Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

デジタルマッチング
プラットフォーム
(設計/調達DX)

-製造業の発注側と受注側の最適な関係性をデザイン-

NTT Comが描く“未来の製造業”

日本の製造業は、生産年齢人口・製造業の就業者が減少する中、限られた人員で従来以上の成果の創出が求められ、
現場業務の省力化、生産性向上ならびに業界内外との連携や協業の流れが加速していくなか、
共創協調領域の効率化、コアコンピタンスの強化が求められています。

NTT Comは、ネットワーク、クラウドサービス、DATA Trust®(※1)が一体となった
“業界協調型デジタルプラットフォーム”を提供することで、
業界内でリソースを共有可能な”共創協調領域”の効率化、
製造各社が自社の強みを発揮できる”コアコンピタンス”へのリソース投下を可能にし、
日本の製造業が世界に伍していくための業界全体の底上げに貢献したいと考えています。

(※1):「DATA Trust」は日本電信電話株式会社の登録商標です。

デジタルマッチングプラットフォーム(設計/調達DX)が解決する課題

デジタルマッチングプラットフォーム(設計/調達DX)では、製造業の設計業務から調達業務を”共創協調領域”として捉え、デジタル化による設計・調達業務の非効率の解決、取引関係の改善などを通じて製造業の底上げに貢献します。
設計・調達業務の非効率を解消します
  • 設計業務における、社内の設計データを活用しきれていないことや膨大なデータから検索ができないことによる重複作業や、2Dと3Dの両方の設計図面の作成業務などどの非効率な業務の効率化を図ります。
  • 調達業務における、同一部品を異なるサプライヤーに発注することによる非効率や、見積依頼・選定の効率化や、受注側企業の見積回答業務の効率化を図ります。
様々な企業がつながる場を提供し、受発注の関係性を最適にデザインします
  • 固定の取引先以外の柔軟な取引関係が構築できていないために生じる部品や加工品の調達が困難な事態を防止し、安定的な事業運営を支えます。
  • 比較的購買力の弱く、新規発注先確保に苦慮している中小メーカー様の新規発注先確保を支援し、安定的な事業運営、事業拡大を支えます。
マーケットプレイス
設計・調達に関する課題を
解決する個別機能
サービスの位置付けと特長
デジタルマッチングプラットフォーム(設計/調達DX)は発注側企業の調達担当者さま、受注側企業の営業担当者さま向けに2つのデジタルマーケットプレイスを提供する予定です。機能は順次拡大していく予定です。

マーケットプレイス

部品発注のマッチング型デジタルマーケットプレイス
概要
直接材の部品発注において、発注側が製作したい組立品の3D設計データをアップロードすると、部品単位の製造情報に自動で分解したうえで、部品加工業者の製造リソース情報から対応可能な業者候補を自動で提示し、発注側・受注側の部品調達に係る一連の受発注処理をマーケットプレイス上で行います。
解決する課題
現行の業務では、発注側が3D設計図面から部品単位で発注に必要な2D設計図面を作成し、部品単位で加工業者へ見積依頼を行っており、部品単位で2D設計図面・3D設計図面両方の同期や最適な発注先の選定に労力を要しています。
一方で、受注側は発注側からの見積回答業務に追われ”見積地獄”状態が常態化しており、既存の取引に注力するあまり、新規取引先の開拓に課題を抱えています。
解決の方向性
本機能では、クラウドにアップロードした設計図面を自動で部品単位の2D図面や発注に必要な製造情報に分解し、対応可能な部品加工業者の候補を提示することで発注側の設計・調達担当者の部品調達に係る工数を大幅に削減しするとともに、受注側である部品加工業者の見積回答業務を自動化します。
また、両社に対して従来の取引関係に拠らない新たな事業機会を提供します。
機能の利用者
発注側調達担当者様、受注側(部品加工業者)営業担当者様
部品発注の入札型デジタルマーケットプレイス
概要
直接材の部品発注において、メーカーが作成したい加工部品の見積依頼を公開し、部品加工業者はマーケットプレイス上で見積回答や受発注処理を行います。
解決する課題
現行の業務では、部品加工メーカーへの見積プロセスをメールとExcelを使用して行っており、見積依頼、発注先選定、設計変更、交渉などの業務において発注側、受注側の業務に非効率が発生しています。
解決の方向性
本機能では、見積依頼プロセスをマーケットプレイス上で完遂するため、見積依頼プロセスに係る非効率を改善し、発注側と受注側、両社に対して従来の取引関係に拠らない新たな事業機会を提供します。
機能の利用者
発注側調達担当者様、受注側(部品加工業者)営業担当者様
デジタルマーケットプレイスは発注側企業の設計担当者さま、調達担当者さま、受注側企業の営業担当者さま向けに4つの個別機能を提供する予定です。
1.重複設計の防止機能
概要
設計部門における過去の膨大な設計データ資産を類似部品解析AIを活用し、、部品形状毎にカテゴライズされた「類似設計データカタログ」を生成します。
※:類似部品解析AIは、従来は目視で判断していた部品形状の類似性を、AIを活用した3DCADデータの解析により算出し、類似する部品をデータベースより検索する技術です。
解決する課題
現行の業務では、社内における過去の設計データ資産が有効に活用されていないため、重複設計が発生するなどの設計業務に非効率が発生していました。
解決の方向性
本機能では、「類似設計データカタログ」を基にして、構想設計段階と設計途中の段階における重複設計の可能性を検知することにより、設計業務における非効率を解消します。
機能の利用者
発注側設計担当者様
2.AI部品形状クラスタリングの集中購買機能
概要
複数のパーツで構成された部品の3D設計図を構成する各部品の類似形状をAI形状クラスタリング技術を活用して識別し、、同一の部品加工業者に発注できる部品のグループを自動で生成します。
※:AI形状クラスタリング技術は、類似部品解析AIを活用して、発注しようとしている部品群に対して類似する部品のクラスタリング(グループ化)を行う技術です。
解決する課題
現行の業務では、社内で複数の調達担当者が調達を行っている場合、同一の部品や類似の部品を異なる加工業者に異なる値段で発注しているなどの非効率が発生しています。
解決の方向性
本機能では、同一の部品加工業者に発注が可能である部品をAI部品形状クラスタリング技術で判別し、従来の部品調達に係る非効率を解消します。将来的には、発注企業を横断した業界全体の共同調達の実現を目指します。
機能の利用者
発注側調達担当者様
3.仕様・補足情報の一元管理機能
概要
製造に必要な詳細な仕様・補足情報を3D図面と共にクラウドで一元的に管理します。
解決する課題
現行の業務では、部品調達においては、3D設計図面で表現しきれない製造に必要な仕様・補足情報をサプライヤーへ伝えるために2D図面を作成しており、3Dと2Dの両方の図面を作成する手間がかかっていました。
解決の方向性
本機能では、製造に必要なすべての情報をクラウドで一元管理し、発注へとつなげることにより従来の部品発注に必要であった3Dと2Dの設計図面の作成業務を削減し、設計業務の効率化を実現します。
機能の利用者
発注側設計担当者様
4.見積・受注履歴の検索機能
概要
見積依頼を受けた各部品の3D設計データを類似部品解析AIを活用して識別し、過去の見積対応や受注した類似の部品を検索します。
解決する課題
受注側企業の現行の業務では、複数の発注側企業から受けた見積依頼に対する見積もり算出業務によって日々の業務における”見積地獄”状態が常態化していました。
解決の方向性
本機能では、過去に見積依頼を受けた類似部品の見積・受注履歴を部品形状から検索し、見積算出の段階で参照することで見積回答業務の効率化を実現します。
機能の利用者
受注側(加工業者側)営業担当者様

デジタルマッチングプラットフォーム(設計/調達DX)の特長

お客様の課題を幅広く解決するデジタルマッチングプラットフォーム(設計/調達DX)は以下の特長を備えます。
安心・安全な通信環境と
データの安全な保管・利活用
お客様の大切なデータを安心安全な通信環境でお預かりし、データの保管、利活用が安心・安全に行える仕組みを提供いたします。
お客様に合わせたカスタマイズ
様々な製造業の課題に対応する機能を搭載し、多様なアプリケーションをお客様のニーズに合わせてカスタマイズし、提供いたします。
使いやすいWebアプリ
操作が直感的にわかりやすく使いやすいWebアプリで、簡単にお使いいただけます。

このページのトップへ