Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
ocn

OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

最新セキュリティ情報

バックアップはなぜ必要?どう行えばいい? マイクロソフトが解説
[ 2018/10/12 ]

日本マイクロソフトは、サイバー犯罪・サイバー攻撃による被害を減らす基本対策として、「セキュリティ基本対策5か条」を提言しています。同社のセキュリティチームは10月11日に「第5条 バックアップの取得を設定する」の解説を公式ブログで公開しました。

【セキュリティ基本対策5か条】
第1条 最新の状態で利用する
第2条 アクションセンターで PC のセキュリティやメンテナンス状況に問題がないかを確認する
第3条 アカウントやパスワードを管理する
第4条 暗号化を行う
第5条 バックアップの取得を設定する

データ復旧には、なによりもバックアップが有効です。ランサムウェアによりデータが暗号化されたり、サイバー攻撃によりデータが消失したりしても、バックアップさえあれば復旧できる可能性があります。今回のブログ記事では、「第5条 バックアップの取得を設定する」に基づき、バックアップが必要な理由、バックアップ先としてのクラウドの利用、フォルダーのアクセスコントロール等を解説しています。

マイクロソフトでは、バックアップの保存先として同社のクラウドサービス「OneDrive」を紹介するほか、Windows 10 Fall Creators Updateで追加されたセキュリティ機能「フォルダー アクセス (Controlled Folder Access) 」を解説。あらためてバックアップの重要性をユーザに向けて説明しています。

「セキュリティ基本対策5か条」については、「Microsoft セーフティとセキュリティ センター」サイトで紹介されており、YouTube動画の視聴も可能です。


「OneDrive」のバージョン履歴画面。バックアップをしておけばここから復元できる可能性がある
Copyright c 2015 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

 

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

製品ピックアップ

特集

このページのトップへ