ocn

OCN セキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

セキュリティコラム

セキュリティの新機能と変更点は? Windows 10を安全に使うためのヒント
[ 2015/10/01 ]
セキュリティの新機能と変更点は? Windows 10を安全に使うためのヒント

Windows OSの最新バージョンWindows 10は、セキュリティ面においても進化を遂げています。今回は、Windows 10を安全に利用する上で知っておきたいセキュリティ関連の機能と変更点を紹介します。すでにWindows 10を使い始めている方も、これから使おうとしている方も参考にしてみてください。

セキュリティの目玉機能は?

Microsoft Windows Operating Systemの最新バージョンWindows® 10が2015年7月29日にリリースされました。注目は、リリースから1年間、Windows® 7、Windows® 8/8.1のライセンスを持っている方が無償でWindows 10にアップグレードできること。Windows 10をインストール済みのパソコンも続々と登場しているため、これからWindows 10を利用してみようと考えている方も多いのではないでしょうか。

Windows 10には魅力的な新機能がいくつもありますが、セキュリティ面で注目したいのが生体認証システムの「Windows Hello」と、新たな標準Webブラウザの「Microsoft Edge」です。それぞれについて見ていきましょう。

Windows Hello

Windows Helloは、顔認証、虹彩認証、指紋認証により目の前のユーザーを識別できる生体認証の仕組みです。Windows Helloを用いれば、これまでパスワードを入力していたログイン認証の操作が、カメラに顔を向けるだけで顔や虹彩を識別して認証されたり、指紋センサーに指を滑らせるだけで認証されたりするようになるのです。便利なだけでなく、本人しか持ちえない情報で認証されるため、パスワードの流出や第三者によるパスワードの推測によりデバイスへ不正ログインされることも防げます。

※ただし、Windows Helloを利用するためには、顔・虹彩認証に対応するWebカメラや指紋認証リーダーなどの機器が必要です。従来どおりパスワード認証にも対応しています。

Microsoft Edge(ブラウザ)

Windows 10では、Microsoft Internet Explorer®に変わる新たな標準Webブラウザとして「Microsoft Edge」を搭載しています。

※Internet Explorerにも引き続き対応しています。

セキュリティで注目すべき点は、Microsoft Edgeが脆弱性(セキュリティの弱点)の原因となり得る古い機能・技術のサポートを打ち切ったことです。これにより、脆弱性攻撃を受けるリスクが軽減します。また、Microsoft Edgeは、Windows OSの一部として設計されているIEと異なり、独立したアプリとして開発されています。訪問するすべてのWebページを保護された領域で開くことでセキュリティを確保できるのも特長です。

一点、Microsoft Edgeは、従来の標準ブラウザであったInternet Explorerを引き継ぐのではなく、新たな仕組みのブラウザとなっているため、現状一部のWebサービスやアプリで未対応の場合がある点には注意が必要です。各社の対応状況を確認するようにしましょう。

Windows Updateが完全自動更新に

Windows 10では、セキュリティパッチを含む更新プログラムの提供方法が旧Windows OSと異なります。

Windows 8.1までは「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」「Windows Updateによる自動更新を無効にする」など、ユーザーが更新方法を4つのオプションから自由に選択できました。一方、Windows 10では、Windows Updateの適用方法を「自動(推奨)」と「再起動の日時を設定するように通知する」のいずれかから選ぶことになります。従来バージョンでは、「Windows Updateによる自動更新を無効にする」を選択してしまうと、更新プログラムの適用を忘れてしまうリスクがあったのですが、それが軽減されたことになります。

Windows 10では、「スタート」の「設定」から「更新とセキュリティ」をクリックして「Windows Update」を選択し、関連の設定を行います。「詳細オプション」で更新プログラムのインストール方法として「自動(推奨)」を選択すると、更新プログラムが提供された時点で自動的に適用されます。「再起動の日時を設定するように通知する」を選択する場合、プルダウンメニューから再起動の日時を最大7日後までの間で指定できます。

セキュリティをより重視した機能が取り入れられたWindows10ですが、パソコンやネットを安全に使うための基本は同じです。総合セキュリティソフトを入れ、常に最新の状態にして使うことで、人の目では気づけない巧妙なネット詐欺やウイルスの感染を防ぎ、より安心してネットを楽しむことができます。これらのポイントを押さえてWindows 10を利用し、楽しく安全なデジタルライフを満喫しましょう。

Copyright c 2017 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

製品ピックアップ

特集

このページのトップへ