新型コロナウイルス(COVID-19)に関するサービスへの影響について 別ウィンドウで開きます

OCN -Open Computer Network-

OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

ここでは、最新のセキュリティ情報やセキュリティコラムをご覧いただけます。

インターネット上の脅威

E-Mailにご注意を

送受信の仕組み

受信と送信は利用するサーバが違う

E-mailの送受信は、使用しているパソコンにインストールした「メールソフト」と、契約しているプロバイダに用意された「メールサーバ」との間で行われます。メールサーバは、他のユーザーへE-mailを送信するために使用する「SMTPサーバ」と、自分あてに届いたE-mailを受け取り一時保管してくれる「POPサーバ」の2つに役割が分かれています。

img_internet01_05_01
SMTPサーバとPOPサーバがセットになってメールの送受信を実現している
  • メールソフトからE-mailの送信操作を行うと、SMTPサーバへデータが送られます
  • SMTPサーバは、送信先アドレスをチェックして該当する相手のPOPサーバへデータを転送します
  • 相手がメールソフトで受信操作を行うと、POPサーバに届いたE-mailデータを受け取ることができます

メールサーバの利用にはユーザー認証が必要

自分あてに届いたE-mailは、他のユーザーが勝手に受け取ったり削除できるようでは困ります。そのためにPOP サーバでは、本人からのアクセスであることを確認するためにパスワードを要求するようになっています。これがお客さまにお伝えしている「メールパスワード」です。郵便受けのカギのような役割になります。

メール送信時に利用するSMTPサーバは、送信したメールデータを相手のメールサーバへ転送する役割を担っているだけですので、とくにパスワードを必要とはしていません。

ただし、他社の回線接続を利用してOCNのE-mailサービスを使用する場合には、いったん受信操作を行い、OCNユーザーであることを認証してからでなければ送信できない仕組みとなっています。これは迷惑メール業者などに不正にSMTPサーバを使用されることを防止するためなのです。

OCNのメールサーバは、メールソフトとサーバとの間でパスワード情報をやり取りする際に、暗号化を行いセキュリティを高める「APOP」にも対応しております。ただしAPOPによるパスワード認証を利用するには、APOPに対応したメールソフトが必要になります。

用語解説

SMTPサーバ
E-mailを送信するために利用するサーバ。相手先のPOPサーバへE-mailデータを転送する役割を果たします。SMTPは「Simple Mail Transfer Protcol」の頭文字です。

POPサーバ
各ユーザーあてのE-mailを受け取り、一次保管するためのサーバ。POPは「Post Office Protocol」の頭文字からきており、まさに郵便局兼郵便受けのような役割を担っています。

メールアカウント
POPサーバを利用するために必要な「ログイン名」「パスワード」のセットのことを指します。

POP Before SMTP
メールソフトに用意されている機能のひとつで、E-mailを送信する際に、自動的にメール受信操作を行ってからSMTPサーバを利用するように動作する設定のことです。上記で解説したような他社の回線接続時に便利な機能です。

APOP(エーポップ)
従来のパスワード認証では、パスワード情報を「平文」(暗号化していないテキスト状態のこと)でやり取りするため、万が一通信を傍受された場合にパスワードが漏洩する恐れがあります。APOPではパスワード情報自体が暗号化されるため安全性が高くなります。

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

製品ピックアップ

特集

このページのトップへ