日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

東京コンピュータサービス株式会社

USBメモリ、外部デバイス利用の全面禁止
お客さまから大容量デザインデータを安全に受け取りたい

 

Bizストレージ ファイルシェア 1GB

東京コンピュータサービス株式会社

東京コンピュータサービス株式会社
ビジネスシステム事業統括本部 システム統括部
課長
中西 文彦 氏

課題

USBメモリ、外部デバイス利用の全面禁止
お客さまから大容量デザインデータを安全に受け取りたい

東京コンピュータサービス株式会社様(以下、TCS)は、1971年の創業以来、各種システムの開発・運用などを手がける情報サービス企業として、さまざまな分野のIT化の要望に対しベストソリューションを提供している。そのため、自社の情報資産を外部からのさまざまな脅威から守るのはもちろんのこと、人的ミスがまねく情報漏えいリスクに対応するため、全社的に厳格なデータ保全ルールを定めている。たとえばUSBメモリやCD-ROM、DVDなどの外部メディアでの入出力は持ち運ぶ際の紛失リスクが高いため、TCSでは全面禁止となっていた。

「しかし、私たちの業務では、取引先とのデータ交換が不可欠です」とファイルシェア導入当時を振り返り、システム統括部課長の中西文彦氏は語る。「しかも、どちらかといえば受け取ることが多く、それらはたいてい、フォトショップやイラストレーターなどで作成された大容量のデザインデータも含まれ、メールに添付するのは困難です。取引先と機密性の高い大容量ファイルをやりとりできるセキュアな環境が必要でした」

東京コンピューターサービス株式会社の社内

このページのトップへ

対策

セキュリティの確かな方法でデータ交換

TCSで扱うデザインデータは、Webサイト公開前の重要な情報であり、外部に流出してしまえば、お客さまの意図したニュースバリューが失われるだけでなく、企業体制の信用を失墜してしまう。こういった状況の中、セキュアな受け渡しにBizストレージ ファイルシェアが採用された。

「データの扱いは慎重を期しています」と中西氏は語る。「送信の際にはファイル自体にパスワード付きの圧縮をかけます。さらに、ファイルシェアの機能で、ダウンロードパスワードを設定し、そのパスワードは別途メールなどで相手に知らせます。たとえ、ファイルシェアの送信先メールアドレスを書き誤ってしまってもダウンロードできません。こういった二重の対策を講じられる仕様も気に入っています」と中西氏は語る。

「世の中には、あまりセキュリティを意識しないで、無料のFTPサービスを利用して重要なデータをやり取りしている会社が少なくないですし、中には無料のサービスを使ってファイルを送ってくるところが現にありますが、当社では、そのようなサービスにはアクセスすらできないようになっています。大切なデータをやり取りするには、それなりの仕組みが必要です。それがあってはじめて、当社なりの仕事ができているのだと思っています」

中西氏がBizストレージ ファイルシェアの機能でメリットを感じているのは、ファイルのアップロード・ダウンロードの際に自動で行われるウイルスチェックである。他社のオンラインストレージサービスでは有料の場合もあるが、ファイルシェアは標準装備している。

「ウイルスチェック実施中のポップアップ画面を見た取引先からも、『これだったら安心だね』と評価していただけたことがあります」と、中西氏はBizストレージ ファイルシェアの選択に自信を深めたという。

ファイルシェアの活用は、取引先だけにとどまらない。中西氏はこんな使い方もしている、と解説する。「プロジェクトが正式にスタートする前の企画段階やプロジェクト立ち上げ時には、体制がまだ固まっておらず、社内の有識者が一堂に会する機会がほとんどありません。そのわりには、活発な意見交換が発生しますし、遠く離れた拠点にいる技術者の知見が必要になることもあります。『インフラの詳しい技術情報を教えて』とか『この資料にコメント頂戴』とか。そんなとき共有フォルダーの機能を使って、聞きたい情報や知りたい情報を集めているのです。本格的にプロジェクト体制が立ち上がれば、ファイルシェアの共有フォルダーは役割を終え、社内のコアサーバーに移行します」

つまり、送受信機能だけでなく、Bizストレージ ファイルシェアのファイル共有機能も有効に活用し、社内の流動性に富むノウハウ共有に役立てているわけだ。

ShareDiskのファイルのダウンロード、アップロード時の自動ウィルスチェック 共有フォルダーで社内ノウハウを収集 プロジェクト立ち上げ時には社内サーバーへ移管し、データを完全に削除

このページのトップへ

効果

クラウドサービスを日常業務に
取り込むことで大幅にコストも削減

TCSはITシステム開発事業を生業としているため、実は、Bizストレージ ファイルシェアの導入に際して当初、自前でシステム構築することも検討された。「ただし、その場合、サーバーをどうするか、データセンターをどうするか、セキュリティのソフトウェアや運用をどうするかなど、いろんな問題が出てきました。そして、コストや維持管理稼働を試算した結果、内製よりも既存のクラウドサービスを利用するという結論に達したのです」と中西氏は回想する。導入前の無料トライアルも活用し、機能を実感として納得できたこともクラウドサービス採用の決め手となったようだ。

また、画面にTCSのロゴを表示できる機能も、抜群の効果を発揮しているという。「サービス自体はNTTコミュニケーションズのものではあるのですが、表示されているロゴがTCSの顔になりますし、お客さまに対してTCSとして一貫したサービス提供を実現しています」

企業のセキュリティ意識の高さが、ビジネスパートナー選定の一つの要素になるともいわれる現代のビジネス社会。ISO認証に加え、2017年6月にはPマーク(プライバシーマーク)も取得しているTCSにとって、取引先との良好な関係を維持・発展させていくうえで、今後もBizストレージ ファイルシェアが必要不可欠のツールであり続けるのは間違いなさそうだ。

このページのトップへ

導入サービス

Bizストレージ ファイルシェア

「ファイル転送サービス」と「オンラインストレージサービス」の両機能を備えたクラウドサービス

Bizストレージ ファイルシェア について詳細を確認

サービスを申し込む
無料トライアルを試したい
資料請求・お問い合わせ
東京コンピュータサービス株式会社

東京コンピュータサービス株式会社

売上高
283億円(2017年3月期実績)

従業員数
2100名(2017年4年現在)

事業概要
社員数1万人超、企業数約70社を誇る“TCSグループ”の中核企業として、ハードウェアの保守サービスを主としながら、システムの提案、設計・構築から運用・保守まで幅広い分野で情報通信(IT・ICT)事業を展開。

URL
http://www.tcs-ipnet.co.jp/


 

 

 

PDFファイルをご覧いただくためには、「Adobe Reader」がインストールされている環境が必要となります。

(掲載内容は2017年12月現在のものです。)

このページのトップへ