新型コロナウイルス(COVID-19)に関するサービスへの影響について 別ウィンドウで開きます

OCN -Open Computer Network-

OCN セキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

セキュリティコラム

ひろしとアカリのセキュリティ事情 LINEにパスコードロックを設定しよう
[ 2016/07/14 ]

パスコードでトークの盗み見を防ごう

LINEは、私たちの気軽なコミュニケーションに欠かせないツールになりました。友人との内緒話や仕事でのやりとりに利用する場合もあるため、端末をうっかり置き忘れてしまった場合などにトーク内容を不用意に第三者に見られたくないものです。そこで設定したいのがパスコードロックです。

パスコードロックは、LINEを起動する際に4桁の数字の入力を求められるようにする機能です。あなたがあらかじめ登録しておいた4桁の数字を入力しないと起動できないため、端末から目を離した隙や、端末の盗難・紛失時にだれかに勝手にLINEを起動され、トーク内容を盗み見られてしまうリスクを減らすことができます。

スマホ版LINEでの設定手順

  • 「その他」タブから「設定」をタップします
  • 「プライバシー管理」に進み、「パスコードロック」をオンにします。
  • 数字4桁のパスコードを2回入力すると、パスコードロックが設定されます。

iPad版LINEでの設定手順

  • 「設定」から「一般」へ進み、「パスコードロック」を選択します。
  • 「パスコードロックをオンにする」をタップし、数字4桁のパスコードを2回入力すると、パスコードロックが設定されます。

少しでもあなたのことを知っていれば推測できてしまう誕生日(1月1日なら0101)や、「0000」「1234」などの規則的な数字をパスコードとして設定するのは避けましょう。スマホ自体に設定しているパスコードと同じ数字を登録するとセキュリティを破られる可能性が高まるため、異なる数字を指定するのが賢明です。

※万一、パスコードを忘れてしまうと、LINEアプリを削除・再インストールしなくてはなりません。その際、過去のトーク履歴も削除されてしまうため注意してください。

LINEに限らず、健康情報など、プライバシーを保ちたい情報を保存するようなアプリには、アプリ単位でパスコードを設定する機能がついている場合があります。新しくアプリをインストールしたら、起動時にパスコードを設定する機能が利用できるか確認してみましょう。

Copyright c 2017 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

製品ピックアップ

特集

このページのトップへ