷惑メールの対処方法

件名やキーワード指定で迷惑メールを排除する

メールソフトで受信操作を行うと、自分あてのE-mailを保管しているサーバへアクセスし、届いているE-mailをすべてダウンロードします。OCNでは「迷惑メールブロックサービス」をご活用いただくことで、ある程度のフィルタリング(条件を設定して処理を分けること)が行えますが、すべての迷惑メールを排除することはなかなか難しいのが実情です。

  • ウイルスメールなどで使われる件名は「自動削除設定」で排除する
  • 「!広告!」などキーワードで捕捉できるものは「迷惑メール防止設定」で排除する
  • メールソフトのフィルタリング機能も併用する

迷惑メールへの対処としてはこのようなところです。

また気をつけたいのは、迷惑メールの案内に基づいて「送信解除」の手続きを行うと個人情報を盗もうとする悪質なWebサイトへ誘導されることもあります。基本的には無視するというのが無難でしょう。

メールソフトのフィルタリング機能を利用する

メールソフトには、メールの件名や送信者名、送信元アドレス、本文中のキーワードなどを登録することにより、受信動作時に該当するE-mailを自動的に削除するといった便利な機能が備わっています。

ソフトにより設定方法は異なりますが、迷惑メールが届いた際に追加登録していくことで、ほとんどの迷惑メールを自動的に削除することが可能になります。

目的別にメールアドレスを使い分ける

迷惑メールは、さまざまな手段でメールアドレスを入手し送信リストに加えています。その情報源としては下記のようなケースが考えられます。

  • Webサイト上に表示されている連絡先メールアドレスを収集する
  • 悪質なアンケートサイト、懸賞サイト、メールマガジン登録などから入手する

自分のWebサイトへメールアドレスを表示したり、アンケートや懸賞などへ申し込んだりしなければ、メールアドレスが流出する危険性はかなり少なくなります。そこでおすすめしたいのが目的別にメールアドレスを使い分けることです。

  • Webサイトなどへ表示するメールアドレス
  • アンケートや懸賞、メールマガジンなどで使用するメールアドレス
  • 友人・知人等に伝えて使用するメインのメールアドレス

このようにメールアドレスを分け、メインのメールアドレスのみメールソフトで送受信し、その他のメールアドレスについてはブラウザを使った「Webメール」で済ませば、迷惑メールを受信する確率はかなり低くすることができます。

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

製品ピックアップ

特集

このページのトップへ