日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_appserv

GTRAX

よくあるご質問

お客さまからいただくご質問をFAQ形式でまとめました。

サービス内容について
お申込み・料金について
ユーザーサポートについて
トラブルシューティング
(標準版)
トラブルシューティング
(高機能版)
Q01. 1回で送信できるファイルサイズはどれくらいですか?

標準版は2Gバイト、高機能版は10Gバイトまで送信することができます。
(高機能版については圧縮後のファイルサイズ)
なお、受信側が標準版の場合は、高機能版で送信する場合も2Gバイトまでとなります。

Q02. 暗号化はどのようなものを利用していますか?

GTRAXでは、以下の暗号化方式を採用しております。

■ファイル暗号化:共通鍵暗号化方式と公開鍵暗号化方式を組み合わせたハイブリッド方式
※共通鍵は世界最高水準の暗号化技術である「Camellia」(最大256bit)
※標準版はサーバー保管時のみ

■通信経路の暗号化:SSL(128bit)

高機能版の場合、ユーザーはソフトウェアから「鍵の作成」ボタンを押すことで自動的にサーバー内に公開鍵を、ローカルのPC内に秘密鍵を作成することができます。それにより、送信する時には内部処理により宛先の公開鍵を取得して送信ファイルを暗号化し、受信するときには秘密鍵を利用して復号化します。
従いまして、送信ファイルで利用した公開鍵と秘密鍵のペアが一致する必要があることから、鍵の更新を行うタイミングについては注意が必要となります

Q03. その他のファイル共有サービス(ストレージサービス)との違いは何ですか?

それぞれの仕組みを身近なシステムに例えると、ファイル共有サービスは「ファイルサーバー」、GTRAXは「E-mail」のようなものです。
どちらも大きなファイルを授受できることに大きな違いはありませんが、ファイル共有サービスはネット上に最新のデータを公開し、複数のユーザで共有するコラボレーション(共同作業)での利用に適していると言えます。
一方、GTRAXは特定の宛先にファイルを送り届ける転送機能に特化しているため、ワークフロー(流れ作業)でのデータ転送に適していると言えます。

Q04. GTRAXを取引先とのファイル転送に使いたいのですが、取引先もGTRAXを導入する必要がありますか?

GTRAXはサービス利用者間で相互に送受信する仕組みですので、取引先さまにもGTRAXを導入いただく必要があります。

Q05. インターネット回線は新規に用意する必要がありますか?

インターネット回線の事業者及び回線速度等に制約はありませんので、現在ご利用の環境をそのままお使いいただいて問題ありません。

Q06. 1つのGTRAXユーザアドレスを複数のPCで共用できますか?

ご契約のアプリケーションタイプによって異なります。

■標準版の場合:
送受信履歴が共有される点について、お客さまのセキュリティポリシー上問題がなければ技術的には複数のPCでもご利用いただけます。ただし、二重ログインした場合、先にログインしていたほうのセッションが切れるため、アップロードやダウンロードがうまくいかない場合があります。

■高機能版の場合:
以下の問題があるためご利用には注意が必要です。

1. 1台のPCで先に受信が完了してしまうと他のPCで同じファイルをGTRAXサーバーから受信できなくなる。
2. 秘密鍵は1台のPCにしか存在しないため、送信ファイルが暗号化されていた場合、正常に復号化できないPCが発生する。

Q01. GTRAXインターネットデリバリーサービスの料金について、計算方法を教えてください。

お申込みになるアプリケーションタイプ(標準版/高機能版)とお申込みID数で料金が決まります。
初回お支払時は、年間基本料金に加え、初期料金がかかります。
2年目以降については年間基本料金のみとなりますが、1年間の累計送信容量が10Gバイトを超えた場合、超過料金が加算されます。詳しくは、「料金」ページをご参照ください。

Q02. 一斉同報を行った場合の送信容量はどのように計算されますか?

一斉同報を行った場合の送信容量は、1回の送信容量に拠点数を乗じる計算となります。
(例)10Mバイトのファイルを5ユーザアドレス宛てに同報した場合:10M×5ユーザアドレス=送信容量50M

Q03. サービスを申し込んでから利用開始までにどのくらい期間が必要ですか?

お申込書受領後、約7~10日営業日程度でユーザ情報を記載した『開通のご案内』を郵送でお届けいたします。

Q04. 料金の支払い方法はどのようになっていますか?

初回のお支払は請求書払いとなります。2年目以降は、請求書払いまたは口座振替がご利用いただけます。なお、お取引形態や販売窓口によって異なる場合がございますので、お申込前に販売窓口までご確認ください。

Q05. 担当者が変わりました。どうすればよいですか?

担当者に限らず、弊社へお申込みいただいている内容に変更が生じた場合は、変更申込書による変更手続きが必要です。

お手続き方法については、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
(お問い合わせフォームのご用件は『質問したい』をお選びください。)

なお、変更のお手続きがなされない場合、弊社からの重要なお知らせメールを受け取れない、十分なサポートが受けられない等の問題が発生する場合がございますのでご注意ください。

Q06. 請求書が届いたのですが、今後利用する予定がありません。支払わないことで解約はできますか?

GTRAXサービスのご契約は1年ごとの自動更新となっており、お客様より解約のお申込みをいただかない限り、自動で更新処理がおこなわれます。

解約のお申込み方法については、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
(お問い合わせフォームのご用件は『質問したい』をお選びください。)

なお、ご請求の料金につきましては返金、減額等はいたしかねますのであらかじめご了承ください。

Q01. 電話でのユーザーサポート窓口はありますか?

原則として、お客さまサポートはメールのみとなります。
各種お問合せや不具合・トラブルのご申告はEメールにて承ります。詳しくはユーザーサポートをご参照ください。

Q02. GTRAXのメンテナンス等、サービスの状況はどのようにして確認すればよいですか?

お客さまサポートサイトの「工事・故障情報」にてご確認いただけます。
なお、お客さまサポートIDを作成いただければ、工事・故障情報をメールで受け取ることも可能です。
(お客さまサポートIDの作成は無料です。メール配信を希望する場合は、メールが必要な商品とメールの配信先の設定を事前に実施いただく必要があります)
GTRAXの工事・故障情報はこちら

Q03. GTRAXのユーザアドレスを変更したい場合、どうすればいいですか?

GTRAX販売窓口またはお問い合わせフォームにてご連絡ください。追って変更申込書をお送りいたします。なお、ユーザアドレスを変更した場合、変更前ユーザアドレスはご利用いただけなくなりますのでご注意ください。

※高機能版で送受信が中断されているものも、再開いただけなくなります。
※事務手数料1,100円(税込1,210円)を申し受けます。

Q04. 担当者が変わりました。どうすればよいですか?

担当者に限らず、弊社へお申込みいただいている内容に変更が生じた場合は、変更申込書による変更手続きが必要です。

お手続き方法については、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
(お問い合わせフォームのご用件は『質問したい』をお選びください。)

なお、変更のお手続きがなされない場合、弊社からの重要なお知らせメールを受け取れない、十分なサポートが受けられない等の問題が発生する場合がございますのでご注意ください。

Q01. 送信されたはずのファイルが届きません

宛先が正しいにもかかわらず、送信されたファイルが届かない場合、送信に失敗している可能性があります。送信元に送信状態が『受信サーバに到着』になっているかどうかご確認ください。

Q02. パスワードを変更しようとすると、「パスワードの変更に失敗しました」と表示されます。

「パスワードの変更に失敗しました」の後に続くメッセージ内容によって原因が異なります。

■現在のパスワードの入力が正しくありません
:現在のパスワードが違います。お客さまのパスワードを確認のうえ、再度お試しください。

■新しいパスワードの入力が正しくありません
:新しいパスワードに入力いただいた内容が、以下2つの要件を満たしているかどうかご確認ください。

 1. 「英文字」と「数字」を混在していること(例:abcd1234)
 2. 「8文字」以上であること

Q03. 「ログインに失敗しました」と表示され、ログインできません

GTRAXのユーザアドレスまたはパスワードが違いますので、再度ご確認のうえ、お試しください。

Q04. 送信後、送信状態が「送信に失敗しました」となっています

該当コンテナは送信に失敗しているため、再送いただく必要があります。

Q01. 高機能版の専用クライアントソフトが起動しなくなりました

起動時に『アドレス帳ファイルが不正です』というメッセージが出て起動しない場合は次の方法をお試しください。

ユーザーディレクトリ配下にあるApplication Data>GTRAX+>data>address内の「AddressList.csv」をリネームまたは削除してください。なお、同フォルダに「AddressList.csv.back」というバックアップファイルがありますので、「.back」を取ってご利用ください。

Q02. Mac用の高機能版インストーラーがダウンロードできません(対象ファイルのリンクをクリックすると文字化けします)

ダウンロードページでMac用の高機能版インストーラーのファイル名(リンク)をクリックした際に、ファイルとして保存されず、文字化けした画面が表示される場合は次の方法をお試しください。

  1. キーボードの「control」キーを押しながら、対象ファイルのリンクをクリック
  2. リンク先のファイルをダウンロード(リンクをディスクにダウンロード等の場合もあります)を選択し、クリック
  3. 保存画面が出たら、保存場所を指定して保存

 

Q03. Mac用の高機能版クライアントソフトのインストールができません

Mac用の高機能版インストーラーはditto圧縮されているため、インストールの前に解凍していただく必要があります。解凍がうまくいかない場合は、次の方法をお試しください。

1. ダウンロードしたdittoファイルをMacintosh HDに配置する
2. ターミナルを起動(Macintosh HD→アプリケーション→ユーティリティ→ターミナル)
3. ターミナルで以下のコマンドを入力し、実行する
 ditto -xk /[.dittoのファイル名] /
 (入力例:ditto -xk /GTRAX_Installer_v4Mac.pkg.ditto /)※
4. Macintosh HD内に作られた「.pkg」の拡張子ファイルのインストーラーをダブルクリックしてインストールする

※ファイル名は入手したファイル名に読み替えてください

Q04. 「ネットワークエラーが発生しました」と表示されます

ネットワークに問題がある可能性がありますので、以下についてご確認ください。

  1. 他社のWebサイトが見れるか
  2. ツール>アカウント設定の「プロキシサーバ情報」が正しく入力されているか

※2はプロキシを使用している場合です。プロキシ認証も使用している場合は認証アドレス・パスワードについてもご確認ください。
※プロキシ使用の有無については、該当端末のWebブラウザにプロキシが設定されているかどうかで確認いただけます。(お客様環境によっては確認いただけない場合がございます)

【参考】Internet Explorer6.0の場合
ツール>インターネットオプション>接続>LANの設定

Q05. 「サーバとの認証に失敗しました」と表示されます

サーバアドレス、ユーザアドレス、ユーザパスワードのいずれかが誤って設定されている可能性があるため、ツール>アカウント設定内の各設定をご確認ください。
また、上記「ネットワークエラー」を参考にプロキシ設定および端末の時刻設定が正しいかどうかについてもご確認をお願いします。

Q06. 受信したファイルが「復号失敗」で開けません

復号失敗は送信時点で利用したサーバー上の公開鍵と、受信側PCが持つ秘密鍵が一致しないために起こります。

例えば、ファイルが送信された後に、受信側PC(あるいはPCへのログインユーザー)を変更した場合は復号することができません。これは、送信の際に利用した公開鍵の方が古くなってしまうためです。

なお、復号に失敗したコンテナは復元できないため、送信者へ再度送信を依頼いただく必要があります。

このページのトップへ