Before
  • インフラ設備(例:電気・ガス・水道など)の点検では作業員が現地に赴き確認していたため負担が大きかった
  • 社内で複数のIoTプロジェクトを並行しており、プロジェクト毎にシステムがサイロ化されてしまってデータの相互利活用ができなかった
「インフラ設備の遠隔監視」のBeforeイメージ図
After
  • 遠隔監視により点検業務にかかる負担を大幅に軽減
  • アラート内容を把握した上で現地へ向かうこと作業効率アップ
  • プロジェクト毎日収集したデータ形式を統一・集約することでプロジェクトを誇るデータを相互利活用することで分割損を解消
「インフラ設備の遠隔監視」のAfterイメージ図