Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
ocn

OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

最新セキュリティ情報

次期「サイバーセキュリティ戦略」が閣議決定、五輪後も見据えた施策を推進
[ 2018/07/30 ]

日本政府は7月27日、新たな「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定しました。

「サイバーセキュリティ戦略」は、サイバーセキュリティ基本法に基づく3年単位の行動計画です。サイバーセキュリティに関する施策の目標および実施方針を定めており、現計画は2015年9月から実施されています。現計画が終了を迎えるにあたり、時代変化を踏まえた新たな戦略(2018年戦略)が決定しました。

2015年以降、サイバー空間と実空間の一体化、AIやIoTの進展により、莫大なデバイスとデータが普及するようになりました。日本は2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会も控えており、サイバーセキュリティに関する取り組み強化は必須だと言えます。

2018年戦略では、2015年戦略で掲げられた「(1)情報の自由な流通の確保」「(2)法の支配」「(3)開放性」「(4)自律性」「(5)多様な主体の連携」の5つの原則を堅持しつつ、官民の取り組みを推進し、サイバー空間における安全・安心と経済発展を両立させることを目指しています。

具体的には、企業における意識改革やセキュリティ投資の推進、サイバーセキュリティビジネスの強化、安全なIoTシステムの構築等があげられています。また、重要インフラにサービス障害が発生した場合、国民社会に与えた影響全体の深刻さを、5段階で評価する取り組みが行われます。サイバー犯罪への対策も強化される方針です。

また、2020年東京五輪はサイバー攻撃のターゲットとなる可能性が高いため、大会に向けた態勢の整備を行うとともに、運用経験やノウハウを、大会以降のサイバーセキュリティ強化にも活用。そのため「サイバーセキュリティ対処調整センター」を、調整役・調整窓口(ナショナルCSIRT)とし、広く全国の事業者等に適用できるよう整備・普及を促進していくとのことです。

2018年戦略の概要は、内閣サイバーセキュリティセンターサイトよりPDFファイルがダウンロード・閲覧可能です。



サイバー攻撃による重要インフラサービス障害等の深刻度表(内閣サイバーセキュリティセンターの発表資料より)
Copyright c 2015 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

 

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition

【無料】ノートンセキュリティスキャン

PR

OCNセキュリティトップ

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

PR

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

製品ピックアップ

特集

PR

このページのトップへ