日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_appserv

GTRAX

お知らせ

GTRAXのサービスに関するお知らせです。
(メンテナンス情報については「工事・故障情報」をご確認ください。)
「工事・故障情報」はこちら

[2017.04.21]GTRAXバージョンアップのお知らせ

GTRAXインターネットデリバリーサービスのバージョン7.0へのバージョンアップを実施いたします。
※バージョンアップの工事日程は「工事故障情報」をご参照ください。 

 

■バージョン7.0の内容 

  • 対応OS・ブラウザの拡充
    バージョン7.0では、ご要望の多かったWindows 10をはじめ、MacOS 10.9~10.11に対応いたします。

  • セキュリティ強化
    高機能版クライアント型アプリケーション(以下高機能版クライアント)については、アプリケーションに使用しているミドルウェアのバージョンを上げることで、よりセキュアなクライアント環境を提供します。
    また、安定運用を目的に、クラウド基盤を移行します。 

■お客様へのお願い 

  • 高機能版をご利用中のお客様につきましては、バージョンアップ後も、高機能版クライアント(ver.4.X)を引き続きご利用いただくことは可能です。 ただし、以下の観点からお早目に高機能版クライアントver.7.0へのアップデートをお願いいたします。

    -セキュリティ・リスクの回避(今回、ミドルウェアのバージョンを上げております)
    -将来的なサポート範囲の見直し(現行はver4.Xも引き続きサポートいたしますが、今後は見直してまいります)

  • クラウド基盤の移行にともない、サーバーのIPアドレスが変更になります。
    標準版及び高機能版クライアントに設定しているサーバーアドレス(URL)については変更ございませんが、お客様環境にてIPアドレスによるアクセス制限等を実施している場合は設定変更が必要となりますのでご留意ください。
    ※設定変更が必要な方は、新IPアドレス情報をお知らせしますので、「契約者名」「GTRAXアカウント」を明記のうえ、お問い合わせフォームまたはGTRAX事務局までお問い合わせください。 

※高機能版クライアント(ver.7.0)のインストーラーについては2017年5月初旬にダウンロードページへ掲載予定です。

[2015.10.05] 高機能版の証明書更改に関するサーバー工事について

GTRAXインターネットデリバリーサービス(以下GTRAX)にて提供しております「高機能版」クライアント向けのサーバー側証明書の更改作業を2015年10月09日(金)06:00~07:40に実施いたします。
高機能版をご利用の場合、クライアント側の証明書の更新作業が完了しておりませんと、本工事後はGTRAXへの接続ができなくなります。
お客さまにはご迷惑をおかけしますが、引き続きGTRAXをご利用いただくため、お早めに証明書の更新作業をお願いいたします。
また、本件に関しましては下記のとおりFAQにまとめましたので、あわせてご参照ください。

高機能版の証明書更改に関するよくあるご質問(FAQ)

Q.工事日までに証明書の更新作業をしなかった場合、どうなりますか?

工事完了後、認証エラーによりGTRAXに接続ができなくなります。

Q.工事の後、突然認証エラーでGTRAXに接続できなくなりました。

高機能版クライアント側の証明書更新作業が完了しておらず、新しい証明書がインストールされていない可能性がございます。
以下のフォルダに次の3つの証明書ファイルがあるかご確認ください。

■確認いただくフォルダ
(Windows 7 の場合)
C:\Users\【ユーザーアカウント名】\AppData\Roaming\GTRAX+\cert\ca
(Windows XP の場合)
C:\Documents and Settings\【ユーザーアカウント名】\Application Data\GTRAX+\cert\ca
(Macの場合)
Macintosh HD>ユーザ>【ユーザーアカウント名】>GTRAX+>cert>ca

■証明書ファイル
・installer04.ssslab.com.cer
・root.ca.vpack.cer
・rootcacert_r1.cer

証明書ファイルが所定のフォルダにない場合は、ダウンロードページより証明書更新用の手順書およびインストールファイルを入手のうえ、更新作業を実施してください。

※ダウンロードページをご覧いただくには、ご利用開始時に弊社よりご案内しておりますダウンロードページ向けの認証ID/パスワードが必要です。(GTRAXのID/パスワードとは異なります)ご不明の場合はGTRAX事務局までお問い合わせください。 (ユーザーサポートはこちら

Q.標準版を使用していますが、本件に関して何か対応が必要ですか?

標準版をご利用のお客さまにつきましては、本件に関する対応は不要です。

Q.Windows用の証明書インストーラーを使って証明書を更新しましたが、手順書5のように証明書が追加されません。

お手数ですが、ダウンロードページより単体の証明書ファイル(gtrax-rootcacert.zip)をダウンロードし、解凍後の3つのファイルを以下のフォルダへコピーしてください。

■解凍後の証明書ファイル
・installer04.ssslab.com.cer
・root.ca.vpack.cer
・rootcacert_r1.cer

■証明書ファイルのコピー先
(Windows 7 の場合)
C:\Users\【ユーザーアカウント名】\AppData\Roaming\GTRAX+\cert\ca
(Windows XP の場合)
C:\Documents and Settings\【ユーザーアカウント名】\Application Data\GTRAX+\cert\ca

※ダウンロードページをご覧いただくには、ご利用開始時に弊社よりご案内しておりますダウンロードページ向けの認証ID/パスワードが必要です。(GTRAXのID/パスワードとは異なります)ご不明の場合はGTRAX事務局までお問い合わせください。(ユーザーサポートはこちら

[2015.09.14] 高機能版クライアントの証明書更改について

GTRAXインターネットデリバリーサービス(以下GTRAX)にて提供しております「高機能版」のアプリケーションは、GTRAXサーバーと通信する際に当該ソフト内に証明書を組み込んで暗号化通信を行っておりますが、2015年10月で本証明書の有効期限が満了いたします。
すでにお申込み担当者さまへは対応のお願いをさせていただいておりますが、下記に該当するお客さまについては証明書の更新作業が必要となります。
詳細につきましては、お申込み担当者さままでお問い合わせください。

1. 証明書更新が必要なアプリケーションタイプ

高機能版(専用クライアント版)

2. 証明書更新作業が必要なお客さま

1のアプリケーションを使用されているすべてのお客さま(利用者さまごとの作業が必要となります)

3. お客さま対応期限

2015年9月30日

10月に実施を予定しておりますサーバー側の工事までに証明書の更新作業を終えていただく必要がございます。(工事日は確定次第、お客さまサポートページに掲載いたします)
上記サーバー工事までに新しい証明書を更新しない場合、サービスをご利用いただけなくなりますのでご注意ください。
[2014.06.18] セキュリティ対策の強化について

セキュリティ対策の強化に関連し、暗号化アルゴリズムを強化します。
これに伴い、Windows 2000 SP1以前のOSをご利用中のお客様におきましては、2014年6月23日19時以降、標準版(Webブラウザ版)をご利用いただけなくなります。
該当するお客様は、適宜OSをアップデート下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

[2012.10.26] 標準版旧ログインURLの廃止について

標準版の接続先ログインURLの変更にともない、2012年2月12日より旧URLへのアクセスにつきましてはリダイレクトにて新URLへの誘導を実施してまいりました。
しかしこの度、2013年1月31日をもちまして旧URLの廃止をさせていただくこととなりましたので下記のとおりご連絡いたします。
まだ旧URLへアクセスいただいているお客様は、お早めに新URLをご利用いただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

旧ログインURL廃止スケジュール

■2012年11月10日(土)~
旧URLのサーバー証明書が切れるため、旧ログインURLへアクセスすると下記のような警告メッセージが表示されます。(画面はIE8の場合です。ブラウザによって一部表示は異なります)
新URLへ遷移するには閲覧を続行する必要があります。

info121026_img

■2013年1月31日(木)
旧URLが廃止されるため、ページが表示できなくなります。(リダイレクトのご案内も表示されなくなります)

このページのトップへ