Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
アプリケーション(SaaS)

Subsphere

システム連携例:Things Cloud

従来の製品を売る「モノ売り」からサービスの利用に対して課金する「コト売り」へと転換期を迎えつつある製造業では、素早いサブスクリプションビジネスの立ち上げが喫緊の課題となります。
この課題を解決するのが、IoT(Internet of Things)プラットフォームのThings Cloudと、バックオフィス機能を持つSubsphereです。
Things CloudとSubsphereをご利用いただくことで、製品の稼働回数などによる課金/請求の仕組みを迅速に構築できます。
また、IoTのデータを活用した顧客理解やサービス改善も容易になり、モノ売りでは不十分となりやすい顧客接点の強化も図れます。

「システム連携例:Things Cloud」のイメージ図

Subsphere(サブスフィア)で、簡単・素早くサブスクリプションビジネスを立ち上げ!
まずは資料で詳細をご覧ください。

Subsphere

サービスの紹介動画、今サブスクビジネスを始めるべき理由、機能の概要、事例の概要、料金など

Subsphereで解決できること、NTTコミュニケーションズの強み

商品/課金ルール管理、顧客/契約管理、請求管理、決済、オンラインストア、レポート、APIなど

村田製作所などの事例、Things Cloud/ServiceNow/物流管理システムとの連携例

利用料金(初期費用・月額料金)

ヒアリングからシステム提供開始までの流れ、期間

機能、費用、実績などのご質問と回答

NTTコミュニケーションズ(Subsphere)が参加するイベント、セミナー

サービス紹介資料、事例、ユースケース、ホワイトペーパーなどを今すぐダウンロード

関連サービス

このページのトップへ