日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_appserv

Bizストレージ
ファイルトランスファー

よくあるご質問

お客さまからいただくご質問をFAQ形式でまとめました。

サービス内容について
トラブルシューティング(クライアント版)
トラブルシューティング(Web版)
Q01. 1回に送信できるファイルサイズはどのくらいでしょうか

Web版は10GB、クライアント版は100GBまでとなります。

Q02. 暗号化はどのようなものを利用していますか

Bizストレージ ファイルトランスファーでは、以下の暗号化方式を採用しております。

 

・通信経路の暗号化:SSL(128bit)

 

・ファイル暗号化:共通鍵暗号化方式と公開鍵暗号化方式を組み合わせたハイブリッド方式

※共通鍵は世界最高水準の暗号化技術である「Camellia」(最大256bit)

※Web版はサーバー保管時のみ

 

クライアント版の場合、ユーザーはソフトウェアから「鍵の作成」ボタンを押すことで自動的にサーバー内に公開鍵を、ローカルのPC内に秘密鍵を作成することができます。
それにより、送信する時には内部処理により宛先の公開鍵を取得して送信ファイルを暗号化し、受信するときには秘密鍵を利用して復号化します。

従いまして、送信ファイルで利用した公開鍵と秘密鍵のペアが一致する必要があることから、鍵の更新を行うタイミングについては注意が必要となります。

Q03. 「Bizストレージ ファイルシェア」との違いは何ですか?

「Bizストレージ ファイルシェア」 がファイルを共有する「ファイルサーバー」のような仕組みであるのに対し、「Biz ストレージ ファイルトランスファー」は「メール」のようなものです。

 

どちらも大きなファイルを送受信できることに大きな違いはありませんが、「Bizストレージ ファイルシェア」はネット上に 最新のデータを公開し、複数のユーザーで共有するコラボレーション(共同作業)での利用に適していると言えます。

 

一方、本サービスにおいては特定の宛先にファイルを送り届ける転送機能に特化しているため、大容量のファイルを大量に送信する際に特に適していると言えます。

Q04. Bizストレージ ファイルトランスファーを取引先との間のファイル    転送に使いたいが、取引先も導入する必要がありますか

原則として、送信・受信の双方にアカウントIDが必要です。
ただし、ゲスト機能(オプション)をお使いいただけば未導入の相手先との送受信が可能です。

Q05. サービスを申し込んでから利用開始までにどのくらい期間が必要で     すか

エントリータイプの場合、5営業日となります。
プライベートクラウドタイプについては要件によって異なりますのでお問い合わせください。

Q06. インターネット回線は新規に用意する必要がありますか

特にインターネット回線(もしくは専用線)の事業者および回線速度などに制約はありませんので、既存回線の利用を含め、お客さまのご要望に応じて対応できます。

Q07. 1つのBizストレージ ファイルトランスファーのアカウントIDを複数
    のPCで共用できますか

ご利用のインターフェイスによって異なります。

 

Web版の場合は、送受信履歴が共有される点について、お客さまのセキュリティポリシー上問題なければ、技術的には複数のPCでもご利用いただけます。(但し、後からログインされると前のセッションは強制的に切断されます)

 

クライアント版の場合には、以下の問題があるため、運用上特に注意が必要です。

 

(1)一つのPCで先に受信が完了してしまうと、他のPCで同じファイルをBizストレージ ファイルトランスファーのサーバーから受信できなくなる。

(2)秘密鍵は一つのPCにしか存在しないため、送信ファイルが暗号化されていた場合、正常に復号化できないPCが発生する。

Q08. 従来型の「日本サーバ型」は中国では利用できないのですか

ご利用いただけます。
ユーザー様向けにご用意しているインターフェースのうち、クライアントソフトについては、
暗号化技術"Camellia"が実装されていますので、お客さまにて技術輸入手続きが必要です。
なお、Web版であれば、暗号化技術"Camellia"が実装されておりませんので、特に手続きは不要です。

Q01. 「ネットワークエラーが発生しました」と表示されます

ネットワークに問題がある可能性がありますので、以下についてご確認ください。

(1)他社のWebサイトが見れるか
(2)ツール>アカウント設定の「プロキシーサーバー情報」が正しく入力されているか

※(2)はプロキシーを使用している場合です。プロキシー認証も使用している場合は認証アドレス・パスワードについてもご確認ください。
※プロキシー使用の有無については、該当端末のWebブラウザーにプロキシーが設定されているかどうかで確認いただけます(お客さま環境によっては確認いただけない場合がございます)

【参考】Internet Explorer6.0の場合
ツール>インターネットオプション>接続>LANの設定

Q02. 「サーバーとの認証に失敗しました」と表示されます

サーバーアドレス、ユーザーアドレス、ユーザーパスワード、プロキシー設定を再度ご確認ください。
(ツール>アカウント設定)

ユーザーアドレスやパスワードが不明の場合は、お客さまのシステム管理者様までお問い合わせください。

Q03. クライアントを起動すると、「新規Bizストレージ ファイルトラン     スファーのアカウントを作成しますか?」という確認画面が表示さ     れます

すでに利用しているにも関わらず、確認画面が出る場合は、PCにログインする際のOSのログインユーザーが違うことが考えられます。
本サービスはマルチユーザー利用ができるようになっているため、各ユーザー毎に設定が保存されます。

Q04. 受信ファイルが「復号失敗」となり、開けません

復号失敗は送信時点で利用したサーバー上の公開鍵と、受信側PCが持つ秘密鍵が一致しないために起こります。
例えば、ファイルが送信された後に、受信側PC(あるいはPCへのログインユーザー)を変更した場合は復号することができません。
これは、送信の際に利用した公開鍵の方が古くなってしまうためです。
なお、復号に失敗したコンテナは復元できないため、送信者へ再度送信を依頼いただく必要があります。

Q05. 送信すると「下記のアドレスに送信できません」と表示されます

送信宛先のユーザーアドレスに誤りがあるため、相手先のユーザーアドレスを再度ご確認ください。

Q06. クライアントが起動しなくなりました

起動時に以下のメッセージが出て起動できない場合は次の方法をお試しください。

「アドレス帳ファイルが不正です」

ユーザーディレクトリ配下にあるApplication Data>V-Pack>data>address内の「AddressList.csv」をリネームまたは削除してください。
なお、同フォルダーに「AddressList.csv.back」というバックアップファイルがありますので、「.back」を取ってご利用ください。

Q07. 送信されたはずのファイルが届きません

送信されたファイルが届かない場合、送信に失敗している可能性があります。
送信元に送信状態が『受信サーバーに到着』あるいは『送信完了』になっているかどうかご確認ください。

Q01. 送信されたはずのファイルが届きません

送信されたファイルが届かない場合、送信に失敗している可能性があります。
送信元に送信状態が『受信サーバーに到着』になっているかどうかご確認ください。

Q02. パスワードを変更しようとすると、「パスワードの変更に失敗しま     した」と表示されます

「パスワードの変更に失敗しました」に続くメッセージ内容によって原因が異なります。

【1】「現在のパスワードの入力が正しくありません」の場合
現在のパスワードが違います。お客さまのパスワードを確認のうえ、再度お試しください。確認してもうまくいかない場合やパスワードが不明の場合は、お客さまのシステム管理者様までお問い合わせください。

【2】「新しいパスワードの入力が正しくありません」の場合
新しいパスワードに入力いただいた内容が、以下の要件を満たしているかどうかご確認ください。
・「英文字」と「数字」が混在していること(例:abcd1234)
・8文字以上であること

Q03. ログインに失敗します

Bizストレージ ファイルトランスファーのユーザーアドレスまたはパスワードが違いますので、再度ご確認のうえ、お試しください。
それでもログインができない場合は、お客さまのシステム管理者様までお問い合わせください。

Q04. 送信後、「送信コンテナ一覧」で送信状態を確認すると、『送信に     失敗しました』になっています

該当のコンテナは送信に失敗しているため、再送いただく必要があります。

このページのトップへ