新型コロナウイルス(COVID-19)に関するサービスへの影響について 別ウィンドウで開きます

OCN -Open Computer Network-

OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

最新セキュリティ情報

国内のEMOTET感染機器に対する注意喚起に便乗した詐欺や攻撃に注意
[ 2021/02/24 ]

総務省、警察庁、一般社団法人ICT-ISACは2月19日、海外の捜査当局から提供された情報をもとにマルウェア「EMOTET」(エモテット)に感染している国内の機器利用者に注意喚起を行うことを発表するとともに、この活動に便乗した詐欺や攻撃への注意を呼び掛けています。

EMOTETは、主にメールに添付された文書ファイルのマクロ機能を感染経路としたマルウェア(不正プログラム)で、世界的被害に加え2019年から国内でも被害が深刻化していたサイバー攻撃の一つです。EMOTETに感染すると、感染端末の遠隔操作や情報漏えい、他のマルウェアへの感染といった被害に遭う可能性があります。

EMOTETによる脅威は、1月27日にEUROPOLとEUROJUST(欧州司法機構)の調整の下、合わせて8カ国の法執行機関などが共同してEMOTETのテイクダウン(攻撃指令サーバの停止)が発表され、攻撃の収束を迎えることになりました。それにより警察庁に対しても情報提供が行われ、2月下旬からはこうした情報をもとに国内の感染機器の利用者を特定し、インターネットサービスプロバイダ(ISP)から注意喚起を行う予定となっています。注意対象の機器の利用者には、総務省の「NOTICEサポートセンター」が、サイトや電話を通じて対策を案内するとのことです。
この活動では、ISPやサポートセンターが費用を請求したり、設定しているパスワードを聞き出したりすることはありません。便乗する詐欺や攻撃などには注意してください。

しかし、既にEMOTETによって奪われてしまった情報を取り戻すことはできません。感染端末の利用者は、マルウェアの無効化に加え、JPCERT/CC(一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター)の案内などを参考にパスワードの変更等を速やかに行うとともに、流出した情報が今後もサイバー犯罪者に悪用される可能性があることを認識しておきましょう。たとえば、メールに係わる情報が流出していた場合、継続的に不正メールを受信する可能性があります。メールのフィルタリングやセキュリティ対策製品による保護を欠かさないようにしてください。
また、EMOTETがテイクダウンされても、新たなマルウェアが台頭してくる可能性が大いにあるため油断しないようにしましょう。セキュリティ対策は基本が大切です。添付ファイルやURLリンクを安易に開かないようにしてください。脆弱性や最新の脅威によるリスクを下げるには、OSやソフト、セキュリティ対策製品を最新の状態に保って利用してください。大切な情報は定期的にバックアップを取っておきましょう。そして、どのような脅威があるか知っておくことも大切です。セキュリティに関する注意喚起などを定期的に確認するようにしてください。

関連記事
サイバー犯罪の根本解決:EUROPOLによるEMOTETテイクダウン


Copyright © 2022 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

製品ピックアップ

特集

このページのトップへ