OCN -Open Computer Network-

OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

最新セキュリティ情報

青少年が契約当事者の相談のうち、約7割超がネットトラブル|国民生活センター
[ 2019/08/13 ]

独立行政法人国民生活センターは8月8日、子どもがインターネットでのトラブルに遭わないよう、保護者と子どもに、あらためて注意を呼びかけました。

近年スマートフォンの利用が拡大するとともに、青少年が当事者となるようなネットトラブルも後を絶ちません。全国の消費生活センター等に寄せられる相談数によると、2010年度以降、契約当事者が小学生・中学生・高校生の相談のうち、電子商取引に関する相談件数が全体の7割を超えているとのことです。

相談の一例
・保護者に内緒でオンラインゲームでの高額な課金をしていた
・アダルトサイトで突然「登録完了」の画面が表示され、支払ってしまった
・出会い系サイトで異性と知り合ったが出会えず騙された
・1回だけのつもりで健康食品や化粧品を注文したが、定期購入が条件となっており支払えない
・インターネット通販やフリマサービスで商品を購入したが、商品が届かない
・SNSの広告を見てジャケットを注文したが偽物だった

このようなトラブルを防ぐためのアドバイスを、保護者と子どもに向けてそれぞれ次のように挙げています。

保護者へのアドバイス
1.インターネット利用にあたってのルールを話し合いましょう
2.子どものインターネット利用を把握し、クレジットカード等はしっかり管理しましょう
3.料金や契約内容・解約条件等を確認しましょう
4.不安に思った場合やトラブルになった場合は消費生活センター等に相談しましょう

子どもへのアドバイス
1.インターネットは家族で決めたルールを守って使いましょう。
2.クレジットカードを使うことはお金を支払うことといっしょです。クレジットカードを勝手に使ってはいけません。
3.トラブルにあったときは、ひとりでなやまず家族に相談しましょう。

保護者は子どもと話し合ってネット利用のルールをつくり、子どもが不要なトラブルに巻き込まれないようにしましょう。もし不安に思った場合や、トラブルになった場合は、消費者ホットラインの電話番号「188」(いやや!)で相談先を確認し、最寄りの消費生活センター等に相談をしてください。

Copyright © 2019 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

製品ピックアップ

特集

このページのトップへ