OCN -Open Computer Network-

OCN セキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

セキュリティコラム

ひろしとアカリのセキュリティ事情 お子さんのSNSトラブルを防ごう
[ 2017/08/10 ]

お子さんとSNSのプライバシー設定を見直そう

いまや、大人だけでなく、中高生にとってもFacebookやInstagramなどのSNSの利用は当たり前になりました。しかし、日常の出来事などを手軽に発信できるあまり、SNSでは不用意な情報公開がきっかけで犯罪やトラブルに巻き込まれてしまう危険性があることを覚えておかなくてはなりません。

たとえば、プロフィールや投稿の公開範囲を制限することなく、SNSを利用しているとどんなことが起こり得るでしょうか。

友人や知人、家族だけでなく、意図しない相手や見ず知らずの人にも名前や住所、電話番号、メールアドレス、写真などの個人情報、プライバシー情報が筒抜けになってしまいます。結果、個人情報を悪質な業者に売られたり、出会い系サイトに無断で写真を載せられたリ、ストーカーや脅迫などの被害に遭ってしまうことも考えられます。

SNS上で不特定多数に公開した情報は、だれに、どのような目的で見られているかわかりません。お子さんがSNSを使い始める際には、保護者はまず楽しい使い方と同時に危険があることの両方をきちんと伝えてあげましょう。そのうえで、お子さんと一緒にプロフィールに記載する内容を確認し、適切なプライバシー設定を行いましょう。

Facebookの公開範囲設定

次の記事を参考に設定してみましょう。

Instagramの公開範囲設定

Instagramの初期設定ではだれでもあなたのプロフィールや投稿を見ることができます。投稿を非公開に設定して、あなたが承認したフォロワーだけが見られるようにしておきましょう。

  • <Android端末>
    プロフィール画面を開いたら右上にある縦に3つの点が並んだアイコンをタップし、「非公開アカウント」をオンにします。
  • <iPhone>
    プロフィール画面を開いたら右上にある歯車のアイコンをタップし、「非公開アカウント」をオンにします。

Copyright c 2017 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

製品ピックアップ

特集

このページのトップへ