新型コロナウイルス(COVID-19)に関するサービスへの影響について 別ウィンドウで開きます

OCN -Open Computer Network-

OCN セキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

セキュリティコラム

ひろしとアカリのセキュリティ事情 ホームルータの管理画面パスワードの変更を忘れずに
[ 2021/02/18 ]
(高見部長の自宅)高見部長「最新のホームルータを買ってきたぞ」、妻「これで同時にテレワークでも通信が安定するかしら」
高見部長「そのはずだよ」、妻「ありがとう。Wi-Fiがないと仕事にならなくて」
高見部長「初期設定完了!」「あとは、管理画面のパスワードを変更しないとな」
高見部長「パスワードはお前の名前にしようか」(愛犬と戯れる。デレデレ)、妻「推測されやすいのは駄目です」(冷静に指摘)

ホームルータのセキュリティを確保していますか?

ホームネットワーク(家庭内ネットワーク)の構築に欠かせないホームルータ。それを使い始めるためのセットアップ作業はそれほど複雑ではありません。

現在市販されている主なホームルータは、スマホを介して簡単に初期設定を行えます。たとえば、スマホにインストールした専用アプリのガイダンスに従って操作するだけでホームルータとスマホのWi-Fi接続を完了できるといった具合です。

しかし、ホームルータを「簡単に使えること」と「安全に使えること」は別の話です。ホームルータを安全に利用するためにはWebブラウザや専用アプリからホームルータの管理画面にアクセスし、適切なセキュリティ設定を行わなくてはなりません。万一、ホームネットワークの要であるホームルータのセキュリティを破られると、そこに接続するすべての機器に通信傍受や不正操作などの危険が及んでしまいます。

重要なポイントの1つは、ホームルータの管理画面にアクセスするためのパスワードと、可能であればIDも変更することです。これらは製造元や機種ごとに工場出荷時の設定値が一律で決まっていることがあり、取扱説明書や製造元のホームページに公開されていることもあります。もし、それに該当するホームルータへの第三者のアクセスを許すと、初期設定のIDとパスワードで管理画面に入られ、設定を変更されてしまうかもしれません。たとえばDNS(ディーエヌエス:ドメインネームシステム)設定を書き換えられた場合、ホームルータに接続されたパソコンやスマホから正規のURLにアクセスしてもホームルータ上で行き先が変更され、偽のログインページや実在するショッピングサイトなどを模倣したフィッシングサイトへ誘導されるといったことが起こり得るのです。

ホームルータを安全に利用するためのポイントはいくつかあります。それらを押さえた上で用途に応じた適切な対策を行いましょう。

コンテンツ提供: トレンドマイクロ「is702」

Copyright © 2021 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

製品ピックアップ

特集

このページのトップへ