日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

田中貴金属工業株式会社

 

コンテンツデリバリーネットワーク

田中貴金属工業株式会社のオフィシャルサイト

貴金属相場のオンタイム表示を支えるコンテンツデリバリーネットワークサービス

工業用から個人向けまで、貴金属分野で幅広く事業を展開する田中貴金属工業では、近年の貴金属地金の価格高騰の影響で、自社サイトの貴金属相場ページにアクセスが集中。サイト表示に遅延が発生し、ビジターによるF5攻撃も加わって、サーバーのレスポンスが著しく低下した。そこでキャッシュサーバーを利用する「スマートコンテンツデリバリーアドバンス(SCD-A)」(旧サービス名称:現在はコンテンツデリバリーネットワーク プラン1)に白羽の矢が立った。

貴金属相場上昇に伴い、アクセスが増加してサーバーのレスポンスが低下

 田中貴金属工業は1,885年の創業以来、貴金属を中心とした事業領域で幅広い活動を展開している田中貴金属グループの筆頭企業だ。グループ全体で見ると、事業の約9割は工業用。LSIなどに使われるボンディングワイヤでは、世界シェアNo.1を誇る。個人向けに投資用地金の販売、貴金属積立なども展開しており、インターネットによる純金&プラチナ積立「G&Pプランナー」は人気を博している。

 同社では、金やプラチナなどの貴金属相場を自社サイトで公表している。貴金属部の五十嵐弥生氏はその意義をこう語る。「貴金属を工業用・個人用と幅広く販売する企業として、その日の貴金属相場を提供することは弊社の使命と考えています。サイトでの公開はもとより、日経新聞でも前日の相場を掲載しています。」

 近年、世界的に貴金属地金の価格が上昇している。中でも資産ポートフォリオの一つとして個人投資家からの注目度が高まっているという。「会社が倒産したら紙くず同然になる株式投資と違って、貴金属はそのもの自体に価値があります。遥か6000年の昔より人類が愛し求めてきた輝き。その魅力・価値は色あせません。そういった点が広く理解されはじめて、分散投資の対象として人気なのだと思います。」

 貴金属相場は2007年下旬から一気に高騰し始めた。そのことが、思わぬ事態を招いた。午前9時半ころの相場ページ更新時、アクセスが集中してサイト表示に遅延が発生し始めた。年が明けてからも価格上昇が続き、早く相場を知りたいという心理から、一部ビジターのF5ボタンのリロードで状況がさらに悪化。更新のための管理者画面にさえもつながらなくなってしまった。日によっては、午前10時半を過ぎても貴金属相場を公表できない事態に陥った。社内は半ばパニック状態。顧客からはクレームの電話。早急な対策が必須だった。

安価なコストで万全の配信環境が得られる「SCD-A」と出会う

  アクセス数増加を受けて、サーバー管理会社からサーバー増強を打診された。たしかにサーバーを増強すれば、アクセス集中時の混乱は避けられるかもしれないが、またアクセスが増加するとサーバーを増強しなければならない。さらに、諸々の費用を含めると1千万円近くかかると言われた。五十嵐氏は当時の心境を次のように語る。「弊社サイトでは、朝9時半ころの情報更新時がピークで、それ以外の時間帯は現状のサーバー構成で問題なく運用できていたのです。そのひと時のために、莫大なコストをかけてサーバーを増やすことが正解なのか疑問を感じていました。」また、相場が高騰している時期はページアクセスも増えるが、相場が安定している時はアクセスも落ち着いているのだという。そんな時に出会ったのが「スマートコンテンツデリバリーアドバンス(SCD-A)」だった。

 「ページアクセスは世界の貴金属需要と連動しているため、今後どれだけビジターが増えるかは、なかなか見積れない。そんな状況のなか、物理的にサーバーを何台増やせば良いか予想を立てるのは難しい。アクセス数に柔軟に対応できる『SCD-A』であれば、サーバーダウンの心配がない。コスト面でも、アクセスが集中した分だけ負担すればよい。導入費用もかからない。まさに求めているソリューションでしたね。」

 「SCD-A」のさまざまな導入事例の中で、特に気象庁での運用実績も導入に踏み切る大きなポイントだったと五十嵐氏は言う。「天気予報や災害情報という公共性の高い情報を取り扱う国の機関でも『SCD-A』が採用されていると聞いて心強く感じました。」気象庁では、「SCD-A」の導入で災害時でさえ、安定した気象情報を配信していた。その強靭な配信プラットフォームに安心感を得たのだった。

SCD-Aの効果に大満足。柔軟性が次の一手を切り開く

 「SCD-A」の導入後、毎朝のアクセス集中時にサイト表示が重たくなることは一切無くなった。いままであったクレームも皆無。その導入効果を五十嵐氏は高く評価している。「導入してからは1度も心配したことはありませんでしたね。毎朝ちゃんと更新できるかヒヤヒヤしていたことを、忘れていたぐらいです(笑)。本当に良いサービスに出会いました。」

 導入自体もスムーズそのもので、運用面でも以前と変わらずに利用できているという。「導入の際は、NTTコミュニケーションズの担当者の皆さんも、とても丁寧に対応していただけました。いろいろ熱心に話をしてくださって、こちらの質問に対するレスポンスも早かったですね。」と五十嵐氏。

 現在同社では、「SCD-A」を貴金属相場のページに適用しているが、ゆくゆくはその対象を他のページへも拡大していきたいと考えているという。例えば、同社で大規模なWebキャンペーンを開催した際のアクセス集中を分散させたり、テレビCM動画を配信する際のサーバー負荷軽減に役立てたり。また、今後20代、30代の層がWebからの貴金属購入なども増加する見込みから、Webサイトや携帯サイトのさらなる拡充・強化を行い、顧客獲得を図る予定だ。ユーザー数増加に伴う帯域不足で「SCD-A」が有効な手段となるだろう。さまざまな情報技術をスマートに取り入れ、活用する積極的な姿勢で、同社の存在がより輝かしいものになろうとしている。

SCD-A導入例

お客さまのメリット

  • アクセス集中時にもクレームのない安定的なサイト運用が可能
  • サーバーを増強しないで配信能力を向上できる、低コストに強力な配信環境を構築
  • キャンペーンや動画配信など、将来的なサイト計画にも広がりをもたせることが可能
yajirusi

貴金属相場の動向に関係なく、安心・低コストにサイト運営が可能

エンドユーザーのメリット

  • その日の相場をオンタイムでチェック可能に
  • 混雑時でも快適にアクセス可能で、ストレスなく貴金属売買の判断材料を取得可能
yajirusi

その日の貴金属相場をもとに、安定した資産管理・形成が可能

田中貴金属工業株式会社様

田中貴金属工業株式会社

社名
田中貴金属工業株式会社

本社所在地
東京都千代田区丸の内2-7-3

代表者
田苗 明(代表取締役社長)

設立
1918年(創業1885年)

事業内容
貴金属地金(白金、金、銀 ほか)および各種工業用貴金属製品の製造・販売、輸出入および貴金属の回収・精製

http://gold.tanaka.co.jp/

このページのトップへ