Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
アプリケーション(SaaS)

デジタル社員証Smart Me®︎

タッチレスな入退館を実現

Smart Me®︎アプリと対応機器を導入すれば、どこにも触れず衛生的な入退館を実現※小規模向けソリューションでは利用内容が異なります

入館カードの発行・管理コストを低減

カードそのもののコストが削減できるほか、紛失時の悪用リスクも低減できます

デジタルな身分証明でセキュリティ向上

ブロックチェーンを用いたデジタルな身分証明でなりすましなどを防止できます

Smart Me特設サイトへリンクしますSmart Me特設サイトへリンクします

よくあるご質問

Q1. Smart Me®︎について、詳しく教えてください。
Smart Me®︎はデジタル社員証サービスです。従来、首から下げていた社員証の物理カードを、スマートフォンに集約することができます。
Q2. Smart Me®︎の特長を教えてください。
Smart Me®の特徴は、スマートフォンによる入退室が可能となり、物理ICカードの発行が不要になる点です。また将来としてオフィス内の位置情報を把握できる機能や、デジタルに会社所属を証明を実現する身分証明機能を予定しています。
Q3. Smart Me®︎は他社と比べてなにが違いますか?
弊社はオフィスビルのシステムを提供する他社と異なり、社員証に係る物理カードを無くすという方向性のもと進めております。
Q4. Smart Me®︎と他社製品は、何が違いますか?
大規模~小規模ビルに対応する入館証として利用できるだけではなく、デジタル社員証として今後発展していくことで、物理ICカードの社員証を完全に代替することができます。
Q5. Smart Me®︎は、入退室ソリューションに比べて、何が強みですか?
手をかざすことで解錠できるという体験価値は、認証機能のあるシステムを提供する、どの企業も実現していないソリューションです。
Q6. Smart Me®︎は、どんなお客様向けのサービス/ソリューションですか?
大規模~小規模オフィスビルのテナント様向けソリューションです。
Q7. Smart Me®の今後の展開を教えてください。
現在はBluetoothを用いた入退室管理の他に、安否確認システムとの連携や、身分証明機能を提供しております。今後は更にオフィス内の位置情報の検知機能などを拡充する予定です。
Q8. Smart Me®︎の、価格を教えてください。
IDあたり月額利用料を66円(税込)をいただいております。また、ID登録料としてIDあたり1,100円(税込)をご負担いただきます。 その他ご利用には、入退室機器の費用が別途かかります。
また、身分証明機能は現在無料トライアルを実施しております。(2022年3月までの予定)入退室を伴わない社員証のデジタル化を実現したいお客様は、ぜひお問い合わせください。
Q9. Smart Me®︎の、導入実績を教えてください。
2021年6月より、1万人規模のオフィスビルシステムに導入されています。
Q10. 身分証明機能とはどんな仕組みですか?
身分証明機能は、会社が発行する社員の身分証の情報をブロックチェーン上に書き込みます。それによってブロックチェーン上に発行した履歴と情報が残り続けるため、改ざんなどがされても検証ができるようになります。
身分証の保有者は、その身分証をQRコードやBluetoothを用いて相手方に提示することができます。そして、その身分証を受け取った相手方は、ブロックチェーンに保存されたデータと突合して身分証の真正性および有効性を検証できます。
Q11. Smart Me®︎は、トライアル利用は可能ですか?
2021年10月頃より、会社の身分証をデジタルで実現する身分証明機能は、無料でトライアル利用いただけます。 入退室の利用は機器の取り付けなどの工事が発生するため、小規模導入などでお試しいただくか、弊社の大手町オフィスにお越しいただければ、ご覧いただくことができます。
Q12. Smart Me®︎は、パートナーとなるのは可能ですか?
はい。すべてのカードリーダーメーカー様や、オフィスDX関連の企業様との連携をさせていただきたいと考えています。
Q13. 導入するメリットは何ですか?
企業には物理カードの発行、配布改修などの管理コスト削減がある一方、従業員は物理カードを首から下げなくてよくなるというメリットがあります。
Q14. 何か設置する必要はありますか。
はい。入退館機能を導入する際は、Smart Me®︎対応のリーダーやゲートを設置する必要があります。詳細は「お問い合わせ」よりご相談ください。
「入退室機能」を始めるには

このページのトップへ