ocn

OCN セキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

ここでは、最新のセキュリティ情報やセキュリティコラムをご覧いただけます。

セキュリティコラム

ひろしとアカリのセキュリティ事情 2段階認証の利用で追加の安心を得よう
[ 2015/06/04 ]

パスワードだけで安心ですか?

SNSやネットショッピングなどのWebサイトにログインする際、多くの場合ID/パスワードの入力が求められます。ID/パスワードは、そのサイトにアクセスする人物が正しい利用者であることを証明し、第三者に勝手にログインされるのを防ぐ仕組みです。各サイトを家に例えると、ID/パスワードは家の鍵の役割を果たします。

ただし、ID/パスワードによる認証も、悪意ある第三者にID/パスワードを探り当てられたり、だまし取られたりした場合、あなたのフリをして不正にログインされてしまいます。鍵を盗まれて家に入られるのと同じことです。

そこで近年、2段階認証へ対応するインターネットサービスが増えてきています。

これはサイトへのログイン時にID/パスワードだけでなく、利用者本人だけが知ることのできる情報を追加で確認し不正ログインを防ぐ仕組みです。家のドアを二重にし、より強固な2つ目の鍵をかけることで、万一1つ目の鍵が盗まれても家の中への侵入を防ぐことができます。

たとえばGmailなどを使うためのGoogle Accountは、「2段階認証プロセス」、iTunesなどを使うためのApple IDは「2ステップ確認」という名前で2段階認証の仕組みを提供しています。

これらの仕組みを使うと2つ目の鍵となる情報(確認用コード)を、あらかじめ本人の指定したスマホなどで、ログインの度に受け取ってサイトに入力することになります。 このコードは一定時間ごとに変化する上に、利用者本人のスマホで取得する必要があるため、第三者がセキュリティを破るのはかなり困難です。より安全にサービスを使うために、2段階認証の利用も検討してみましょう。

*Apple, iTunesは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

OCNの総合セキュリティサービス

製品ピックアップ

特集

このページのトップへ