OCN -Open Computer Network-

OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

最新セキュリティ情報

フィッシングの報告件数が急増、10月のみで8千件を突破|フィッシング対策協議会
[ 2019/11/08 ]

フィッシング対策協議会は11月6日、フィッシングに関する10月の集計結果を発表しました。

それによると、同協議会に寄せられたフィッシング報告件数は、前月の6,218件より1,816件増加し8,034件。今年に入ってから増加傾向が続いていましたが、最大幅の増加となりました。仮にこのペースが続いたとすると、年内にも月1万件を突破する可能性があります。

フィッシングサイトのURL件数(重複なし)は、前月の2,087件より410件増加し2,497件で、これもここ数か月のなかでは最も大きな伸びを見せています。フィッシングに悪用されたブランド件数(海外含む)も、前月より8件増加し55件でした。
Amazon、Apple、あるいは金融機関等を騙るフィッシングメールの報告が増えている一方、LINE、マイクロソフト、クレジットカードブランドについても、引き続き高止まりとなっています。SMSを悪用したフィッシング(スミッシング)の報告も増えており、金融機関等をかたるSMSの事例も確認されています。
そのほか、航空会社からの払い戻し名目に見せかけ、クレジットカード情報を詐取しようとする手口、Apple製品が当選したと偽り有料サービスに登録させようとする手口等が確認されました。

偽サイトで情報を入力してしまうと、さまざまな被害に遭う可能性があります。不審なメールを受け取った場合は、各サービス事業者の問い合わせ窓口、またはフィッシング対策協議会に連絡してください。 また、不審なサイトやメッセージによる脅威のリスクを下げるためにも、セキュリティソフトやアプリを必ずインストールし、最新の状態に保って利用しましょう。

Copyright © 2020 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

製品ピックアップ

特集

このページのトップへ