Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

NTTコミュニケーションズのIoT車両運行管理サービス Vehicle Manager®

Vehicle Manager®車両運行管理サービスとは?

車両を管理して事故を未然に防ぐ

事故後の対応に有効なドライブレコーダーとは異なり、「Vehicle Manager®」は事故を未然に防ぐサービスです。
通信機能、GPS機能内蔵の小型車載器を車両に設置することで運行日報の自動作成、運転傾向分析、車両稼働実績などをWebアプリケーション上で閲覧・管理できます。車両運行状況の管理や安全運転の確保が容易になることに加え、交通事故削減による事故処理費用、自動車保険料などの関連コスト削減、エコドライブによる燃料費削減にもつながります。

Vehicle Manager®車載器

働き方改革に活用する企業も!

営業車両を数十台抱えるとある企業では手書きの日報作成を義務付けており、多くのドライバーから「仕事後に帰社して日報を書くのが大変」という声が上がっていました。さらに日報を取りまとめる管理者からも「手書きの日報は精度に個人差がある」「データ化する手間がかかる」などの問題点が指摘されていました。

そこで同社では「Vehicle Manager®」を導入。運転日報の自動作成により日報作成が不要になり、すべてのドライバーの日報がデータ化されて管理者のもとに届くようになりました。
ドライバーからは「日報作成の手間がなくなり、直行直帰ができるようになった」、管理者からは「格段に日報の精度が上がり、管理の手間が軽減できた」といった想定以上の大きな反響があり、残業時間を削減するといった大きな効果が生まれています。

今後も同社では「Vehicle Manager®」を使って配送ルートの最適化による業務効率化などに取り組み、働き方改革の次のステップにチャレンジしていく計画です。

3つの導入メリット

効果については、お客様より提示された情報を基に算出しています。

3つの導入メリット

サービスの特長

カンタン設置

車載器は10秒で設置でき、設置した瞬間からサービスを利用可能です。

セキュアで安心

インターネットを経由しないセキュアな通信環境で安心して利用できます。

コスト削減

車両の精査や台数の適正化によりコスト削減にもつながります。

アプリで操作

誰もが直感的に操作できるWebアプリケーションを採用しています。

さらに!ドライブレコーダーとセットで危険運転対策も!

  • 専用ビューアーで、社用車の運転状況を映像で確認
  • 急ブレーキなどのイベント発生時には、
     前後十数秒の映像を自動保存
  • 取り付け、取り外しもお任せ!
     工事業者を探す手間もいりません
ドライブレコーダー

記録した映像については、専用ビューアーにて閲覧可能です。利用者の日々の運転状況の録画のほか、急ブレーキなど、イベントが起きた際は前後十数秒の出来事は別で記録されるため、後からでも簡易に状況を確認することができます。

Vehicle Manager®サービス導入事例

有限会社春華堂

運転状況、配送ルートを温かく見守る車両運行管理でブランドの看板となる配送車両の安全運転を強化

Vehicle Manager®を搭載した17台の配送車両は、導入から約4カ月間にわたり無事故の記録を更新している。導入の最も大きな効果は社員の意識変革。社員が個々に基準速度や急発進、急ブレーキといった運転状況の振り返りができる。しかも、安全運転の社内ランキングが出るため、結果を励みに社員同士が切磋琢磨する環境が生まれており、それが意識変革につながっています。今後は安全運転を評価することに加え、インセンティブなども前向きに検討していく予定。わかりやすいサービスであることに加え、管理者と社員で明確に目的が共有できていることが今回のサービス導入施策の成功要因。

ホワイトペーパーはこちら

有限会社春華堂
  • ・社員同士が安全運転を切磋琢磨する
  • ・導入から無事故・無違反記録を更新中
  • ・データを活用した新たな施策展開が容易

Vehicle Manager®動画で分かる車両運行管理サービス

車両の運行状況の「見える化」で交通事故削減や車両運行管理効率化、
燃費向上等の効果が見込める「Vehicle Manager®」をわかりやすい動画でご紹介します。

Vehicle Manager®ご利用料金

月額費用は安心の定額制で、下記以外には一切費用はかかりません。
またサービスの最低ご利用期間もございません。

- 初期費用 -

35,000円/台(税抜)
(税込価格:38,500円)

さらに!ドライブレコーダー*1

21,000円~/台(税抜)
(税込価格:23,100円~)

- 月額費用 -

1,500円/台(税抜)
(税込価格:1,650円)
  • ※ 延長ケーブルは、車載器を設置した際に足に当たる等の理由で設置場所をずらしたい場合に、オプション1,500円/台(1,650円)として提供しています。
  • ※ 月額費用はネットワーク通信料・アプリ利用料等すべてを含みます。
  • ※ 車載器の保証期間は1年間です。内部プログラムに異常が生じた等車載器自体が不良品であった場合には無料で交換させて頂きます。但し明らかにお客様側で破損された形跡がある場合においては無料交換の対象外です。
  • ※ 車載器は買い取り形式であるため、紛失時に違約金等を請求することはありません。
  • ※ 費用は個人アカウントごとではなく、車載器ごとにかかります。そのため1つの車載器を複数人で利用した場合、1台分の車載器費用のみ請求させて頂きます。
  • *1 お申し込みは任意です。単体での販売はしておりません。また、車載器とは別に単体で動作します。なお、弊社に取付作業を希望される場合は、別途作業工賃が発生します。

Vehicle Manager®お申し込みの流れ

お申し込み方法はフォームにご入力するだけ。
車載器はワンタッチで設置でき、設置時間はたった10秒!設置した瞬間からサービスを利用可能です。
取り付け業者の手配や、車両の利用時間の調整などがすべて不要!
設置・取り付けを迷われる方はほとんどいませんのでご安心ください。

お申し込みの流れ
  1. ※ フォームにご記入いただき、お申し込みを完了してください。(STEP1)
  2. ※ お申し込み後、車種情報について担当者より後日メールで伺わせていただきます。(STEP2)
  3. ※ 取り付け可否のご連絡をもってご注文を確定させていただきます。(STEP3)
  4. ※ 不備のない申込書および車種確認ができた日を基準とし、12営業日以内に車載器をヤマト運輸にてお届けします。(STEP4)

Vehicle Manager®対応車両・動作環境について

2002年以降の国産車およびガソリン車であれば使用可能です。
但し例外として電気自動車・一部ハイブリッド自動車・ディーゼル自動車が対応していません。
導入前には事前に対応可否の車種確認をさせていただきます。

Vechicle Manager®サービス対象の車両

※1 本サービスで提供する車載器を挿入するポート(=OBD-II)の設置義務対象車両が、「ガソリンまたはLPG燃料とする乗車定員10人以下または車両総重量3.5t以下の自動車等」と規定されており、3.5tを上回るトラックなどにポートがなく車載器を設置できません。

※2 車両重量7トン以上(最大積載量4トン以上)の大型トラックは、Vechicle Manager®よりも高度な機能を持つデジタルタコグラフの設置が法律で義務付けられているため、サービス対象外です。

ポータル動作環境

区分 項目 推奨環境
ハードウェア CPU Core i5 6600 以上
メモリ 4GB 以上
ディスク 空き容量 30GB 以上
インターネット環境 必須
ソフトウェア OS Microsoft Windows8.1、Windows10
Webブラウザ Internet Explorer 11
Google Chrome
Mozilla Firefox
その他 Adobe Reader

このページのトップへ