Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

浜松市

12市町村合併で誕生した新生「浜松市」は市民とのコミュニケーションにインターネットをフル活用している。そこで直面した「ウイルス感染」と「迷惑メール」の問題を解決したのは・・・?

業務でスマートフォン利用

課題

  • 積極的なインターネット利用が「ウイルス感染のリスク増」「迷惑メール増加」を引き起こした
  • ウイルス感染からの復旧に時間がかかり、その間PCが使えないことで業務に大きな支障をきたしていた
  • 迷惑メールの仕分作業が業務の妨げとなっていた

効果

  • LANに入り込む前にウイルスの侵入を阻止することで、感染をほぼゼロに抑えられた
  • ウイルス駆除などのパソコンの復旧作業から職員が解放された
  • 迷惑メールの仕分作業から解放され、誤って重要なメールを削除することがなくなった

ご検討中のお客さま お問い合わせ/お申し込み

0120-106107

受付時間 9:30~17:00
(土日祝日を除く)

浜松市
企画部 情報政策課 情報基盤管理グループ グループ長

佐原 氏

企画部 情報政策課 情報基盤管理グループ 小澤 氏

浜松市
企画部 情報政策課 情報基盤管理グループ

小澤 氏

city_hamamatsu_shizuoka_info01

3つのセキュリティの問題に直面、全てをアウトソーシングサービスで解決

課題

3つのセキュリティの問題に直面、全てをアウトソーシングサービスで解決

新生浜松市は、庁内業務の効率化による行政コストの節減や、行政サービスの向上など、地方行政が抱える課題の解決に早い時期から取り組んできた。その取り組みに欠かせないのが、ITの積極的な活用だった。

浜松市では、旧浜松市時代から市民とのコミュニケーションにインターネットを活用してきた。例えば、同市のホームページでは、各課の代表メールアドレスが公開されており、市民が気軽に問い合わせや相談が行えるようになっている。しかし、インターネットの利用にあたり、「ウイルス感染」や「迷惑メール」の増加という、大きな2つの問題に直面した。このため、これらを解決する手段としてOCNのセキュリティサービスを導入・利用しているのだ。浜松市の情報基盤を担当している、企画部 情報政策課 情報基盤管理グループ 佐原グループ長は、セキュリティ対策の重要性について次のように語っている。

「例えば、2~3台のPCがウイルスに感染すると、ウイルスを駆除してハードディスクの中身を全て入れ替え、元の状態に戻すまでに2日はかかります。その間、職員はPCを使わずに業務を行わなければなりません。職員の業務効率低下や、情報システム部門の業務負担も相当なものです。以前は、こうした対応が月に1回程度発生していました。」(佐原グループ長)

JR浜松駅とアクトシティ

JR浜松駅とアクトシティ

浜名湖と舘山寺

浜名湖と舘山寺

このページのトップへ

対策

ウイルス対策は、初動のスピードが効果を左右する

旧浜松市では、庁内の全てのPCにウイルス対策ソフトを導入して、ウイルス感染を防御していた。ただし、世界中で日々発生する新しいウイルスを遮断するには、パターンファイルを常に最新のバージョンにしておく必要がある。佐原氏は、「ウイルス対策では、対応時間がとても重要です。新種のウイルスが発生したという情報を得てから、わずか1~2時間ほどでどんどん感染が広がっていきます。ですから、新しいパターンファイルがリリースされてから、いかに速く導入するかが重要なのです」と語る。

しかし、企画部 情報政策課 情報基盤管理グループ 小澤氏は、「毎日のように更新されるパターンファイルを、庁内全てのPCについて常に最新状態に維持し続けるのは難しい」と実情を語る。

そこで浜松市は、インターネット・ゲートウェイ側でウイルス対策が行えるサービスの利用を検討するなかで、「OCNウイルスチェックゲートウェイサービス」を導入した。佐原グループ長は、「LANに入り込む前にウイルスを遮断でき、安全性がいっそう高まります。また、ウイルスの新種情報の把握とその対応を24時間365日で行うキャリアの方が、より迅速かつ確実にパターンファイルが更新されるため、初期段階の対応をいっそうスピードアップできます」と、導入効果について説明する。

OCN迷惑メールフィルタリングサービス

導入からすでに2年以上が経過している現在、庁内のウイルス対策と「OCNウイルスチェックゲートウェイサービス」によって、旧浜松市ではウイルス感染をほぼゼロに抑え続けることができた。しかし、インターネット上では新たな問題が生じていた。それは、迷惑(スパム)メールの激増だ。

同市では、ホームページ上で各課の代表メールアドレスを公開していることもあり、迷惑メールのターゲットになりやすいという事情もあった。アドレスによっては、1日に数十件以上もの迷惑メールを受信することもあり、何らかの対策を講じる必要があったのだ。

このページのトップへ

効果

旧浜松市のセキュリティ対策が、新生浜松市で活きている

小澤氏は、「迷惑メールは、件名から明らかに不要であることを特定できるものもあれば、「重要!」「至急」など、紛らわしい件名のものもあります。そうした場合、一度メールを開いて内容を確認しなければ判断できません。また、迷惑メールを仕分ける際に、誤って必要なメールを削除してしまう可能性もあり、業務の妨げになっていました」と説明している。

そこで浜松市は、迷惑メール対策もプロバイダーにアウトソーシングすることを検討し、その効果を確認するために「OCN迷惑メールフィルタリングサービス」をテスト導入した。そして、導入効果に満足した結果、「OCN迷惑メールフィルタリングサービス」を新生浜松市全体に導入したのだ。

OCNウイルスチェックゲートウェイサービス

このページのトップへ

ご検討中のお客さま お問い合わせ/お申し込み

ご検討にあたり、ご不明点などはお電話もしくは、お問い合わせフォームで承ります。
お気軽にお問い合わせください。

0120-106107

受付時間 9:30〜17:00(土日祝日を除く)

浜松市

浜松市

市役所所在地
〒430-8652 浜松市元城町103-2

市長
北脇 保之

人口
81万6,658人

世帯数
30万1,643世帯

面積
1511.17平方㎞

業種
公共

URL
 http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/

※いずれも2005年9月30日現在

このページのトップへ